logo

取りづらい休暇を取りやすく ニュージーランド航空が上司の説得をお手伝いします! 「ニュージーランド専用休暇申請書」キャンペーン開始

ニュージーランド航空 日本地区 2014年09月10日 14時40分
From PR TIMES

2014年9月10日(水)~特設サイトオープン



ニュージーランド航空では、ニュージーランドがベストシーズンを迎えるにあたり、より多くの方々にニュージーランドの良さを知っていただき、実際に訪れていただくために、有給休暇の取得をお手伝いする特設サイト「ニュージーランド専用休暇申請書 リンク を2014年9月10日(水)よりオープンします。
休暇が取りづらい日本のビジネスマンに救いの手を!


ニュージーランドはこれから春を迎え、年末の夏に向けて、旅行に最適なシーズンとなります。また、ニュージーランド最大の都市オークランドが、コンデナスト・トラベラー誌の読者投票で「世界で最もフレンドリーな都市」に選ばれたことが象徴するように、明るく親しみやすいニュージーランドは、日本の皆さんにとって居心地よく快適な旅先であることは間違いありません。
そんなニュージーランドに、どうしたらもっと多くの皆さんにいらしていただけるのかを考えた結果、そもそも日本は休暇取得自体が難しいのでは、という点に思い至りました。
そこでニュージーランド航空は、休暇を取るお手伝いをすべく、特設サイト「ニュージーランド専用休暇申請書 リンク 」をオープンします。このサイトでは、上司または許可して欲しい人(以下「上司」)の性格タイプに合わせて、一番効果的な休暇申請書をあなたの代わりに自動作成します。
サイト上で、フェイスブックの友達の中から上司を選び、希望休暇期間や上司のタイプなどを入力するだけで、思わず承認したくなる申請書が自動的に完成します。たとえば、 “人の優しさに弱い”上司には情に訴える手紙風の申請書、“動物に弱い”上司にはニュージーランドの動物たちが説得する申請書など、相手のタイプに合わせて申請できるよう、一風変わった休暇申請書が多数用意されています。この出来上がった申請書をフェイスブック上で上司に送り、「承認(いいね)」をもらうという仕組みです。

キャンペーンムービーではニュージーランド航空に所属する現役の客室乗務員Kirsten Perrott (カーステン・ペロット) が、日本語で本キャンペーンを紹介しています。リンク
申請前にムービーで気分を高めるもよし、上司に見せるもよし、ニュージーランドに行きたくなること請け合いです。
ニュージーランド航空では、本キャンペーンサイトで見事上司の承認を得た方の中から抽選で5組10名様に、成田-オークランド間の往復航空券をプレゼントいたします。あなたのセンスと勇気ある行動で勝ち取った休暇を使ってニュージーランドでの素敵な時間をお過ごしください。
キャンペーン期間は10月9日までとなります。ニュージーランド航空は、この休暇申請書をきっかけに、より多くの日本の方々がニュージーランドに興味を持ち、実際にニュージーランドを訪れていただけるよう期待しています。

【サイト概要】
■サイト名 :ニュージーランド専用休暇申請書
■期間 : 2014年9月10日(水)~10月9日(木)
■URL : リンク
特設サイトにて必要項目を入力すると、上司を説得するための休暇申請書が発行されます。“人情に弱い”上司には情に訴える手紙風の申請書、“動物に弱い”上司にはニュージーランドの動物たちが説得する申請書など、上司の特徴に合わせた複数の申請書が自動的に生成され、あなたの上司にぴったりなものを選ぶことができます。フェイスブックで直接上司に提出するスタイルで、休暇の許しをもらいましょう。さらに、承認を得られた方の中から抽選で5組10名様には、ニュージーランド航空より航空券をプレゼントいたします。


【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に25都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、たとえば2014年1月AirlineRatings.comのエアライン・オブ・ザ・イヤー等、毎年数々の受賞が示すとおり、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
公式ホームページ: リンク
Facebook: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事