logo

キリンの品質本位を極限まで追い求めた、ハイグレード・ラインアップ「キリン 別格」ブランド誕生!

キリンビバレッジ株式会社 2014年09月10日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 佐藤章)は、品質の高い素材を厳選して使用し、製法にとことんこだわった「キリン 別格」ブランドを新たに立ち上げ、「キリン 別格 日本冠茶」「キリン 別格 希少珈琲」「キリン 別格 生姜炭酸」を11月4日(火)より、「キリン 別格 黄金鉄観」を11月18日(火)より全国で新発売します。
また、10月1日(水)AM9時より、キリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」(リンク)で、「DRINX限定 別格ギフトボックス」の予約受注を数量限定で開始します。

近年では、消費の二極化が進み、高価格帯と低価格帯の商品に注目が集まっています。中でも、素材や製法に特長がある高価格帯のプレミアムタイプ商品が多数発売されており、当社調べでは、約5割のお客様が「味がおいしければ多少価格が高くても気にならない」と考えていることがわかりました。
そこで今回、希少性のある、品質の高い素材を贅沢に使用し、手間をかけた製法を採用した高価値・高価格ブランド「キリン 別格」を立ち上げます。ラインアップ商品には、中味だけでなくフルシュリンクボトル缶を採用するなど、「別格」の特別感を極限まで追い求めました。当社は、率先して高価値・高価格市場の創造に取り組みながらお客様の幅広いニーズにお応えし、飲料市場をさらに活性化していきます。

<商品概要>
●中味について
「キリン 別格 日本冠茶」
 ・究極のとろみと旨みを感じる「別格」な緑茶。
 ・約1週間、光をあてずに新芽を育てる栽培法で生まれた「冠茶(かぶせちゃ)」を中心に高級茶葉を厳選。
 ・当社緑茶商品で使用している茶葉量の約2.5倍の茶葉を使用して低温で丁寧に抽出。
「キリン 別格 希少珈琲」
 ・奥深さのある「別格」な珈琲。
 ・豊かな香りと果実のような甘みとコクが特長のブラジル産の希少黄金豆「ブルボン・アマレロ」を100%使用。
 ・自然界にわずかしか存在しない、甘みがありながらカロリーがほぼゼロの「希少糖」を採用。
 ・キリンのミルク入りコーヒー史上、最もコーヒー成分量が多い商品。
「キリン 別格 生姜炭酸」
 ・豊かな香りとしっかりとした辛みの「別格」な炭酸。
 ・高知県産生姜を100%使用。
 ・香料は使わず、生姜の辛みを引き立てる山椒とトウガラシの香辛料を使用。
「キリン 別格 黄金鉄観」
 ・高貴な香りを感じる「別格」な青茶(せいちゃ)※。
 ・キンモクセイのような香りを感じる黄金桂茶とふくよかな桃のような香りを感じる鉄観音茶という2種類の高級青茶を黄金比でブレンド。
  ※茶葉のもつ酸化酵素の働きを促してつくる半発酵茶。
●パッケージについて
・こだわり素材のイラストをあしらい、背景色にゴールドを採用することで高級感を表現。
・キャップまで覆われたフルシュリンクボトル缶を採用することで、今までのパッケージ飲料とは違う「別格感」を表現。

「DRINX限定 別格ギフトボックス」概要
1.品名     「DRINX限定 別格ギフトボックス」(事前受注商品)
2.受注開始日   10月1日(水)AM9時 ※商品発送は10月21日(火)開始
3.価格      3,000円(税抜・送料別)
4.内容     「キリン 別格」10本(希少珈琲4本、日本冠茶3本、生姜炭酸3本)、オリシ゛ナルタンフ゛ラー1個
5.販売予定数   1,000セット限定


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。