logo

10月29日、30日にシンガポールで第8回世界住居・市民権会議を開催

Henley & Partners 2014年09月10日 13時50分
From 共同通信PRワイヤー

10月29日、30日にシンガポールで第8回世界住居・市民権会議を開催

AsiaNet 57817(0963)

【シンガポール2014年9月9日PRN=共同通信JBN】Henley & Partnersは10月29、30の両日、シンガポールのフラートンベイ・ホテルで第8回Global Residence and Citizenship Conference(世界住居・市民権会議)を開催する。

世界の投資家移住分野における最も重要なこの年次会議は住居・市民権プランニング分野での主要な進展を取り上げ、この分野における最も著名な専門家、世界一流のサービスプロバイダー、政府の直接情報を提供する。

会議参加者はシンガポールの最もアイコニックなホテルのエレガントな環境の中で、業界専門家、クライアント、アドバイザーと交流し、住居・市民権に関して世界をリードする出版物Global Residence and Citizenship Handbookの最新第4版を受け取る。

主要な講演者は以下の通り。
*ジョセフ・ムスカット博士 マルタ首相
 *バンス・アモリー氏 セントクリストファー・ネビス首相
 *ガストン・ブラウン氏 アンティグア・バーブーダ首相
*アフォンソ・エンリケ・デアゼレド・マルエイロ氏 ポルトガル大使
 *トマス・クップファー氏 スイス大使
 *レナート・T・デグスマン氏 シンガポール銀行最高経営責任者
 *ティム・ディロン氏 東南アジア担当のオーストラリア・ビクトリア州コミッショナー

主要議題は次の通り。
 *マルタの新個人投資家プログラム:新しいグローバルスタンダードを設定

 *ベルギー、スペイン、ポルトガル、スイス、シンガポール、マレーシア、香港、オーストラリア

 *高級不動産と市民権:アンティグア、ネビス、セントキッツ、キプロス

*税務情報、FATCA、世界市民に関する国際的情報交換

 *Henley & Partnersによる最新の業界ベンチマーク・ツールの世界発表

*中国の世界市民向けウエルス・プランニング

詳細はリンク を参照。

▽Henley & Partnersについて
Henley & Partnersは住居・市民権プランニングの世界的リーダーである。毎年、数百人の富裕な個人、家族とそのアドバイザーは、この分野におけるHenley & Partnersの専門知識と経験に依存している。

住居と市民権プランニングのコンセプトはHenley & Partnersが1990年代に創り出した。世界のグローバル化が進展する中で、Henley & Partnersと仕事をし、国際的に活動する起業家や投資家が次第に増え、彼らの間で住居と市民権が重大な関心事として話題になっている。

Henley & Partnersはまた、先進的な政府アドバイザリー業務(リンク )を行っており、世界で最も成功している住居・市民権プログラムのいくつかについて戦略的コンサルティング、設計、設立、運営に関わっている。これらは現在までのところ、外国から35億米ドルの直接投資を誘引している。

リンク

▽報道関係問い合わせ先
Amanda Philp
Head of Public Relations
amanda.philp@henleyglobal.com
+44-(0)207-823-1010

ソース:Henley & Partners

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。