logo

エヌシーアイとマインドが提携、 大学・研究機関向け勤怠管理システム「MosPカレッジタイム」をクラウド化

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村 八弘)のグループ会社であるエヌシーアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本 晃秀、以下、エヌシーアイ)と株式会社マインド(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:屋代 真吾、以下、マインド)は、エヌシーアイが提供するエンタープライズ向けプライベートクラウド「ZETA Cloud Private」上に、マインドが提供する大学向け勤怠パッケージ「MosP-Xシリーズ カレッジタイム」(以下、「カレッジタイム」)を搭載し、大学・研究機関向けにクラウド上での勤怠管理を可能としました。
従来、本パッケージを利用するためには個別にシステム構築する必要があり、導入までのリードタイムが発生し、また初期投資を伴うものでした。今回、高品質で柔軟性の高いプライベートクラウドであるZETA Cloud Privateとの連携により、短納期かつ低価格でのご利用を実現するものです。
エヌシーアイは今後も各種業務アプリケーションのSaaS化を支援していきます。

「カレッジタイム」は、大学や研究機関に特有の勤怠管理をシステム上で実施するべく関係機関の協力を得て開発されました。大学や研究機関におけるアルバイトは内部資金や各種補助金など複数の資金で働くことがあり、その勤怠管理は複雑化しています。「カレッジタイム」の導入により、法令遵守や各種資金の適正な運用をより効率的に行うことが可能となります。

■「カレッジタイム」の画面イメージ
■「カレッジタイム」の特徴
・資金元ごとの勤怠登録および承認者や単価などの設定が可能
・個人ごとの有給休暇や通勤経路などを管理可能
・出勤簿を資金元や個人(月の合算)ごとに閲覧及びPDF形式にて出力可能
・資金元ごとに勤務時間を算出し、集計したデータをCSV形式にて出力可能
・Webシステムのため、勤怠の登録状況や過去の出勤簿を簡単に参照可能

■株式会社マインド様のコメント
株式会社マインド 代表取締役の屋代 真吾様より以下のとおりコメントをいただいております。
「当社では、MosP(マインドオープンソースプロジェクト)を利用した新しい業務システムサービス、加えて中堅企業様、 法人団体様をターゲットとしたITサービスを展開しております。このたびZETA Cloud Privateとの連携で、「カレッジタイム」をZETAという高セキュアで柔軟性の高いクラウド上で提供できるようになり、数多くの大学・研究機関が短期間かつ低価格帯でご利用いただけることを心からうれしく思います。今後もエヌシーアイとの協業により、大学・研究機関にご利用いただけるサービスを提供していきます。」


なお、10月10日に「必聴! 大学・研究機関に特化した最新クラウドサービス」というセミナーを開催いたします。今回、提携を発表させていただきました株式会社マインド様をはじめ、株式会社オープンソース・ワークショップ様、株式会社ゼンク様、ファイルフォース株式会社様など、大学や研究機関の職員および情報システム部門の方々に特化したさまざまな最新クラウドサービスを紹介します。詳細は、添付のセミナー案内をご覧ください。

# # #


【エヌシーアイ株式会社 会社概要】
商号 : エヌシーアイ株式会社
設立 : 1997年1月9日
代 表 者 : 代表取締役社長 橋本 晃秀
所 在 地 : 東京都千代田区二番町3番地5
資 本 金 : 100,000千円(2014年3月末現在)
Webサイト : リンク
事業内容 : 日商エレクトロニクスグループにて、クラウド/データセンター、システムマネジメント事業を担う、サービス事業者です。システムマネジメントサービスにおいては1999年よりサービスを開始しており、現在までに5,000ノード以上のシステム運用実績を保有しております。2012年に石狩データセンターの開所とプライベートクラウド『ZETA Cloud』の立ち上げを行い、クラウド事業に本格参入し、現在までにエンタープライズのお客様を中心に各種サービスをご利用いただいております。

【本件に関するお問い合わせ先】

◆エヌシーアイ株式会社 
マーケティング本部 横澤/石飛
TEL  :03-6272-3494
E-mail:pr@nisshoci.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。