logo

Spansion、Xilinx Zync-7000 All Programmable SoCに対応する 新電源管理ICシリーズを発表

スパンション・インク 2014年09月10日 13時00分
From DreamNews

スパンションは、ファクトリー・オートメーション機器、オフィス・オートメション機器、メディカルイメージング機器、ネットワーキング機器、ノートPCおよび民生機器等に搭載されるXilinx(R) Zynq(R)-7000 All Programmable SoCに対応した新しい電源管理ICシリーズの提供を開始しました。スパンションのMP39C50x電源管理ICは、対象システム機器の消費電力を劇的に低減すると共に、システム開発・設計を容易にします。スパンションでは、MB39C504を搭載したFPGA向け電源管理ICリファレンス・ボードをAVNET社のX-festにおいてデモ展示を行います。

今回提供を開始したMB39C50xシリーズは、対象システム機器に搭載される最新のSoCやMCUが要求する高出力での電源供給を可能にします。本シリーズは、供給電圧オプション別に3種類の製品から構成されております。供給電圧0.7~2.0Vに対応するMB39C502、2.4~3.5Vに対応するMB39C503そして5.0Vに対応するMB39C504の3製品です。これらの製品は、最大25Vの入力電圧から、最大20Aの大電流を基準電圧±1%、負荷変動率±0.3%の範囲内で管理可能で、システム待機時には出力電圧レベルを維持したまま、40μA以下の低消費電流待機を実現します。

スパンションアナログ事業部 部長 長屋 清永は、次のように述べています。「この新製品の発表は、当社の電源管理ICの製品ポートフォリオを拡充させます。組み込みシステム分野のお客様は、多種多用なアプリケーション向けのプログラマブルSoCに要求される性能と電源供給の要件を満たすため、高精度かつ低消費電力を実現した電源管理ICを求めています。お客様は、インテリジェントかつ高性能なMB39C50xシリーズを活用することで、システム開発・設計が容易となり、革新的な製品を迅速に市場に投入できるようになります。」

さらに、本製品にはシステムの信頼性を向上させ、過大電流に起因するシステムの破損を防止するインテリジェント・パワー・マネジメント機能が搭載されています。従来の電源ICが一定レベル以上の過大電流が流れた時だけにシステムをシャットダウンさせていたのに対して、本製品では、一定のレベルに近い電流が流れ始めた際に、過大電流が流れるのを予測してアラート信号を出し、システムをシャットダウンさせたり、システムが停止する以前の状態を記憶し、速やかにシステムを復旧させることが可能となります。お客様は、この機能を活用することで、システムの信頼性を最大化させ、システム復旧も容易にします。

■「MB39C50xシリーズ」の特徴
大電流利用システムの待機時の低消費電力化を実現:比較的待機時間が長く、動作時に大電流が流れるシステムの待機時消費電流を40μA以下に抑制。従来製品の約105μA程度の消費に比べ、大幅な低消費電力化を実現。

大電流供給時の高精度な供給電圧管理:最新のシステムでは、特にSoC等に供給する電圧は、大電流供給時においても高精度に管理する必要があります。本製品は、0.7~2.0V(MB39C502)、
2.4~3.5V(MB39C503)、5.0V(MB39C504)の3つの電圧範囲に対応する製品をラインアップしておりますが、それぞれ最大20Aの電流まで供給可能な動作時においても、±0.3%の負荷変動率で高精度に供給電圧を管理します。

インテリジェントな電源管理機能:過大電流が流れる危険性をモニターし、過大電流が流れる前にシステム側にアラート信号で知らせ、適切なシステム保護動作を行うことができます。また、過大電流が流れる可能性を極力押させることで過剰なマージン設計を抑え、システムの信頼性向上とBOMの最適化を可能とします。

スパンションは、フラッシュメモリに加え、昨年8月に富士通セミコンダクターのMCUとアナログ部門を統合して製品ポートフォリオを拡大いたしました。同時に富士通セミコンダクター社が国内外に有したリソースの多くを継承し、日本のお客様をはじめグローバルなお客様に、フラッシュメモリ、MCUそしてアナログ製品の一貫したトータルなサポートを提供しております。


価格および出荷時期
MB39C502:量産出荷、9月9日より 価格 1.3USドル
MB39C503:量産出荷、9月9日より 価格 1.3USドル
MB39C504:量産出荷、9月9日より 価格 1.3USドル
*各製品とも3,000個オーダー時の単価


Spansion Inc
担当:若松
044-920-8447 dl.jp_pr@spansion.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事