logo

【ジョルダン】函館市で、日本ユニシス等4社共同で、電気自動車(EV)カーシェアローミングサービスを開始

ジョルダン株式会社 2014年09月08日 12時11分
From 共同通信PRワイヤー

2014/09/08

ジョルダン株式会社

函館市で、日本ユニシス、ユビテック、日産カーレンタルソリューションと共同で、電気自動車(EV)カーシェアローミングサービスを開始いたしました。

ジョルダン株式会社は、本日9月8日(月)より、日本ユニシス株式会社、株式会社ユビテック、株式会社日産カーレンタルソリューションの3社と共同で、函館市において、電気自動車(EV)/小型EVによるカーシェアローミングサービスを開始いたします。

このたび、4社が共同で開始するEVカーシェアローミングサービスは、地方都市におけるEVカーシェアを活用した新たな低炭素型交通システムの構築を目的としたもので、函館市において、9月8日~11月29日の3ヶ月間の期間限定の実証事業として実施します。
本実証事業は、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けて、全国でも指折りの観光地である函館市を実証フィールドとして実施します。

地方都市におけるEVカーシェアリングサービスは、車両の稼働率や事業規模に対する費用の課題があり、これまで普及が進んでいませんでしたが、EVカーシェアローミングサービスは、航空交通や鉄道交通の分野で行われているコードシェア(共同運航)や相互乗り入れといった、他社との連携によるサービス提供範囲の拡大や利用者獲得の手法をEVカーシェアに取り入れたもので、事業者間のサービスの違いを吸収するシステムによって、利用者の利便性だけでなく、事業者側にも「空き車両を減らせる」、「サービスエリアを拡大できる」という効果を創出し、事業性を向上させるサービスモデルを実現します。
また、函館市の実証事業では、市内に設置された大型情報端末「函館インフォメーション」を用いて路面電車等の公共交通サービスも連携した最適ルート検索サービスを提供し、観光客や長期滞在者でも容易にEVカーシェアを利用できる情報サービスによって利用の促進を図ります。


【本実証事業の概要】
■実施期間:2014年9月8日(月)~2014年11月29日(土)(うち車両貸出時間帯:10:30~16:30)
■使用車両:トヨタ車体コムス 5台、日産リーフ 2台
ただし、日産リーフの貸出については、2014年10月1日からを予定しています。


【本サービスの特徴】
■異なる複数のカーシェアリング事業者との連携サービスの提供
マルチテナント方式(複数事業者による共同利用方式)でシステムサービスを提供することで、ジョルダンのカーシェアリング会員は、ジョルダンが管理するトヨタ車体コムスに加えて、日産カーレンタルソリューションが管理する日産リーフを利用することができます。 

■公共交通機関などを含めた最適ルート検索サービスの提供
大型情報端末「函館インフォメーション」にて、利用者が出発地と目的地を選択すると、「公共交通機関のみ」、「カーシェアを含む」など一度に複数のルートが検索され、利用者はタブを切り替えながらルート(所要時間、料金)を比較することができます。

■自由に乗り降り可能なワンウェイ(マルチポート型)サービスの提供
函館駅で日産リーフを借りて函館空港で返却するなど、利用者は、直前車両取り置き方式による車両貸出と複数ステーションでの車両返却を行うことができます。


【各社の役割】
■日本ユニシス株式会社
・カーシェアリングシステムサービスの開発・提供

■ジョルダン株式会社
・カーシェアリングシステムサービスと連携した最適ルート検索サービスの開発・提供
・カーシェアリングのオペレーション(トヨタ車体コムスの車両管理・メンテナンスなど)
・カーシェアリングのカスタマーサービス(カーシェアリング会員の募集など)

■株式会社日産カーレンタルソリューション
・カーシェアリング貸出ポートの提供
・カーシェアリングのオペレーション(日産リーフの車両管理・メンテナンスなど)

■株式会社ユビテック
・カーシェアリングシステムサービス向け車載機の開発・提供

以上。

* 関連リンク:
・ユビテック リンク
・ジョルダン リンク
・日産カーレンタルソリューション リンク
・「smart oasis」 リンク
・「smart oasis carsharing」 リンク
*smart oasisは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事