logo

全国Android最新端末によるRBB TODAY SPEED TEST分析レポート

新iPhone発表直前 CA、WiMAX2+効果でau(KDDI)が全国、7地方別で1位に

調査・マーケティング会社の株式会社イード(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが最新端末にて計測したデータよりNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルのネットワーク速度を比較した結果をレポートとしてまとめ、本日より公開いたします。

本レポートは同アプリを使用して計測されたデータより、2014年に発売された最新端末の計測データのみを集計し、全国、7地方、都道府県別、5大都市でのLTEの平均スループットをキャリア別に比較分析したものです。2014年6月1日より2014年8月31日までに同アプリで収集した実測データをもとに、もうすぐ発売が噂されている新型iPhoneの発表前に3キャリアの最新のネットワーク環境を調査する目的で、7月の東京・大阪での比較調査から継続する形で実施いたしました。
レポートは参考資料よりダウンロードしてください。




■ TOPICS
●全国、都道府県のスループット比較でau(KDDI)が優位に、LTEエリアの整備拡充、キャリアアグリゲーション(以下、CA)及びWiMAX2+搭載による相乗効果が勝因か
全国、都道府県別での数値を見ると、全国だけに限らず、都道府県別に見ても45都道府県中30勝とau(KDDI)の優位性が見られました。
※都道府県47県中2県はサンプル数が少ないため、分析の対象外としています。

●地方別3キャリアのLTE平均ダウンロードスループット比較結果において、au(KDDI)のLTEが7地方中5勝、au(KDDI)の優位は変わらず
地方別において最新端末におけるLTEの平均スループットを比較した結果、ダウンロードの数値において7地方中、東北、関東、中部、中国・四国、九州の5地方でau(KDDI)が最も速いということが分かりました。

●電波が混み合う5大都市でもau(KDDI)が全勝
5大都市(東京23区、大阪市、名古屋市、福岡市、札幌市)での比較を行った結果、5大都市すべてでau(KDDI)のスループットが速い結果となりました。

●全国のLTE接続率でもau(KDDI)が97.8%、ドコモ94.3%、ソフトバンク90.7%とau(KDDI)が1位に
LTEへのつながりやすさ、LTEエリアの整備拡充の指標となるLTE接続率において、au(KDDI)がトップに。2013年8月に行った調査と比べ、各社ともにLTEへの接続率が改善は見られますが、変わらずau(KDDI)の優位が見られました。
※LTE接続率とは、計測時にLTEで計れる確率を%で示した値


■全国、都道府県のスループット比較でau(KDDI)が優位に、LTEエリアの整備拡充、キャリアアグリゲーション(以下、CA)及びWiMAX2+搭載による相乗効果
全国、都道府県別での通信速度を比較してみると、全国平均でau(KDDI)が31.5Mbpsでトップ、続いてソフトバンクが27.6Mbps、NTTドコモが24.5Mbpsとなり、比較ができる45都道府県中でau(KDDI)が30勝(66.7%)という結果となりました。

これは、au(KDDI)が先行して進めてきたLTEエリアの整備が全国的に広がっていることに加えて、CAによるスループット高速化、周波数帯域の効率運用、更にWiMAX2+による相乗効果が寄与したものと考えられます。改正された広告表記の新基準においても、au(KDDI)の公式発表ではLTEの実人口カバー率は99%と全国隅々まで行き渡っている状況です。また、他キャリアの都道府県比較を見てみると、NTTドコモは全国平均とほぼ同じ数値で全国的に均等に基地局整備を行っていることが伺えます。一方ソフトバンクモバイルは局所的に高い数値を示しますが、数値にばらつきがあり、整備が進行中と言えます。


■地方別3キャリアのLTE平均ダウンロードスループット比較結果において、au(KDDI)のLTEが7地方中5勝、au(KDDI)の優位は変わらず
地方別において最新端末におけるLTEの平均ダウンロードスループットを比較した結果、7地方中、東北、関東、中部、中国・四国、九州の5地方においてau(KDDI)が最速を記録、最も速いキャリアとなりました。

au(KDDI)は平均速度として概ね30Mbpsとなっており、全国的に安定した速さを保っていることがわかります。尚ソフトバンクは2勝していますが、勝利地域のみが30Mbps近辺で数値には地域差が見られ、NTTドコモは0勝で20-26Mbpsあたりの速度で全国的に同等の速度となっています。


■電波が混み合う5大都市でau(KDDI)が全勝、CAとWiMAX2+のダブル搭載が効果を発揮
5大都市(東京23区、大阪市、名古屋市、福岡市、札幌市)での比較を行った結果、5大都市すべてでau(KDDI)のスループットが速い結果となりました。5大都市でのこの結果は、人口が密集してトラフィックが逼迫し、速度が遅くなりやすい環境でもCAが効果的に働き、より良いネットワーク環境を作っていることの証明になっているといえます。NTTドコモとソフトバンクはともに20-30Mbpsあたりの速度で推移しており、人口が多い都市部では、au(KDDI)がより効率的なネットワーク活用を行っていると考えられます。


■全国のLTE接続率でもau(KDDI)が97.8%、ドコモ94.3%、ソフトバンク90.7%とau(KDDI)が1位に。
3GとLTEの計測回数を比較して、LTEへのつながりやすさ、LTEエリアの整備拡充の指標となるLTE接続率では、au(KDDI)が97.8%、ドコモ94.3%、ソフトバンクモバイル90.7%とau(KDDI)が最も安定感を感じさせる結果となりました。以前、2013年8月に行った時と比べて、各社ともに改善が見られますが、中でもNTTドコモが9.6%と大きく上昇しています。それでもau(KDDI)が引き続きトップで、以前と変わらずLTEにつながりやすい状態を維持していることがわかります。


【総評】
前回7月の東京・大阪の大都市における調査結果ではauが勝利していましたが、最新のネットワーク環境でも、エリアに関わらず全国的にau(KDDI)が優位な結果となりました。これらは速度を出すためのベースとなるLTEエリアを拡充するための基地局整備を推進し、なおかつCAやWiMAX2+などの新技術を積極的に導入し、周波数帯域を効率よく運用している結果と考えられます。

まもなく発表されると予想される新iPhoneはHealthなどの新機能やiCloudの強化などによって更に便利になることが期待できます。それらの恩恵を最大限受けるためには、データ通信の速さ、ネットワークの良さは非常に重要なファクターとなります。

そして新iPhoneはいよいよCAに対応するとも噂されており、LTEの周波数対応としてBand41、つまりau(KDDI)のWiMAX2+、ソフトバンクモバイルのAXGPに対応すると見られています。もし新iPhoneがこれらに対応するとなれば、ネットワーク環境の向上を図ってきたau(KDDI)にアドバンテージがありそうだと思われます。


【調査概要】
利用データ:スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザー計測データ
調査対象期間:2014年6月1日~2014年8月31日
調査対象:NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルの最新スマートフォン端末における実測値
対象端末:2014年に発売された最新端末
NTTドコモ- AQUOS ZETA SH-04F、ARROWS NX F-05F、Disney Mobile on docomo SH-05F、Xperia(TM) Z2 SO-03F、Xperia(TM) A2 SO-04F、GALAXY S5 SC-04F
KDDI-XPERIA ZL2、GALAXY S5 SCL23、AQUOS SERIE SHL25、URBANO L03 KYY23、isai FL LGL24、HTC J butterfly HTL23
ソフトバンクモバイル-AQUOS Xx 304SH、AQUOS Xx mini 303SH
対象エリア:全国、7地方、都道府県別、5大都市
サンプル数:全国32,080件
対象OS:Android
対象通信方式:LTE(WiMAX2+、AXGP含む)
分析手法:全国・都道府県・地方別の平均スループットをキャリア別に集計。また5大都市(東京23区、大阪市、名古屋市、福岡市、札幌市)において平均スループットをキャリア別に集計。

■ RBB SPEED TESTについて
イードが運営するIT総合ニュースサイト「RBB TODAY」は、PC向けに通信速度計測サービス「speed.rbbtoday.com」を提供しており、その経験とノウハウをもとに、2012年5月8日、Android版をリリース。同年7月25日、iPhone版をリリースしました。アプリのダウンロード数は全国で100万ダウンロードを記録しており、イードの提供する測定サーバとの間でデータを送受信することで、回線速度を計測しています。

■ アプリの入手方法について
アプリ名:RBB TODAY SPEED TEST
カテゴリ:ツール(Google Play)/ユーティリティ(AppStore)
動作環境:AndroidOS 2.3.3以上 iOS 4.0以上
※配布ページへは、こちらが便利です。
リンク

■speed.rbbtoday.comについて
speed.rbbtoday.comは、RBB TODAYが提供するパソコン向けブロードバンド回線の速度測定サービスです。2002年2月のサービス公開以来、ダイヤルアップからFTTHまでをカバーする高精度の測定サービスとして、ブロードバンド利用者の回線速度への意識を高めるとともに、日本のインターネットの高速化に寄与してまいりました。

サイトURL リンク

■RBB TODAY SPEED TEST 分析レポートについて
スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが計測したデータよりNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルのネットワーク速度を比較した結果のレポートは参考資料よりご覧いただけます。


■本リリースに関するお問い合せ先
調査結果に関するお問い合わせ
担当:メディア事業本部 大羽、白石
TEL:03-5990-5336

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。