logo

ボーダーズ消費者購買データ分析ソリューション「SCOOP」をリリース 年内に業界トップの5万ユーザへ

株式会社ボーダーズ 2014年09月08日 10時00分
From ValuePress!

マーケティングプラットフォーム事業を行う株式会社ボーダーズは消費者購買データ分析サービスSCOOPの提供を開始しました
ユーザ数は2014年7月のリリースから2ヶ月間で1.7万ユーザとなり年内には業界トップの5万ユーザとなる見込です
既に一部大手メーカーに提供を開始しており順次拡大して参ります

 市場調査会社向けオンライン・マーケティング・リサーチのクラウドソリューションを始めとしたマーケティングプラットフォームの提供を行う株式会社ボーダーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:萩野 郁夫、以下、ボーダーズ)は、消費者購買データ分析ソリューション「SCOOP」の提供を開始しました。

 これまで多くの日用品等の消費財メーカーでは、多段階流通などによって消費者の購買情報を収集し、マーケティングに活用することが困難でした。そこで、生活日用品・食品・飲料メーカーでは調査会社の提供する購買データを購入し、消費者が購買した地点のデータからマーケティング施策を検討・展開しています。 既存サービスにおける購買データの収集方法は商品のバーコードを専用のバーコードリーダーで読み取る方式が主流で、読み取り作業の負担の大きさ、購入日時や購入店舗、店頭単価の正確性に課題のあるものでした。
ボーダーズは、スマートフォンアプリの“ポイントが貯まるお得な家計簿アプリ「レシトク」”を利用し、簡単にレシート、JANコード登録を行う仕組みを用いることで、従来サービスに比べ、消費者パネルの読み取り作業の負荷を軽減し、より正確な購買データを安価に提供することを実現しました。
 継続的に購買情報を登録するユーザ数は、2014年7月のリリースから2ヶ月間で19,000ユーザとなり(2014年8月末現在)、年内には業界トップ(*1)の50,000ユーザとなる見込です。
既に一部の大手メーカーに対して提供を開始しており、順次拡大して参ります。

 「SCOOP」を利用することで企業のマーケッターは、簡単に自社商品の競合ベンチマーク、時間帯別購買分析、併売分析、生鮮やホットスナック・カウンターコーヒー等の非JANコード商品分析などを行えるようになります。 また、DMPと連携することで広告効果測定も可能となり、よりデータドリブン(データに基づく)な商品開発、販売戦略策定を実現することができます。

 ボーダーズ代表取締役の萩野 郁夫は、次のように述べています。
「ボーダーズは、ITによって主に消費財メーカーにおけるマーケティングのデータドリブン化(データに基づくマーケティング)実現を目指しています。今回、SCOOPの提供により、購買データ分析の導入ハードルを下げ、より多くのシーンで購買データ分析が可能となることで、マーケティングのデータドリブン化を強力に推進できると考えています。」
*1:ボーダーズ社調査。主要購買データサービスのユーザ数比較を元に算定
SCOOPについての詳細は下記Webサイトを参照ください。
リンク

<SCOOP全体イメージ>

■ 株式会社ボーダーズについて
・ 代表取締役:萩野 郁夫
・ 設立:2006年9月1日
・ 資本金:188,759,916円
・ 所在地:東京都新宿区新宿1-28-11 KOSUGIビル7階
ボーダーズは市場調査会社向けオンライン・マーケティング・リサーチのクラウドサービス「POST」、セルフ型ネットリサーチ 「アンとケイト」、大規模高品質パネル「ボーダーズパネル」等のマーケティングプラットフォーム事業を展開しています。
POSTは、国内市場調査業界においてシェアNo.1の導入実績(*)を持ち、ボーダーズパネルは、国内100万人超、アジア14ヶ国を中心に、世界69ヶ国、延べ3,000万人の大規模パネルです。
2013年10月には有限責任監査法人トーマツが発表する、成長性の高い企業に贈られるテクノロジー企業ランキングプログラム 第11回「日本テクノロジー Fast50」を受賞しております。
ボーダーズについて詳しくは、ボーダーズウェブサイトリンクをご覧ください。
*当社調査。市場調査会社最大の業界団体「日本マーケティング・リサーチ協会」の加盟企業を対象とした導入実績

■ ポイントも貯まる家計簿アプリ「レシトク」について
・ 価格 :無料
・ App Store : リンク
・ Google Play : リンク
・ アプリ紹介ページ : リンク
・ 主な機能
・ ポイント獲得:バーコード登録につきECナビポイントを獲得することができます。貯めたECナビポイントは、現金や電子マネー、各種ポイントなど自分の好きな特典に交換することができます。
・ 家計簿機能:レシートを撮影するだけで、品目を自動読取し、簡単に家計簿をつけることができ(読み取り後の修正は可能)、毎月の支出をカテゴリに分けてグラフで管理することも可能です。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ボーダーズ
担当者名:小笠原英昭
TEL:03-6380-0537
Email :info@borders.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。