logo

ホットリンクコンサルティング、「コミュニティクラスタ分析」サービスを開始

株式会社ホットリンク 2014年09月05日 16時15分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月5日(金)

株式会社ホットリンク
株式会社ホットリンクコンサルティング

ホットリンクコンサルティング、ソーシャルメディア上でつながりの深い
生活者同士を自動分類する、「コミュニティクラスタ分析」サービスを開始

【概 要】
株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区、証券コード:3680)のグループ会社である株式会社ホットリンクコンサルティング(代表取締役社長:成瀬功一郎、本社:東京都千代田区)は、生活者のソーシャルメディアへの書き込みデータを元に、つながりの深い生活者同士をコミュニティとして自動分類し、コミュニティごとの態度や興味関心事、嗜好性を導き出すことを可能にする「コミュニティクラスタ分析」サービスを、9/5(金)より開始いたしました。

これにより、事業会社や広告代理店が、ソーシャルメディア上での広告の反響を特定のターゲットに絞り込んで把握することや、その結果から広告効果を最適化する施策を立案することが可能となります。また、ネット上での炎上など風評リスクの発生時においては、様々なノイズの中から株価に直接的な影響を与える可能性のあるコミュニティに絞り込んでその反応を把握し、適切な対応を行うことが可能となります。

【背 景】
ソーシャルメディアの普及に伴う生活者間での情報発信・共有の増加により、生活者の購買行動に対するクチコミの影響度はますます高まりつつあります。

そのため、広告の効果測定は、従来からのアンケート調査やWebサイトへの誘導数及びコンバージョン数の集計に加え、ソーシャルメディア上での反響も取り入れられるようになりました。
しかし、ソーシャルデータを利用したこれまでの広告の効果測定は、広告に関する言及量の総数やセンチメント(ポジネガ)の割合、及び、その時間的変化の観察が中心であり、特定の顧客セグメントごとに効果を分析したくとも、性別や年代、居住地域などの限られたデモグラフィック属性でしか分析できませんでした。

ホットリンクコンサルティングは、ソーシャルメディア上でつながりの深い生活者同士をコミュニティとして自動分類し、コミュニティごとの反応や態度、興味関心事、嗜好性を導き出すことを可能にする「コミュニティクラスタ分析」を、東京大学工学系研究科 坂田・森研究室と共同開発しました。これにより、ソーシャルメディア上での広告の反響を特定のターゲットに絞り込んで把握したり、また、ネット上での炎上など風評リスクの発生時においては、様々なノイズの中から株価に直接的な影響を与える可能性のあるコミュニティに絞り込んでその反応を把握し、適切な対応を行うことが可能となります。

【サービス内容】
■提供方法
コンサルティングによる提供
ソーシャルメディア上でつながりの深い生活者同士をコミュニティとして自動分類し、
コミュニティごとの態度や興味関心事、嗜好性を導き出します

■対象顧客
事業会社、広告代理店

■サービス開始日
2014年9月5日(金)

■料金
150万円から

■株式会社ホットリンクコンサルティングについて(リンク
ホットリンクコンサルティングは、企業のマーケティング戦略立案・実現を目的としたビックデータ活用を、独自の視点で推進・強化・支援いたします。
企業にとって最適なデータ活用を実現するため、ソーシャル・ビッグデータをはじめとしたシングルソースのデータ分析から多様なデータを組み合わせたアドバンストアナリティクスの適用、そして予兆発見や需要予測への応用まで、ビジネス、アナリティクス、テクノロジーを融合させたコンサルティングを提供しています。

■株式会社ホットリンクについて(リンク
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び風評をモニタリングする「e-mining」を、現在まで累計1600 社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、API を通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年 6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg 利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。

 設立日:2000年06月26日
 資本金:557百万円(2014年3月31日現在)
 代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事