logo

ソリッドワークス・ジャパン株式会社、SOLIDWORKS Mechanical Conceptual の国内販売を開始

ダッソー・システムズ株式会社 2014年09月05日 12時11分
From PR TIMES

3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする初の SOLIDWORKS アプリケーション、クラウド上での製品イノベーションを加速

ソリッドワークス・ジャパン株式会社 (本社:東京都品川区)は、「SOLIDWORKS Mechanical Conceptual」の日本国内での販売を、9月5日から開始します。クラウド機能の活用により、概念設計というものづくりの初期段階で、部門間・社内外のコラボレーションを推進するための製品です。製品の詳細については、ダッソー・システムズの4月3日付発表(下記) をご参照ください。



仏ヴェリジー=ヴィラクブレー - 2014年4月3日- 3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする初の SOLIDWORKS アプリケーションである SOLIDWORKS Mechanical Conceptual の提供開始を発表しました。すでに多数の海外顧客サイトの本番運用環境で導入されている本アプリケーションは、業界を主導するダッソー・システムズのクラウドベース機能を活用したコラボレーションの実現によって多大なメリットを提供します。本アプリケーションは SOLIDWORKS の幅広い代理店ネットワークより購入が可能です。

今年1月の年次イベント「SOLIDWORKS World」で披露された、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする SOLIDWORKS Mechanical Conceptual は、エクスペリエンスを念頭においた設計が求められているという現状に対応した製品です。SOLIDWORKS Mechanical Conceptual は、より優れたソーシャル機能と概念設計機能を備え、主要関係者間で、よりコラボレーションしやすい環境を実現します。

GoEngineer 社の CEO である Brad Hansen 氏は次のように述べています。「我々がパートナーシップを組む企業の大多数でクラウド技術が採用されるようになった今、お客様の技術部門、設計部門、製造部門からは、クラウドの組織的な活用支援を求める声が急増しています。我々はこうしたお客様に SOLIDWORKS Mechanical Conceptual を提供できることを嬉しく思います。本ソリューションは、クラウドの数々のメリットを効果的に組み合わせると共に、素晴らしいソーシャル テクノロジーを統合し、CAD作業を完了する前に、初期レイアウトを入手したいと考える設計部門のニーズに対応します。」

SOLIDWORKS Mechanical Conceptual は、定期的に更新されてきた SOLIDWORKS の既存バージョンを補完するものです。顧客は、設計チーム全体、顧客、サプライチェーンの集合知を活かすことで、アイデアの具現化や既存設計案の活用、コラボレーション、フィードバックの迅速な収集ができます。なお、顧客は以下の製品ラインナップから自社特有の概念設計プロセスを促進するうえで最適なものを購入できます:

・ SOLIDWORKS Mechanical Conceptual - ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上で提供される、オンラインデータストレージやソーシャルコラボレーション機能を有する直感的でパワフルな3Dモデリング環境
・ Collaborative Sharing - CAD モデルを作成する必要はないものの、クラウド上のデータ管理や制限のないコラボレーション機能を必要とする非CAD ユーザー(経営層、設計部門リーダー、プロジェクトマネージャー、社外取引先)のための追加アクセス環境
・ Product Design Simulation from SIMULIA - 製品性能の向上とコスト削減のための、あらゆる製品設計フェーズ(重要な概念設計段階を含む)で使いやすいシミュレーションベースのガイダンス機能

Karl W. Schmidt & Associates 社のエンジニアリング マネージャーである Mike Buchli 氏は次のように述べています。「SOLIDWORKS Mechanical Conceptualは、我々がお客様と共通のプラットフォームを通じてリアルタイムなコラボレーションを展開し、グローバル市場における競争力を獲得することを可能にしてくれます。コミュニティ・ページでは、お客様や他のチームメンバーからのフィードバックを瞬時に受け取り、様々なアイデアを並行して検討できます。こうしたワークフローを通じてビジネスのあり方を変革することで、より迅速に設計を完了し、リードタイムを短縮しています。」

ダッソー・システムズ・ソリッドワークス社、最高経営責任者(CEO)であるベルトラン・シコは次のように述べています。「我々はダッソー・システムズの 3Dエクスペリエンス・プラットフォームの機能およびクラウド技術を活用すると共に、使い勝手の良さに対する我々の継続的なコミットメントに基づき主要な設計アプリケーションを提供するなかで、SOLIDWORKS として重要な節目を迎えています。本製品はすでに一部のお客様にご利用いただいておりますが、それらのお客様は多大なメリットを享受されています。我々は、大きな発展を遂げている代理店ネットワークを通じ、今後より多くのお客様にこれらの製品を提供していきたいと考えています。

SOLIDWORKS Mechanical Conceptual は現在、一部の代理店を通じて提供されています。詳細についてはこちらをご覧ください:
リンク

(以上)

ソリッドワークス・ジャパン株式会社について
(米) Dassault Systemes SolidWorks社の3DCADソフトウェア 『SOLIDWORKS』製品群等の日本市場における販売・マーケティング、サポートおよびパートナー開拓・技術支援を実施しています。国内主要な製造業を網羅しており、特に設備・装置・機械全般で35%、精密・医療・電子機器・エレクトロニクス全般で35%、それ以外に金型・加工、自動車関連、プロダクトデザイン等に採用されています。単なるモデリングツールではなく、設計を支援するツールとして、設計検証、データ管理、3Dデータ活用のためのマルチプロダクト戦略で市場を拡大しつづけています。設立1998 年 12 月 17 日。ソリッドワークスは現在まで、非常に堅実な成長を続けており、国内では教育版を含み累計163,300ライセンス/16,400社以上に出荷済(2014年3月)。国内教育機関では740校/101,000ライセンス以上ご利用いただいております。詳細はwww.solidworks.co.jp(日本語)をご覧ください。

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約19万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。
3DEXPERIENCE、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、3DSWYM、BIOVIA、およびNETVIBESはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。