logo

スマートフォンをセットして体験性を拡張できる、魔法のような絵本「PLAYFUL BOOKS」

株式会社 STARRYWORKS 2014年09月05日 10時00分
From ValuePress!

専用の絵本にスマートフォンをセットする事で、今読んでいるページに合わせたBGMや効果音、照明などの演出や、絵本をノックすると返答が返ってくる等のインタラクティブ性を付与し、アナログな絵本の体験性を拡張する事ができます。

デジタルコンテンツ制作を手がける株式会社STARRYWORKS(スターリーワークス、本社:大阪市西区、代表取締役:木村幸司)は、スマートフォンをセットする事で、ページに合わせた様々な演出を付与出来る絵本「PLAYFUL BOOKS(プレイフルブックス)」を発表し、販売予約の受付を開始しました。

PLAYFUL BOOKS公式サイト:リンク
紹介動画(1分25秒):リンク


【背景】
スマートフォンやゲーム端末の普及によって、デジタル環境が子どもにも非常に身近な存在になってきている一方で、「ゲームやインターネットへの過度な依存をひきおこすのではないか」「視力低下や寝不足になるのではないか」と感じている大人も多くなってきており、実際に子どもを持つ親の70%以上が子どものデジタル端末機器の利用に対して不安を感じています(※)。デジタルネイティブ世代の子どもたちに、より楽しんでもらえる絵本をつくれないか、そんな想いからこの製品を開発しました。

※デジタルアーツ株式会社「未成年者のネット接続端末利用実態と未就学児の保護者の利用実態について」より
リンク (参照 2014年8月27日)
Copyright (c) 2014 デジタルアーツ株式会社


【機能】
PLAYFUL BOOKSは絵本をそのままデジタルに置き換えてしまうのではなく、アナログな絵本の良さを残しながら、デジタル技術を使って絵本の世界観や体験性を拡張する事ができる仕組みです。PLAYFUL BOOKSアプリを起動したスマートフォンを専用の絵本にセットをする事で、現在開いているページを検出し、スマートフォンを起点とした様々な演出効果を付与する事が可能です。

主な機能は以下の通りです。
・サウンド:シーンに合わせた音楽や効果音を演出できます。
・バイブレーション:シーンに合わせてスマートフォンのバイブレーション機能で絵本自体に振動を伝えます。
・ノック:絵本に対するノックを検知し、対応した演出を起こします。
・TV:Apple TVのAirPlay機能を利用して、シーンに対応したサウンドや映像をTVに出力します。
・照明:Phillips社の「hue」と連動する事でシーンに合わせて部屋の照明の色を変更します。


【今後の展望】
2014年10月下旬に「くれよんのかくれんぼ」「こん こん こん」の2タイトルの絵本(日本語/英語)を販売し、同時に専用スマートフォンアプリを無料配信する予定です。今後はタイトルの拡充に加え、連携機能の強化や、絵本作りワークショップ、絵本作家が簡単にオリジナル絵本を作成できるSDKのリリースなどを積極的に行います。


【製品概要】
製品名:PLAYFUL BOOKS
公式サイトURL:リンク
紹介動画(1分25秒):リンク
予約:2014年9月5日開始
販売:2014年10月下旬予定
対応機種:iPhone 5/5s
開発・配布:株式会社STARRYWORKS


【会社概要】
名称:株式会社STARRYWORKS
本社住所:大阪府大阪市西区靱本町2-2-17 RE-006ビル201
設立:2006年7月7日
資本金:500万円
従業員数:16名
代表者:代表取締役 木村幸司
ウェブサイト:リンク
事業内容:サービス・コンテンツ・プロダクトの企画・制作・開発


※iPhone, Apple TVは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※hueはPhillips社の商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社 STARRYWORKS
担当者:道久(どうきゅう)
TEL:06-6445-5471
FAX:06-6445-5472
E-mail:info@starryworks.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事