logo

◎IBM子会社AsperaがVikiのプレミアムビデオ・コンテンツ配信の加速を支援

IBM 2014年09月04日 09時55分
From 共同通信PRワイヤー

◎IBM子会社AsperaがVikiのプレミアムビデオ・コンテンツ配信の加速を支援

AsiaNet 57750
共同JBN 0935 (2014.9.4)

【アーモンク(米ニューヨーク州)2014年9月3日PRN=共同JBN】
*Aspera On Demandは、Vikiがクラウドを通じてサブタイトル付きビデオを配信する方法を変革することを支援する

IBM( NYSE:IBM、リンク )は3日、グローバルなビデオストリーミング・ウェブサイトのViki( リンク )が100カ国以上のVikiコンテンツプロバイダーからのすべてのビデオ・アップロードのための高速ファイル転送ソリューション独占プロバイダーとしてIBM子会社のAspera( リンク )を選択したと発表した。Asperaは最も普及した形式のビッグデータ( リンク )であるビデオ転送を高速化することによって、Vikiがプレミアムビデオ・コンテンツを即座に受信しサブタイトルを付けたうえで、世界中の多様なユーザー層に向けて配信することを可能にする。

Logo - リンク

Vikiはトップクラスの放送局やその他のコンテンツプロバイダーと提携し、ヒット作のテレビ番組、映画、その他のプレミアムコンテンツを受け取り、それにボランティア・コミュニティーがサブタイトルを付加したうえで200以上の言語で3300万人の閲覧者にストリーム配信している。スローなファイル転送時間に制約を受けているVikiは、同社の急成長を加速し新鮮なサブタイトル付きプログラムをファンに提供するために、世界中の放送局からのコンテンツ受信をスピードアップする方法を必要としている。

VikiはAspera On Demandを使い、クラウド( リンク )を通じてコンテンツを素早く受信、配信することによって世界規模のビデオ提供範囲を拡大した。日本で創作されたアニメコンテンツからハリウッドや韓国の犯罪ドラマまで、Asperaは距離やファイルサイズにかかわらず可能な限り最速のファイル転送スピードをVikiに提供し、Vikiが同社の世界規模のユーザー層拡大を継続することに役立っている。VikiがAspera On Demandを使って迅速にコンテンツを取り込むことができることで、世界中の消費者は自国言語では見ることが不可能だった番組を見ることができ、プレミアムコンテンツの全く新しい品ぞろえを楽しむことが可能となる。

Vikiのプロダクトマネジャーでインターネットツールとパートナー関係担当のディーピカ・ムルティ氏は「時間は当社にとって極めて重要である。なぜなら熱心なファンは、翻訳され最適な言語で見ることができる好みの番組が当社のウェブサイトに登場するのを首を長くして待っているからである。すべてのメディアはAspera On Demandを通じて転送されるので、当社はこれまでにない最速のスピードでプレミアムコンテンツを受信して掲載でき、貴重な時間が節約できる」と語った。

Vikiはクラウド対応のAspera On Demandソリューションを活用して、大抵は放映直前に世界中のコンテンツプロバイダーからビデオを受け取り、そのコンテンツをさまざまなテレビおよびデバイス向けのフォーマットとサイズにプロセスし、トランスコードを施している。Asperaが特許を保有するFASP技術( リンク )を搭載したAsperaによって、Vikiは、通常ファイル当たり40から50GBの大容量ビデオファイルを素早く確実に、かつ安全にクラウドから直接取り込むことができる。最大50%もファイルアップロード時間を短縮することによって、Vikiは元のネットワーク放送終了の1時間以内に新しいコンテンツを配信するための所要時間を短縮することが可能である。

Asperaのクラウドサービス担当ディレクターであるジェイ・ミグリアッチオ氏は「Vikiのような革新的なコンテンツサービスは新規市場を開拓し、障害を突破して世界規模で展開するためにAsperaに関心を示している。Aspera On DemandはVikiの成長軌道を加速することができ、Vikiがプレミアムコンテンツによって世界各地の新規オーディエンスを取り込んでいくことに伴い、われわれもVikiとともに拡大を継続していくつもりである」と語った。

Aspera On Demandは直感的なウェブインターフェースとブラウザーのプラグインを備えており、Vikiの放送局パートナーはわずかな所用トレーニングと技術経験があれば、コンテンツを容易にアップロードすることができる。また、ユーザーやVikiアドミニストレーターも、素早くかつ容易に必要とするファイルを見つけ、高速転送を開始することができる。

▽Asperaについて
IBM子会社のAsperaは、ファイルサイズ、転送距離、ネットワークコンディションにかかわらず最速スピードで世界中のデータを移動させることができる次世代転送技術の開発企業である。エミー賞(Emmy award、登録商標)受賞歴がある同社の特許取得済みFASP(商標)プロトコルに基づき、Asperaソフトウエアは既存のインフラストラクチャーを全面的に活用して、最速で最も予測可能なファイル転送体験を提供する。Asperaのコアテクノロジーは帯域幅、完全なセキュリティー、妥協のない信頼性に関し類を見ない管理を提供する。世界のさまざまな業界の組織は、ビジネスに不可欠なデジタルアセットの転送ではAsperaソフトウエアに依存している。詳細はウェブサイトリンク を参照するか、Twitter @asperasoft(リンク )でフォローを。

▽Vikiについて
Vikiはテレビ番組、映画、その他のプレミアムコンテンツを提供する世界規模のテレビ・サイトであり、そのコンテンツは熱烈なファンのコミュニティーによって200以上の言語に翻訳されている。月間3300万の閲覧者を擁し6億以上の単語を翻訳するVikiは、新規オーディエンスに世界的なプライムタイム・エンターテインメントを提供するとともに、コンテンツオーナーのために新規市場と収益機会を掘り起こす。Vikiは世界経済フォーラムのTechnology Pioneer 2014に選ばれ、2013年9月に大手インターネットサービス企業の楽天が買収した。同社はサンフランシスコ、シンガポール、ソウル、東京にオフィスを構えている。

▽問い合わせ先
Sean Audet
IBM Media Relations
spaudet@us.ibm.com
+1-781-665-5213

ソース:IBM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。