logo

◎RVX-208が糖尿病患者でMACEの77%相対リスク減少もたらす

Resverlogix Corp. 2014年09月03日 15時58分
From 共同通信PRワイヤー

◎RVX-208が糖尿病患者でMACEの77%相対リスク減少もたらす

AsiaNet 57731
共同JBN 0933 (2014.9.3)

【バルセロナ(スペイン)、カルガリー(カナダ・アルバータ州)2014年9月2日PRN=共同JBN】
*2014年欧州心臓病学会会議の「最先端・特集研究セッション」で報告

Resverlogix Corp.(TSX:RVX)は2日、同社のヤン・ヨハンソン医療問題担当上級副社長がスペイン・バルセロナでの2014年欧州心臓病学会(ESC)会議で口頭による報告を行ったと発表した。「MACE(主要有害心血管事象)、ApoA-I、HDLコレステロールに対するRVX-208の効果:プールされたSUSTAIN、ASSURE臨床研究の事後分析」と題するこの報告でヨハンソン博士は、アテローム性動脈硬化が原因の心臓血管疾患(CVD)患者にRVX-208を与えるとMACEの55%(p=0.02)の相対リスク減少(PRR)が起きたと報告した。さらに重要なのは、糖尿病のある患者でRVX-208のこの有益な効果が大きく、MACEのPRRは77%(P=0.01)だったことである。MACEで観測されたこれらの減少はSUSTAIN、ASSURE両研究で測定されたCVDリスクの特定のバイオマーカーを大きく改善するRVX-208の能力から生じるもののようである。これらのバイオマーカーにはApoA-Iタンパク質のレベル上昇(P<0.01)、HDL-Cの増加(p<0.001)、大型HLD粒子の増加(p<0.05)、HDL粒子のサイズ増大(p<0.05)が含まれている。これらバイオマーカーの大きな改善は偽薬対比で治療された患者で起こり、コレステロール逆転送系に対するRVX-208の有益な効果を示している。

RVX-208はエピジェネティクス経路を通じて作用するもので、CVDの治療で研究されている初めての選択的BET阻害剤である。ESCでの報告に含まれている新たな情報はASSURE、SUSTAIN両臨床試験のプールされたデータの分析から生まれた。

Resverlogixの最高科学責任者で内分泌学の開業医でもあるノーマン・C・W・ウォン博士は「この所見はBET阻害に基づく新興の治療分野における有利な立場にResverlogixを押し上げるので、わが社にとって価値がある。データはCVD患者、特に糖尿病のある患者でMACEを低下させるRVX-208の可能性を強化するものである。こうした情報の重要部分は製品登録に向けたRVX-208の開発を続ける次の臨床試験の設計に使われるだろう」と語っている。

Resverlogixのドナルド・マキャフリー社長兼最高経営責任者(CEO)はこれに付け加えて「このデータがUSC会議で注目されたのは大変うれしい。これは追加的な病気でその活性を研究することによってRVX-208の開発を多角化するわが社の計画を裏書きするものだ。心臓血管疾患、糖尿病、アルツハイマー病での臨床経路のほかでも前進し、慢性腎臓疾患(CKD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に関連するほかの病気でも探求する」と述べている。

▽RVX-208について
RVX-208は選択的にBETブロモドメインを阻害するクラス初の小分子である。RVX-208は、アテローム性動脈硬化症のプラークを動脈外に運び出し、肝臓を通じて体外に排出する自然のプロセスであるコレステロール逆転送(RCT)によってアテローム性動脈硬化症のプラークを除去するなどいくつかのメカニズムを通じて機能する。RVX-208は機能性の高密度リポタンパク質(HDL)粒子の重要な構成ブロックであり、RCTに必要なタイプであるアポリポタンパク質A-I(ApoA-I)の生成を増加させる。新たに生成されるこれらの機能性HDL粒子は平らでからであり、効率的にプラークを除去してアテローム性疾患を安定または逆転させる。最近の臨床試験データの分析結果は、RVX-208が医療上の必要が満たされていない患者グループであるHDLのレベルが低く、hsCRPが高いCVD患者で冠動脈アテローム性硬化、主要悪性心臓事象を大きく減らすことを示した。ApoA-Iの強化とグルコースの減少はアルツハイマー病と糖尿病にそれぞれ有益な効果があると報告されている。またRVX-208にはアテローム性動脈硬化とプラークの安定性に関係があることが知られている要素であるインターロイキン-6阻害、血管細胞接着分子-1、単球走化性タンパク質に対する効果を含め、抗炎症効果もある。

▽Resverlogixについて
Resverlogix Corp.(TSX:RVX)は臨床段階の心臓血管病薬会社で、治療のためのApoA-Iの増加に関わる化合物を開発している。RVX-208はアテローム性動脈硬化症や糖尿病、アルツハイマー病などその他の慢性病治療用のクラス初の小分子薬である。RVX-208は臨床試験段階にある初のBETブロモドメイン阻害剤である。Resverlogixの普通株はトロント証券取引所で取引されている(TSX:RVX)。詳しい情報はリンク へ。ブログはリンク

▽企業問い合わせ先
Donald J. McCaffrey  
President and CEO  
Resverlogix Corp.  
Phone: 403-254-9252
Email: don@resverlogix.com

Kenneth Lebioda
SVP Business & Corporate Development
Resverlogix Corp.
Phone: 403-254-9252
Email: ken@resverlogix.com

メディア
Matt Middleman, M.D.
Russo Partners, LLC
Phone: 212-845-4272
Email: matt.middleman@russopartnersllc.com

ソース:Resverlogix Corp.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。