logo

ユーブロックス社,「モノのインターネット」用低コストWi-Fi/Bluetoothモジュールを発表.~ODIN-W160はデュアルバンドWi-FiとデュアルモードBluetoothをサポート~

ユーブロックスジャパン株式会社 2014年09月03日 15時00分
From DreamNews

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周) は本日、要求の厳しい産業、 自動車、医療、およびセキュリティの各アプリケーション向けに、高耐久型複数電波対応モジュールODIN-W160を発表しました。

「小型モジュールODIN-W160は、厳しい環境下で24時間の完璧な稼働が求められる小型センサー・アプリケーションに最適です」と、ユーブロックス社の短距離無線部門副社長Herbert Blaserは述べています。「モノのインターネット(IoT)アプリケーションに、耐久性が高く、認証済みである弊社の通信ソリューションを組み込むことにより、製品の開発サイクルを大幅に短縮できます」

ODIN-W160は、デュアルバンドWi-Fi 2.4/5GHz(U-NIIバンド1、2、2e、3)、およびデュアルモードBluetooth v4.0を  サポートします。後者には、Bluetooth low energyとクラシックBluetooth(Bluetooth “Smart Ready”)が含まれます。

ODIN-W160はホストをベースにしたモジュールで、商品の長寿命化を目的に設計されており、インフラ、ビルディング、自動車産業向けアプリケーションの開発に最適です。さらに、超低消費電力設計のため、バッテリーの動作寿命が引き延ばされます。

この15 x 22 x 3 mmモジュールをオープンソースのLinuxホスト・ドライバーと一緒に使用することで、エンドデバイスに短距離無線通信機能を実装する開発時間が短縮されます。また、ODIN-W160はオンボードEEPROMにあらかじめキャリブレートされた無線パラメータとMACアドレスが格納されているので、顧客のエンドデバイス製造時にトリミングやチューニングは必要ありません。

エンドデバイスの目視検査を効率化するために、ODIN-W160は、キャスタレーション付きパッケージを使用しています。また、幅広い認定アンテナの選択を可能にするu.flアンテナ・コネクターを装備しています。

本製品は、欧州、USA、カナダからモジュラー無線タイプ承認(それぞれ、R&TTE、FCC、IC)を受けており、EMC認定とBluetooth品質認定も受けています。

ODIN-W160の詳細をご希望の方は、9月9~11日にラスベガスで開催されるCTIA 2014 / Super Mobility Weekの ユーブロックス社のブース(Stand 5229, 7611-A)をお訪ねください。ユーブロックス社は、9月9日12.00~12.15時にSands Expo会場内、MobileCON Show Floor, stage 3において、モノのインターネットのソリューションに関する講演も 予定しています。

サンプルと評価キットについては、最寄りのユーブロックス社販売代理店にお問い合わせください。

製品の詳細は、ODIN-W160のWebページをご覧ください。高解像度画像データは、こちらから入手できます。


ユーブロックスについて
ユーブロックス(SIX:UBXN)はスイスを本拠にし、民生、産業および自動車市場向けに測位用半導体とワイヤレス通信用半導体を提供するリーダーです。同社のソリューションにより、 人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様が革新的なソリューションを迅速かつ廉価に開発するお手伝いをしています。ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。
詳細についてはリンクをご覧ください。

<プレス・リリースと製品のお問い合わせ先>
ユーロブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリー・マネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事