logo

新プラットフォーム「Thunder SPE」によりハードウェアベースの高速なDDoS防御機能を実装したIPv4枯渇対策・IPv6移行ソリューションの新機種を発表

高速なセキュリティおよびポリシー施行を実現するSPE (Security and Policy Engine)モジュールにより、Thunder CGN製品のラインアップを強化

A10ネットワークス株式会社は、IPv4枯渇対策およびIPv6移行機能を提供する「Thunder CGN (Carrier Grade Networking)製品ライン」に新機種「Thunder 5435(S) CGN」「Thunder 6435(S) CGN」を追加し、2014年9月下旬から提供開始することを発表します。

アプリケーションネットワーキングのテクノロジーリーダーであるA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO、アジアパシフィックジャパン ヴァイスプレジデント:小枝 逸人(はやと)、以下A10)は、IPv4枯渇対策およびIPv6移行機能を提供する「Thunder CGN (Carrier Grade Networking)製品ライン」に新機種「Thunder 5435(S) CGN」「Thunder 6435(S) CGN」を追加し、2014年9月下旬から提供開始することを発表します。同製品は、新プラットフォーム「Thunder SPE」を採用しており、高速なハードウェアベースのDDoS(分散型サービス拒否) リンク 攻撃防御機能を提供します。


 「Thunder 5435(S) CGN」「Thunder 6435(S) CGN」は、独自のハードウェア「SPE (セキュリティ アンド ポリシー エンジン)モジュール」が搭載された新プラットフォーム「Thunder SPE」で提供されます。Thunder SPEプラットフォームはDDoS防御専用ハードウェア「Thunder TPS製品ライン」の上位モデルでも採用されており、セキュリティ機能の高速化とさまざまなポリシーベースのネットワーキング機能をハードウェアで実現します。Thunder CGN製品ラインのDDoS防御機能は、最新OS「ACOS(Advanced Core Operating System) 2.8.2」 リンク で追加された新機能であり、「Thunder 5435(S) CGN」「Thunder 6435(S) CGN」は、強固なセキュリティ機能とSPEモジュールのハードウェア処理能力によって、たとえボリューム型DDoS攻撃を受けている最中でもパフォーマンスに影響を受けずに最大155Gbpsの高性能なIPv4枯渇対策・IPv6移行機能を提供し続けることができます。


 ネットワークやサーバーインフラストラクチャーを妨害するDDoS攻撃の頻度と量は最近劇的に増加しており、ネットワークにかかるコスト上昇やサービス停止の要因となっています。また、膨大な回線容量を消費するというこれらの攻撃の特性上、データセンターのインフラ妨害を的確に防ぐためにハードウェアで高速に攻撃を検出・防御する機能を実行可能なアプライアンスが必要とされています。SPEモジュールを搭載した新機種の追加により、Thunder CGN製品ラインは、IPv4枯渇・IPv6移行の課題の解決に加え、ハイパフォーマンスなハードウェアベースのセキュリティおよびポリシー施行機能を使った高速なボリューム型攻撃からのネットワーク保護が可能になりました。


 A10は、アプリケーションデリバリーコントローラー「Thunder ADC製品ライン」においても、Thunder SPEプラットフォームを採用した新機種を、2014年第4四半期中に提供予定です。


 A10ネットワークス株式会社 代表取締役社長兼CEO、アジアパシフィックジャパン ヴァイスプレジデントの小枝 逸人は次のように述べています。「脅威の検出と防御を行うアプライアンスにおいては、パフォーマンスがより問われるようになりつつあります。ボリューム型攻撃はより洗練され、処理能力の低いネットワークデバイスを制御不能に陥らせることを目的に設計されています。プロバイダーやエンタープライズにとってネットワークインフラやアプリケーションのダウンタイム誘発は脅威です。A10の最先端のCGN製品群は、ハードウェアベースのDDoS防御機能追加というアプローチによって、お客様の抱えるIPv4枯渇・IPv6移行とネットワークへのセキュリティ脅威の課題の両方を解決します」。


各モデルの主な仕様
■Thunder 5435(S) CGN(*)
•ラックサイズ:1U
•インテルXeon 10コアプロセッサー 、1G/10Gファイバー(SFP+)×16、40Gファイバー(QSFP+)×4
•スループット:77Gbps
•パケット/秒(PPS):5,000万
•セッションセットアップ/秒:350万
•フルTCPコネクション/秒:160万
•同時セッション数:2億5,600万


■Thunder 6435(S) CGN(*)
•ラックサイズ:1U
•インテルXeon Dual 12コアプロセッサー、1G/10Gファイバー(SFP+)×16、40Gファイバー(QSFP+)×4
•スループット :155Gbps
•パケット/秒(PPS):1億
•セッションセットアップ/秒:750万
•フルTCPコネクション/秒:320万
•同時セッション数:2億5,600万


(*) SモデルはSSLアクセラレーションASICを搭載


価格と提供開始時期について
希望小売価格は、「Thunder 5435 CGN」のAC電源モデルが24,200,000円より(税別、テクニカルサポート費用は別途)。「Thunder 5435(S) CGN」「Thunder 6435(S) CGN」とも、9月下旬から提供開始予定。


製品画像:Thunder 6435(S) CGN
リンク


製品画像:Thunder 5435(S) CGN
リンク


■A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキング分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。世界中で数千社にのぼる大企業やサービスプロバイダー、大規模Webプロバイダーといったお客様のデータセンターに導入され、アプリケーションとネットワークを高速化し安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。


A10ネットワークス株式会社は台湾・東南アジア各国を含む地域統括をおこなうA10 Networksの日本子会社であり、各地域のお客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。


詳しくはホームページをご覧ください。
www.a10networks.co.jp
Facebook:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。