logo

スマートニュース、朝日新聞社と提携

スマートニュース株式会社 2014年09月03日 11時00分
From PR TIMES

「朝日新聞デジタル」「withnews」がスマートフォーマットに対応、SmartNewsチャンネルプラスに追加



スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健/浜本 階生、以下「当社」)は本日、株式会社朝日新聞社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:木村 伊量、以下「朝日新聞社」)とメディアパートナー契約を締結しましたので、発表いたします。

朝日新聞社は、「朝日新聞デジタル」「withnews(ウィズニュース)」の2媒体を、当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」専用の配信用記事書式「スマートフォーマット」に対応し、本日より記事の供給を開始します。
当社は、「朝日新聞デジタル」「withnews」を、SmartNews内の「チャンネルプラス」に追加し、本日より公開します。

朝日新聞社と当社は、SmartNewsユーザーに対してより豊かなニュース体験を提供すべく、継続的に提携事業の発展に取り組んでまいります。

なお、今回の提携により、SmartNewsのチャンネルプラスでは、朝日新聞・読売新聞・産経新聞・毎日新聞の4大全国紙の各専用チャンネルが開設されたことになります。(媒体名は順不同)

【資料】

■「朝日新聞デジタル」とは
朝日新聞デジタルは、パソコンやiPad(iPad mini)、iPhone(iPod touch)、Androidスマートフォン、Androidタブレット等に対応した朝日新聞の電子版です。朝日新聞本紙の記事のほか、オリジナルコンテンツの閲覧や過去記事の蓄積・検索といったデジタルならではの利便性を提供しています。

■「withnews(ウィズニュース)」とは
withnewsは、朝日新聞社が2014年7月から提供を開始した新しいニュースサービスです。気になるニュースやネット上の話題を分かりやすく、多数の画像や動画を使ってユーザーに届けます。また、ユーザーからの取材リクエストを随時受け付けて取材を行うほか、完全匿名の「タレコミ」機能でもネタを募集しています。「検索したけど分からない」「友達に聞いても疑問が解けない」――そんなモヤモヤを解決できるサイトをめざします。

■ スマートフォーマットとは
スマートフォーマットは、SmartNewsへの記事配信を最適化するために開発されたXMLベースの専用技術です。媒体運営社はスマートフォーマットに対応したコンテンツを制作することで、自社が運営するメディアのコンテンツについてSmartNewsへの記事配信プロセスを大幅に削減できるほか、PV数や収益性向上を実現できます。

■ チャンネルプラスとは
チャンネルプラスは、特定のメディアのコンテンツを読みたいユーザーに向け、メディアパートナーとスマートニュースが共同で開設する専用コンテンツチャンネルです。
ユーザーは、SmartNews内のチャンネルプラス一覧ページ、もしくはSmartNews内に配信されているコンテンツのいずれからでも、簡単な操作でチャンネルプラスを無料で購読できます。
2013年5月よりスタートし、2014年9月3日現在、計48チャンネルを提供中です。また、その購読者総数は900万人を超えています(複数購読者を重複してカウント)。

■ スマートニュース株式会社について
スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業です(創業時社名:株式会社ゴクロ)。独自開発のウェブ解析技術を基盤に、400万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews」を運用する当社は、同アプリを軸に数多くのメディア各社様との事業提携を行っています。

■ 関連URL
朝日新聞デジタル リンク
withnews リンク
SmartNews公式サイト リンク
ダウンロードページ(iTunes App Store) リンク
ダウンロードページ(Google Play) リンク
スマートニュース株式会社 リンク

# # #

■ 本件に関するお問い合わせ先
スマートニュース株式会社 広報担当 info@smartnews.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事