logo

『販促活動に用いる事例集・小冊子に関する調査』結果を公開

株式会社イプロス 2014年09月02日 13時00分
From PR TIMES

~ 半数の企業が事例集や小冊子を保持している ~

国内最大の技術データベースサイト『イプロス』により製造業・建設業・ライフサイエンスの販売促進・マーケティングを支援し、また「TECH DIRECTORY Asia』により製造業のアジア販促をサポートする株式会社イプロス(東京都千代田区・代表取締役岡田登志夫・株式会社キーエンス100%出資)は、製造業の企業が販促活動に用いる事例集や小冊子の利用、制作状況に関するリサーチを2014年8月に実施いたしました。
このたび、その結果がまとまりましたので、一部抜粋し『販促活動に用いる事例集・小冊子に関する調査-リサーチ結果(2014年8月)』として公開いたしました。

詳細は、以下のURLよりダウンロードいただけます。
リンク

【調査概要】
対象:イプロス製造業の出展者、メールマガジン購読者 / 調査期間:2014年8月6日~12日 / 有効回答:457名

●半数の企業がユーザー事例集や小冊子などの販促物を保持している。
●その目的は、集客や営業の効果を高めるため。
●制作を自社で行う企業が大勢を占める。
●自社制作の場合、1ヶ月ほどで作成している企業が多い。
●外注して制作する場合、制作期間は3ヶ月ほど。費用は50万円以内。
●ユーザー事例集や小冊子などを利用した結果、集客数は増加する。「減少」という回答はなし。

詳細は、以下のURLよりダウンロードいただけます。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。