logo

ビジネスパーソンに特化した翻訳管理システム「YarakuZen」提供開始

八楽株式会社 2014年09月02日 13時13分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月2日

八楽株式会社

ビジネスパーソンに特化した翻訳管理システム「YarakuZen」提供開始
eメール、社内文書、マニュアル等日々発生する文章を17言語に手軽に翻訳
社内ユーザーの翻訳結果の学習効果により、組織全体のグローバル化を推進

グローバルコミュニケーションツールの企画・開発・運営を手がける八楽株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂西 優)は9月2日、ビジネスパーソン向けの新しい翻訳管理システム「YarakuZen(ヤラクゼン)」(リンク)の提供を開始しました。これまで主に翻訳者が作業効率を上げるために使用していた翻訳管理システムを、シンプルで直感的なデザインとリーズナブルな価格、導入しやすいクラウド型ツールにすることで、グローバルビジネスに直面する一般のビジネスパーソンが日々利用できるようなツールとして、設計・開発しました。

■「機械+人間」のハイブリッド翻訳プロセスによるメリットを、一般ビジネスユーザーにも
 ユーザーが「YarakuZen」を活用して翻訳を開始すると、過去の翻訳履歴も踏まえた機械翻訳結果が表示され、それをユーザー自身が承認・修正していきます。修正結果は翻訳メモリに自動的に保存・蓄積され、次回以降の機械翻訳に自動的に再利用されるため、使えば使うほど機械翻訳の精度が向上し、生産性が従来の3倍以上に高まります(当社調べ)。
 また、17言語対応とアジア・欧米諸国の主要言語をほぼカバーしているので、様々な地域とのビジネスを行うユーザーにご利用頂けます。クラウド型のシステムなので、導入も簡単。製品面での改善も順次反映されます。

■社内の翻訳履歴を集合知として蓄積し、チーム全体の生産性・多言語対応力向上へ
 「YarakuZen」の翻訳メモリ「マイブック」は、個人単位だけではなく、会社単位で参照・共有できる仕組みになっており、社内のユーザーが保存・蓄積した内容を社内他ユーザーが再利用することができます。
 また、辞書機能も社内共有が可能なので、会社名・ブランド名・製品名や専門用語等を予め登録しておくことで、全員の機械翻訳の精度を向上させることができます。このようにチームにおける翻訳プラットフォームとして「YarakuZen」を利用することで、翻訳コストが資産化され、組織としての多言語対応力を圧倒的に向上させることができます。

■クラウド上で世界3万人以上の翻訳者へ24時間いつでも修正依頼可能
 機械翻訳結果の修正は、ユーザー自身で行う以外にも、翻訳者に依頼することも可能です。「YarakuZen」から修正したい文章を指定することで、世界3万人以上のクラウド翻訳者にボタン一つで修正を依頼することができます。翻訳レベルは翻訳者の経験等に応じて3段階に分かれており、必要なレベルと予算に応じて選択できます。また、クラウド上なので24時間いつでも対応しており、Eメールなら最短15分で修正が完了します。
 これにより、外国語が苦手な方や、自らにとって全く新しい言語の場合でも、「YarakuZen」を使って手軽にスピーディーに翻訳を行うことができます。

■100万以上の例文集と「ジーニアスMX」を標準装備
 「YarakuZen」では、翻訳修正の際の翻訳支援ツールとして、翻訳対象テキストに応じてサイドパネル上で例文集や辞書が自動的に提案されます。完全一致だけでなく、部分一致や合成翻訳の結果も表示されます。現在、日英を中心に100万以上の例文集を備え、辞書としても大修館書店「ジーニアスMX」(英和・和英)を標準装備。業界別の例文集や辞書についても、順次増やしていく予定です。

【対応言語】
日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、マレー語、タガログ語、ヒンディ語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、スウェーデン語、ポルトガル語 (合計17言語)

【価格】
■ライセンス利用料
[パッケージ]   [ID数][月額費用]
・1 IDでの利用   1    8,800
・5 IDパック    5     28,000
・10 ID パック   10   48,000
・20 ID パック   20   84,000
・50 ID パック   50    160,000
・100 ID パック  100   280,000
・500 ID パック  500   800,000
・1,000 ID パック 1,000  お見積り
※  APIオプションの場合は、初期設定サポート10万円~、自動翻訳利用料 0.01円/文字
※※ 価格は全て税抜きの価格になります。

■人間翻訳利用料  (日本語から他の言語への翻訳の場合)
[種類]      [翻訳者のレベル]              [文字当たり単価]
カジュアル     経験の浅い翻訳者                  3円/文字
スタンダード    所定のテストに合格した翻訳者 (NDA締結)     6円/文字
プロフェッショナル 所定のテストに合格した経験豊富な翻訳者 (NDA締結)  10円/文字
エキスパート    法律、医療等、専門分野に特化した翻訳者 (NDA締結)  15円~/文字

▼「YarakuZen(ヤラクゼン)」▼
リンク

ジーニアスMXの提供元の株式会社大修館書店様から今後の展開に関して以下のコメントを頂戴しております。
【株式会社大修館書店様からのコメント】
“八楽株式会社の翻訳管理システム「YarakuZen」の提供開始を歓迎いたします。株式会社大修館書店は、日本における英語学習の発展、日本人の英語コミュニケーション力アップを願い、ジーニアスファミリーの英和・和英辞書を提供してまいりました。八楽株式会社が培ってきた翻訳のノウハウに小社の「ジーニアスMX」を組み合わせることによって、「YarakuZen」がビジネスのグローバル化に対応する強力なツールとして、より広く活用されていくことを確信いたしております。”
株式会社大修館書店
編集第二部・電子出版開発室 課長 五十嵐靖彦様

【主な機能等】
■基本機能
・自動翻訳(17言語対応)
・自動翻訳のON/OFF切り替え
・プロ翻訳者への翻訳依頼機能(17言語対応)
・プロ翻訳者の指名・固定機能
・マイブック
・Yarakuブック
・辞書機能(17言語)
・辞書「ジーニアス英和辞典MX第2版」「ジーニアス和英辞典MX第2版」
・自動合成機能(翻訳メモリ・辞書データ等から自動翻訳を合成する機能)
・テキストダウンロード機能
・ファイルアップロード・ダウンロード(Microsoft Word, Excel, PowerPoint対応)
■セキュリティ・プライバシー
・プライバシー保護(辞書・メモリの社外非共有)
・SSL対応
■コラボレーション機能
・カンパニーブック (翻訳メモリの社内共有)
・辞書の社内共有・グループ内共有
・権限・役割管理(admin/user)
・ウォレット残高の社内共有・グループ内共有
■システム連携・カスタマイズ
・APIによるデータ連携
・社内他システムとの連携
■サポート
・ユーザーサポート(電話・メール:10時-18時) 
・導入前社内トレーニング
・支払い方法対応(銀行振り込み・クレジットカード)
・請求書の発行
■オプションサービス
・辞書データ・翻訳メモリの初期設定
・業種別ブック
・業務別ブック
・辞書データ構築支援(社内翻訳データから専用辞書を構築)
・定期レポーティング(使用状況/コーポレートブック内容等)
・データクレンジングサービス

【ジーニアスMXについて】
◆ジーニアス英和辞典MX第2版
デジタル版辞書としては今や定番の、大修館書店MX辞書の改訂新版。
『ジーニアス英和辞典第4版』をベースに、ディスプレイ上での見やすさ・使いやすさを重視して、記述を再構成しました。
・収録語数約89,000。
・素早く意味を理解するときに役立つよう、“受信”の際に必要な情報を凝縮。
・重要語に対して、従来のMX辞書よりも用例を増補。
・複合語や派生語も、見出し語と同様に検索可能。
・発音記号や文法上の注記、文型表示など、“受信”の際にも必要な要素は『ジーニアス英和辞典第4版』そのままに解説。

◆ジーニアス和英辞典MX第2版
デジタル版辞書としては今や定番の、大修館書店MX辞書の改訂新版。
『ジーニアス和英辞典第3版』をベースに、ディスプレイ上での見やすさ・使いやすさを重視して、記述を再構成しました。
・収録語数約69,000、用例数約84,000。
・「自然な日本語を自然な英語に」というコンセプトで人気の『ジーニアス和英辞典第3版』をベースに、素早く訳語や表現が確認できる情報を凝縮。
・複合語や派生語も、見出し語と同様に検索可能。
・文法上の注記や文型表示など、実用性の高い情報は『ジーニアス和英辞典第3版』そのままに解説。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
担当:湊 幹(みなと つよし)
連絡先:03-6416-5315
Eメール:info@yaraku.com

【会社概要】
社名: 八楽株式会社
本社所在地:東京都渋谷区南平台町4-8 南平台アジアマンション607
設立年月日:2009年8月
代表者:坂西 優 (さかにし すぐる)
事業内容:多言語コミュニケーションツールの企画・開発・提供
URL:リンク





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。