logo

「胃の不調に関する意識と実態調査」

エスエス製薬株式会社 2014年09月02日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月2日

エスエス製薬株式会社


全国の胃もたれ経験者 20代~60代 男女840人に聞いた 
「胃の不調に関する意識と実態調査」
不調を加齢によるものと自覚している人はまだ5割強
昔より胃が弱くなったと自覚する年齢は平均「39歳」
胃の不調は、パフォーマンスを平均40%低下させる


 エスエス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋利哉)は、「胃もたれ」「胃が重い」「胃弱」など日本人の多くが訴える胃の不調に関する意識と実態を探ることを目的に調査を実施致しました(調査対象:予備調査/全国の20代~60代男女20,000 人、本調査/20代~60代男女で、過去1年以内に「胃もたれ・胃が重い」「胃弱」を経験した840人)。

 厚生労働省の「国民生活基礎調査」によれば、胃もたれや胸やけを訴える割合は年齢とともに増加し、男性は60代で、女性は50代で、それぞれ3人に1人の割合にのぼっています。加齢に伴う胃の機能低下が一因とみられることから、社会の急速な高齢化に伴い、胃もたれはまさに国民病ともいえる健康課題となっています。

 本調査では、胃もたれのある人の約7割が「以前と比べて胃の不調を感じる」と回答しています。また、以前と比べた胃の変調は平均「39歳」から始まっていることなどがわかりました。調査結果の概要は以下の通りです。

■調査結果サマリー
胃もたれの7割以上を占める!? 以前と比べて増えた胃の不調
胃の不調の原因を「加齢」と考えている人は2割弱
昔より胃が弱くなったと自覚する年齢は平均「39歳」
胃の不調が加齢によるものと自覚している人はまだ半数強
胃の不調は、5日に1回のペースで襲ってくる
「朝起きた時」や「夕食を食べている時」の胃もたれで昔に比べ胃の不調を実感
胃の不調によってパフォーマンスは40%も低下
胃の不調時の対応は、「市販の胃薬」が最多

■胃もたれの意識と実態
●日本人の4割近くが「胃もたれ」に悩んでいる
 全国の20代~60代の男女20,000人に、過去1年以内の胃の不調の有無を具体的に症状をあげて聞いたところ、最も多かったのは「胃もたれ・胃が重い」で、4割弱(36.9%)が経験しています。
次いで「吐き気・むかつき」27.7%、「胃の痛み」26.0%、「胸やけ」24.7%、「げっぷ」22.5%と続きました。

●胃もたれの7割以上を占める!? 以前と比べて増えた胃の不調
 次に、過去1年以内に「胃もたれ・胃が重い」「胃弱」を感じたことがあると回答した全国の20代~60代の男女840人に、「以前と比べて」胃もたれがしやすくなったか、胃もたれが気になるか、などをたずねたところ、25.8%は以前と比べて不調は感じていないと回答し、残りの各回答を一つでも選んでいる人の合計である74.2%が、以前と比べて胃もたれなどの不調を感じるようになったと回答しています。すなわち、胃もたれに悩む人のうち、昔に比べて胃が弱くなってきていると実感している人は、合計で7割以上を占めています。

以下、上記「以前と比べて胃に不調がある」層、「以前と比べて変化はない」層に分けて、集計・分析をしました。

●胃の不調の原因 
 胃もたれ等のある人に、胃の不調の原因をたずねたところ、「食べすぎ」と考えている人が最も多く、5割弱(45.2%)でした。一方、胃の不調の原因を「加齢」と考えている人は2割弱(18.3%)にとどまり、以前と比べて不調ありが7割を超えていることとの間に乖離があります。加齢に伴って胃に起こる不調(P9参照)について啓発の余地があるといえましょう。

●以前と比べた胃の不調は平均「39歳」から自覚
 胃もたれ等のある人は、以前よりも胃の不調を感じ始めた年齢は、全体の平均で39.0歳でした。40歳前後は胃もたれ適齢期といえるようです。

●胃の不調が加齢によるものと自覚している人はまだ半数強
 以前と比べて変化ありと回答した人を対象に、自分の胃の不調が加齢によって起こっていると思うかを改めてたずねると、“そう思う”は半数強(55.0%)にとどまり、以前と比べて胃の変化を実感しているにもかかわらず、他人事のように認識している人が少なくないことがわかります。一方で、年齢があがると共に自覚が高くなってくる傾向にあります。

●胃の不調は、5日に1回のペースで襲ってくる
 胃もたれ等のある人の胃の不調を感じる頻度は、以前と比べて変化ありと回答した人で多く、「週1回以上」が4割を超えています(43.2%)。
 1ヵ月の平均胃もたれ回数を見ても、以前と比べて変化ありと回答した人は平均6回以上と、5日に1回のペースで胃もたれを感じており、以前と比べて変化なしと回答した人にくらべ2倍以上の高い頻度となっています。

●「朝起きた時」や「夕食を食べている時」で以前より胃の不調を実感
 胃もたれ等のある人にとって、「胃もたれ・胃が重い」などの胃の不調を最も感じる時間帯は「夕食後から寝るまで」で、半数近く(45.5%)を占めました。
 以前と比べて変化ありと回答した人は、以前と比べて変化なしと回答した人に比べ「朝起きた時」(26.7%)や「夕食を食べている時」(13.7%)に胃の不調を感じると回答する割合が高く、夕食で食べたものが翌朝まで胃に残っていると感じる時や、夕食が思いのほか進まない瞬間が以前と比べて胃の不調を実感しやすいタイミングといえそうです。

●胃の不調によってパフォーマンスは40%も低下
 胃もたれ等のある人は、胃の調子がよいときのパフォーマンス(作業効率・能率)を100%とした場合、胃の不調時の平均パフォーマンスの自己採点は61.5%と、40%近くも低下していると感じていることがわかりました。
 具体的にどのようにパフォーマンスが落ちるかを自由回答で見ると、「集中力が落ちる」「動きが鈍る・効率が悪くなる」などの回答のほか、「不快感のせいで気持ちが抑圧され、イライラしがちになる」、「笑顔がないせいか、商談がうまく行きにくい」などの回答もみられました。

●胃の不調時の対応は、「市販の胃薬」が最多
 胃もたれ等のある人の胃の不調時の対応は、「市販の胃薬を服用する」が最も多く、4割(42.0%)がOTC(市販薬)を利用しています。
 また、以前と比べて変化ありと回答した人は、「胃にやさしい食品を選ぶ」「食事量を減らす」「間食・夜食を控える」が以前と比べて変化なしと回答した人にくらべ12~20ポイントも高く、加齢に伴って食事の楽しみを控えている様子が読みとれます。

調査概要
■調査手法:インターネット調査(スクリーニング調査:20,000ss、本調査:840ss)
■調査期間:2014年8月4日(月)~5日(火)
■調査対象:下記条件にあてはまる全国20代~60代の男女
・過去1年以内に「胃もたれ・胃が重い」「胃弱」を感じたことがある






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事