logo

オリックス、九電工 全国初、空港跡地のメガソーラー発電所が稼動


オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)と株式会社九電工(本社:福岡県福岡市、社長:西村 松次)は、本日、枕崎空港(鹿児島県枕崎市)の跡地で建設を進めていた最大出力8,218 kW(8.2MW)のメガソーラー発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始しましたのでお知らせします。なお、空港跡地を活用したメガソーラー発電事業は、本件が全国初の取り組みとなります。

枕崎空港は、1991年1月に開港した日本初のコミューター空港です。枕崎市は、空港の管理・運営におけるこれまでの歳出超過累積額や、今後の財政および市民への負担を考慮し、2013年3月末で空港を廃止し、オリックスと九電工はその跡地を活用してメガソーラー発電所の開発を進めてきました。
また、地域貢献として枕崎市や第三セクターへの寄付により、空港ターミナルビルを活用した発電所の見学・学習スペースや天文観測所を設置しています。

オリックスと九電工は、今後も、再生可能エネルギーをはじめとしたエネルギー関連事業を積極的に展開するとともに、お客さまへ新しい付加価値の提供を目指してまいります。


■「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」概要
所在地 : 鹿児島県枕崎市あけぼの町275番地
出力規模(モジュール容量) : 8,218kW
設置面積 : 約129,000平方メートル
パネル設置枚数 : 33,544枚
年間予想発電量(初年度販売ベース) : 9,185,900kWh(予定)
                  一般家庭約2,550世帯分の年間消費電力に相当(*)
事業主 : Kクリーンエナジー株式会社(オリックス株式会社70%、株式会社九電工30%)
施工会社 : 株式会社九電工
運転開始日 : 2014年9月1日

(*)1世帯当たり3,600kWh/年で算出。出典:電気事業連合会「電力事情について」

■主な地域貢献策の概要
1.太陽光発電所の見学・学習スペースの設置
空港ターミナルビルの一部を改修し、太陽光発電所の仕組みが分かる展示物や環境学習などの研修スペースを設置
2.天文観測所の設置
空港敷地内に天文観測所を設置し、地域住民が集う場所を提供
3.空港管理会社の活用
太陽光発電所の管理業務の一部を、空港廃止後も存続する南薩エアポート株式会社(第三セクター/空港管理会社)へ委託


======================================================
【本件に関するお問い合わせ先】
オリックス株式会社 グループ広報部 堀井・柴田 TEL : 03-3435-3167
株式会社九電工 総務部広報グループ 渡辺・矢野 TEL : 092-523-1691
======================================================

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事