logo

人的資源を、組織目標の効果的な達成のためにいかにマネジメントするかを学ぶ3日間

中央大学ビジネススクール 2014年08月29日 10時00分
From Digital PR Platform


中央大学ビジネススクールでは、企業組織の主要な経営資源である人的資源を、組織目標の効果的な達成のためにいかにマネジメントするかを学ぶ講座を開催します。

動機づけ(第一回)、組織変革(第二回)、人材開発(第三回)を主要なテーマとしますが、単にそれらの手法を紹介するのみではなく、その背後にある意味を深めることが本プログラムの大きな目的です。

特に、企業を取り巻く環境や戦略経営の視点から人材マネジメントのあり方を考察します。
この講座でMBAを体験してください。


●テーマ:ビジネスマナー&コミュニケーション入門
●定員:30名
●対象者:
マネジメントのあり方を体系的に学びたい方
最新の人的資源管理の動向を知りたい方
MBA・ビジネススクールに関心のある方
将来MBA の取得を目指す方

●日程:9/11、9/18、9/25  毎週木曜
●時間:19:00-21:30
●会場:中央大学後楽園キャンパス 3号館
リンク

■申込み
下記URLから申込んで下さい。
リンク


◆講師:
大橋勇雄
中央大学ビジネススクール 教授
略歴:名古屋大学経済学博士課程修了
専門分野:労働経済学、人的資源開発論
リンク

中島豊
中央大学ビジネススクール 教授
略歴:中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了、ミシガン大学MBA取得
専門分野:人的資源管理論、人事政策論
リンク

吉田寿
中央大学ビジネススクール 客員教授
専門分野:人事制度改革、人材マネジメント論
略歴:早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了、経済学修士(国際経済学)
リンク

■講義内容:
9/11(木)
人材マネジメント入門1 動機づけ
担当:大橋勇雄

人の心を突き動かすものは何でしょう。
大きく三つの要素が挙げられます。
一つは、給与や昇進・昇格、福利厚生などの金銭的な報酬です。
二つ目は、仕事のやりがいや達成感、自己の有能感などで内発的なものです。
三つ目は、人や組織に対する同感や尊敬、怒りなどの感情です。
これら三つの要素はそれぞれ異なった仕組みで人の心に働きかけます。本講義ではそこに着目します。

9/18(木)
人材マネジメント入門2 人材開発
担当:中島豊
企業の戦略経営に求められる人材をどのように育成していくべきでしょうか。
本講では、花王株式会社をとりあげたケース教材を使いながら戦略的人材開発のなかでも、社内人材の育成に焦点をあてます。
ケース討議を通して、成人学習に関わる理論、リーダーシップ開発とパイプライン、キャリア・ラダー、さらに組織における働き甲斐や自己実現といった人材開発における基本コンセプトについて学びます。

9/25(木)
人材マネジメント入門3 組織変革
担当:吉田寿

組織の目的や戦略を遂行するために必要な組織変革とは何か、またそれをどのように実現するかの方策を検討します。
より具体的には、組織変革に必要なハード・アプローチとソフト・アプローチ、組織変革のための8つのステップの考え方や組織変革のための必要条件、組織課題の整理とエンゲージメント経営の実践、変革推進主体としてのミドル・リーダーに求められるソフト・スキルの重要性などについて解説します。

■受講料
32,000円(税込)
★受講料割引制度
適用となる方は、お申込みの際に備考欄へその旨をご記載ください。
リンク

■申込み
下記URLから申込んで下さい。
リンク


◆中央大学ビジネススクール戦略経営アカデミーとは
MBA取得を目的としないビジネスパーソン、および企業に対して研修やコンサルティングを行うことを目的としています

■中央大学ビジネススクール
企業と社会が求める「戦略思考」と「戦略実践」のできる人材、すなわち「戦略経営リーダー」の育成を目的として、MBA、DBAプログラムを提供しています。

●MBA:戦略経営研究科戦略経営専攻(専門職学位課程)
総合的な戦略思考で日本企業の戦略を世界に発信しようとする有識者(2年以上の就業経験者)を対象として創設。「戦略」をはじめ、「マーケティング」「人的資源管理」「ファイナンス」「経営法務」の5分野を総合的、有機的に学修できる特徴を持ちます。
戦略的な思考能力と戦略経営マインドを育成することで、各機能領域のおける戦略を全体の戦略として統合的に考えることのできる戦略経営リーダーを養成します。

リンク

●DBA:戦略経営研究科ビジネス科学専攻(博士後期課程)
ビジネス科学専攻は有職社会人を主な教育対象とします。激しい変動を繰り返す日常業務を通して各自を悩ませているテーマを解決するためには、「総合化のためのフレームワーク」を゛受け身゛で学習するだけでは不十分であり、「自ら、より優れたフレームワークを創出する」ことが必要となります。
このためには、博士後期課程という、より高度な枠組みにおいて、蓄積された知識から創造的な解決方法を探るための理論を展開し、実務に応用できる新たな知識の創造を目指します。

リンク

★中央大学ビジネススクールの特長
実践と理論を高いレベルで展開していく事を念頭に、2年間を通して学ぶMBA講座だけでなく、科目等履修生、また企業研修やコンサルティングを行っています。
関心のある方は、入試説明会や戦略経営アカデミーで実施しているMBAエッセンス講座、eラーニング講座(無料)を体験して下さい。

●入試説明会
リンク

●MBAエッセンス講座
リンク

●eラーニング講座
リンク


◆問合せ
中央大学大学院 戦略経営研究科(中央大学ビジネススクール)
〒112-8551
東京都文京区春日1-13-27
TEL:03-3817-7485

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。