logo

ワンオブゼム、人気スマートフォンネイティブゲームのリサーチサービス「Spicemart」にて中国大陸版の提供開始

株式会社ワンオブゼム(本社:東京都新宿区、代表取締役:武石幸之助、以下ワンオブゼム)は、人気スマートフォンネイティブゲームのリサーチサービス 「Spicemart(スパイスマート)」(以下、Spicemart)にて海外市場のリサーチを開始し、第1段として、中国大陸ネイティブゲーム市場およびゲームアプリのレポートの提供を開始致します。年内に台湾、韓国市場のレポート商品を順次リリースしていく予定です。



■Spicemartとは
 Spicemartとは、人気スマートフォンネイティブゲームの運用とその効果を可視化したリサーチサービスです。日本のスマートフォンネイティブゲーム市場は、2012年から2013年にかけて売上高が3倍以上に伸長し、今や米国を抜き世界一の規模となっております(App Annie調べ)。本サービスは、その世界最大のスマートフォンネイティブゲーム市場において、特に運用レベルが高いとされるゲーム約50タイトルを独自の方法でリサーチし、分析した情報をブラウザ上および分析レポートにて提供しております。

■中国大陸版レポートのセールスポイント

<主要プラットフォームにフォーカス>
 中国のスマートフォン向けモバイルゲーム市場は急速に拡大をしており、2013年には112.4億元(約1,850億円)となり、2014年には200億元(約3,300億円)を超えると予測されているものの(CNNIC調べ)、Google playやiTunes storeの他、Tencentや360等の大手サードパーティプラットフォームの売上ランキング、新着ゲームの情報は日本においては収集困難となっています。

<人気タイトル特集>
 Spicemart中国レポートでは、各プラットフォームのランキングや新着情報に加え、トップセールスにランクされているゲームを当社スタッフおよび現地パートナーがプレーし、レベルデザイン、パラメーター設計などのゲーム運営や、ゲームデザインなどの詳細をレポートします。本レポートテスト版では、中国全土1位を獲得した「刀塔传奇」、tencent人気シューティングゲーム「雷霆战机」の各20ページにわたる特集を展開しております。

<ローカライズタイトル動向> ※近日リリース予定
中国市場で展開している北米、韓国、日本製タイトルのユーザー評価、運用手法、プロモーション手法などを紹介し、ローカライズポイントをまとめます。

<現地メディアとの提携でよりリアルな情報展開>
本サービスは、北京を本社とするゲーム情報ポータル「游戏葡萄リンク」とパートナーシップを結び、また当社による毎月の現地取材も行い、よりローカルで付加価値の高い情報を迅速に提供してまいります。

【参考画像】


■販売価格
1レポート 30万円より(詳細はお問い合わせ下さい。)

■株式会社ワンオブゼムについて
 ワンオブゼムは、2011年1月に設立。スマートフォンを中心としたコンテンツを自社にて企画開発、独自IPを生成することに特化し、 国内外のチャネルにむけて提供してまいりました。2013年2月にリリースしたネイティブゲーム「ガチャウォリアーズ」は、 翌月にiOS無料ランキングで1位を獲得後GooglePlayにて国内外30カ国以上でピックアップされるなどし、全世界でユーザー数を集め、現在では200万ダウンロードを突破しております。

■会社概要
会社名: 株式会社ワンオブゼム
代表者: 代表取締役社長CEO 武石幸之助
設立 : 2011年1月21日
所在地: 東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル4階
支社 : シンガポール、ハノイ
社員数: 65名(アルバイト・海外拠点従業員含む)
事業 : スマートフォンアプリケーション事業、モバイルゲーム事業、スマートフォンマーケティング支援事業
URL :リンク

■取材/お問い合わせ
商品に関するお問い合わせ:info_oot@oneofthem.jp
本プレスリリースに関するお問い合わせ:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。