logo

『ギネス世界記録2015』を9月10日に発売 「世界最速の2足歩行犬・ジフ」を、一足早く映像でご紹介!!

株式会社角川アスキー総合研究所 2014年08月28日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014/8/28

株式会社角川アスキー総合研究所

『ギネス世界記録2015』を9月10日に発売 「世界最速の2足歩行犬・ジフ」を、一足早く映像でご紹介!!

株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川歴彦)は、2014年9月10日(水)に、『ギネス世界記録2015』日本語版を発行いたします。
世界中の“一番"を収集し続けているギネスワールドレコーズは、2015年をもって60周年を迎えます。記念すべき号となる本書には、地球のあちこちで生まれた驚きの記録がたっぷりと収録されています。1955年の刊行開始から現在までに、『ギネス世界記録』は100か国以上で発売され、累計発行数は1億3,200万部。欧米では、親から子供へのクリスマスプレゼントの定番となっており、家族全員やお友達ともお楽しみ頂ける内容です。
今回は本書の記録内容から、「世界最速2足歩行犬」をご紹介します。

ポメラニアンの「ジフ」(Jiff)は、アメリカ・カリフォルニアはロスアンゼルス在住。後ろ足の10m最速記録(6.56秒)、前足の5m最速記録(7.76秒)の世界記録を達成しました。
人の喜ぶ反応をみて、前足歩き、後ろ足歩きを毎日練習し、さらに様々な技ができるようになったジフ。彼の技の中には、握手、ドアを閉める、目を隠す、サインをする(足跡をスタンプする)、お辞儀をする、スケートボードに乗るなどがあるとのこと。広告や、ケイティ・ペリーのシングル『ダークハウス』ミュージッククリップに出演したことなどでも知られており、すでに50万人以上がYouTube上で視聴し、Facebookにおいては1,300万いいね!を獲得、Instagramは23万2,000人、Twitterでは1万4,000人のフォロワーがいるなど、ネットで旋風を巻き起こしています。
本記録は、書籍『ギネス世界記録2015』に収集されており、読者のみなさまは、無料アプリを用いて、ジフを3D映像でご覧頂くことが可能となります。


【書籍情報】
『ギネス世界記録2015』 クレイグ・グレンディ編
単行本:290ページ
価格:3056円(税別)
発売日:2014年9月10日(水)
企画・制作・発行:株式会社角川アスキー総合研究所
発売:株式会社KADOKAWA
ISBN:978-4-04-899601-3

今年は60周年特別エディション! 2014年9月10日世界同時発売! 60年間、日々生み出されてきた感動と驚きの記録の数々、人間の軌跡を体感ください! もちろんタモリさんやソチオリンピック日本選手、47都道府県の地域の記録など、世界に誇れる日本の記録もぎっしり収録!


【株式会社角川アスキー総合研究所】
角川アスキー総合研究所は、KADOKAWAグループに属する法人向けのシンクタンク、リサーチ・メディア企業です。
KADOKAWAグループの持つコンテンツ力、メディア力、リサーチ力、 デジタルコンテンツに関する技術力を生かし、「メディア」「エンターテインメント」「インフォメーション」の3つの対象領域で事業を展開。テクノロジーや消費者行動の変化を捉えながら 日本のメディア・コンテンツ産業に貢献すべく、課題となる重要テーマに取り組んでいます。

角川アスキー総合研究所ホームページ:リンク


【ギネスワールドレコーズ(R)】
ギネスワールドレコーズ(R)は、世界記録を記録し、毎年世界記録をまとめた書籍を発行している組織です。現在データベースにある記録はおよそ4万件。書籍『ギネス世界記録(R)』は英国で1955年に初版が発売されて以来、世界的ベストセラーとして親しまれてきました。記録挑戦の申請は、公式ホームページにて受付しており、ギネスワールドレコーズ公式認定員は世界中に赴き、世界記録の認定を行っております。

ギネスワールドレコーズ(R)の歴史について:
1951年、アイルランドはウェックスフォード州で狩猟を楽しんでいた当時ギネス醸造所の最高経営責任者だったヒュー・ビーヴァー卿が投げかけたある質問―――「 ヨーロッパで最も速く飛ぶ狩猟鳥はどれか? 」をきっかけに、世界記録を集めた本が誕生いたしました。1955年の出版から始まり、毎年刊行される『ギネス世界記録(R)』はこれまでに累計1億3千2百万部販売され、現在は20か国語に翻訳され、100か国以上にて販売されています。
また書籍から始まったギネス世界記録は現在、より多くの形で世界の皆様にお楽しみ頂いています。世界各地で放送されているギネスワールドレコーズ番組は年間7億5,000万人の方々に視聴され、2つのYouTubeチャンネルの総ビュー数は2億3,500万人、Facebook(英語版)のファン数は約400万人となります。申請受付および最新の情報を提供しているホームページ(英語版)では、サイト閲覧者数が年間1,400万人以上となります。イベントもイギリスをはじめとするヨーロッパ各地、ドバイ、クウェートなど世界各地で行われており、日本でも今までに東京、名古屋、岐阜、金沢にて開催されてきております。

ギネス世界記録公式ホームページ:リンク
書籍「ギネス世界記録」公式ホームページ:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事