logo

「周りの学生の通学ファッション、どんなところが気になる?」~約6割の学生が周りの学生の通学ファッションで気になるところがあると回答~

株式会社リクルートキャリア 2014年08月28日 10時00分
From Digital PR Platform



株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「周りの学生の通学ファッション、どんなところが気になる?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「周りの学生の通学ファッション、どんなところが気になる?」記事はこちら
から
リンク

――――――――――――――――――――
■約半数の学生が、周りの学生の通学ファッションで、「流行を追いすぎてい
るところが気になる」と回答。どんなところに気をつけているかについても公開。
――――――――――――――――――――

大学1年生341人(うち男子学生151人、女子学生190人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:7月19日~7月24日)。
4月から本格的に私服デビューした人も多い大学1年生たちは、周囲の学生や自分の通学ファッションについてどんなふうに感じているのでしょうか。今回は、周りの学生や自分の通学ファッションに関して、気になることや気をつけていることについて大学1年生に尋ねてみました。

周りの学生の通学ファッションで気になるところがあるかどうかを尋ねたところ、56.9%が「はい」と回答しました。属性別に見ると、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、気になるところがあると回答した学生の割合が多い傾向が見られました。

次に、気になるところがあると回答した学生に、どんなところが気になるのかについて尋ねたところ、47.9%が「流行を追いすぎている」と回答して一番多く、次いで「お金をかけすぎている」が40.2%、「だらしない」が30.9%で続きました。「露出が多すぎる」も26.3%に達し、「その他」では、「皆よく似ていて個性がない」といった声が複数挙がっていました。

「どんなところに気をつけてる?」という問いには、「ポロシャツなど襟付きのシャツに綿のパンツが基本。Tシャツや短パンはカジュアルすぎるので着ないことにしている」「色使いに気をつかっている。最近、凝っているのは、ワンポイントのさし色を入れること」「スカートが短すぎないようにするのはもちろんのこと、しゃがんだときに胸元が見えないような服を選ぶようにしている」「2週間くらいのローテーションを組んで、『またあの服』と思われないように気をつけている」「冷房が効きすぎている教室もあるので、Tシャツにワイシャツを重ねて着ている。また、清潔感のある明るい色の服を着るようにしている」といった声が寄せられ、機能やマナーなど、さまざまな角度から通学ファッションを考えている学生たちの姿が浮かび上がりました。


▼「周りの学生の通学ファッション、どんなところが気になる?」記事はこちら
から
リンク

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事