logo

コラム「RubyのブームはJavaの時とは違う感じで訪れるはずです」を公開しました。

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はコラム「RubyのブームはJavaの時とは違う感じで訪れるはずです」を公開しました。

###
そもそも、RubyとJavaは同じ開発言語と言うカテゴリに含まれていますが、性質も用途も違うので比べるのはナンセンスだとは思います。ただ、「Rubyのブームがこれから来ますよ」というと、Javaがブームだった時のことを思い浮かべる人が多いので、少し自分の考え方を書いてみたいと思います。米国のJavaの求人数が2005年と比較してマイナス30%成長(Indeed 2014年5月)となったこともあり、説明するタイミングとしては良いかもしれないとも思っています。

ちなみに、Javaで開発する案件の特徴はライトランゲージと比べると多くの人数を必要とする傾向がある為、人工商売をしているシステムインテグレーターにとってはとても良い技術でした。Javaは人手が必要なだけではなく、乱暴な言い方をすれば人手が必要な分だけ、よい成果物を作れるというメリットもあり、Javaで開発した案件がとても多い時期が続いています。システムインテグレーターや派遣会社もJavaのエンジニアを育成すればバンバン売れる時代でした。

しかし、これからは少しづつ変わってくると読んでいます。今まで開発してきたシステムも多いため、保守や改修案件もあり、またシステムインテグレ―ター側に大量のJavaのエンジニアがいる為、Javaの案件がいきなりなくなることはなく、今後はゆっくりと減少し、適正な量で定位すると考えています。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

Ruby開発事例については以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。