logo

SharePoint のアクセスログ分析サービス「活ログ」を SharePoint Online向けにも提供開始

ディスカバリーズ株式会社 Microsoft SharePoint のアクセスログ分析を行うサービス「活ログ」を Microsoft Office 365 版の SharePoint Online にも対応して、本日より提供を開始します。

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、SharePoint のアクセスログ分析を行うサービス「活ログ」を SharePoint Online にも対応して、本日より提供を開始します。

ディスカバリーズは、これまで SharePoint Server 向けとして、2007、2010、2013 の各バージョンを利用している法人企業向けにログ分析サービス「活ログ」を提供し、SharePoint の活用度合いの診断や改善の提案を、従業員規模 1000 名以上の大規模な法人や自治体を中心に提供してまいりました。

クラウド環境がスタンダードとなった昨今、Office365 を利用する法人が拡大する中、ログ分析による SharePoint 活用向上のニーズが広がっていることを背景に、活ログのサービスを SharePoint Online にも対応します。

これまでの SharePoint Server で培ったアクセスログ分析の経験とノウハウをもとに、今後はクラウド環境である SharePoint Online でも同サービスを提供し、お客様企業の SharePoint 活用度合いの向上を支援します。

■提供形態
契約された法人向けに、オンライン上でログ分析レポートを閲覧いただけます。

■詳細サイト
リンク


■お問い合わせ
プロダクト&サービスグループ(担当:柴山)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。