logo

スマートパッケージデスク「Krilo(クリロ)」「Calin(カラン)」新発売

株式会社岡村製作所 2014年08月27日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年8月27日

株式会社岡村製作所

スマートパッケージデスク「Krilo(クリロ)」「Calin(カラン)」新発売
―リビング学習などに最適な、奥行き450mmに収納できる学習デスクですー

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、「スマートパッケージデスクシリーズ」として、「Krilo(クリロ)」「Calin(カラン)」の2製品を2014年9月より発売いたします。「スマートパッケージデスクシリーズ」は、使うときだけデスクを引き出して使用することにより、リビングルームなどの限られたスペースでの学習空間を実現する、今までにない新しいコンセプトの省スペース型学習家具です。デスク収納時は奥行きが450mmとスリムサイズで、リビングまわりの家具などと寸法が合わせやすく、すっきりと配置することができます。スライドカバー式扉のシェルフユニットは、「見せる収納」と「隠す収納」を実現でき、リビングなどに設置してもスマートにレイアウトできます。また下段のスライド扉はブックスタンドとしても使うときができ、本や教科書だけでなく、タブレットPCを置いて学習に活用することもできます。
「スマートパッケージデスクシリーズ」は、ナチュラルカラーの「Krilo」とホワイトカラーの「Calin」の2つのモデルをラインナップし、それぞれハイタイプとロータイプのデスクセットと専用チェアを品揃えしました。

―「スマートパッケージデスク」の特徴 ―

■限られたスペースを活用して学習環境を実現
スマートパッケージデスクは使うときだけデスクを引き出して使う、新しいコンセプトの省スペース型学習家具です。シェルフユニットにデスクを収納し省スペースに設置することができ、使用時にはデスクを引き出して通常の学習デスクとして使うことができます。デスク後方の脚部にはローラーが付いているので、軽快にデスクの出し入れができます。デスクを収納した際の奥行きサイズは、書棚やAVボードなどのリビングで使う家具に合わせているので、リビング空間にもスマートに設置することができます。使うときは引き出して奥行き835mmとなり、学習時に十分なスペースが確保できます。

■「見せる収納」と「隠す収納」を両立
シェルフユニットには、スライドカバー式の扉を付けました。扉をスライドさせるだけで棚全体を覆うことができるので、飾り棚としての「見せる収納」と、雑然としがちな参考書・学用品などを収納する「隠す収納」をワンタッチで切り替えることができます。リビングルームに設置してもインテリアの雰囲気を損なうことがありません。

■タブレット学習にも対応できるブックスタンド
シェルフユニット下段のスライド扉は、ブックスタンドとしても使えるようになっています。教科書や参考書を開いて置くことができ、またこれから普及が見込まれるタブレットPCを用いた学習にも対応できます。

■ラインナップ
スマートパッケージデスクには「Krilo」と、女児向けの「Calin」の2つのモデルをラインナップしました。「Krilo」はシンプルなデザインとナチュラルカラーのスタンダードモデルです。一方「Calin」は女児向けの仕様としてホワイトカラーとし、扉の取手などにハート型のデザインを取り入れました。

シェルフユニットの高さが異なるハイタイプとロータイプを品揃えし、使い勝手や設置場所に合わせて選ぶことができます。

またそれぞれのモデルに、すっきりと収納できる専用のチェアも品揃えしました。チェアの座面の下には、ランドセルなどを収納できるスペースを設けています。

□価格
スマートパッケージデスク「Krilo」ロータイプ デスクセット     125,000円(本体価格)
スマートパッケージデスク「Krilo」ハイタイプ デスクセット     155,000円(本体価格)
スマートパッケージデスク「Krilo」専用チェア             30,000円(本体価格)
スマートパッケージデスク「Calin」ロータイプ デスクセット     125,000円(本体価格)
スマートパッケージデスク「Calin」ハイタイプ デスクセット     155,000円(本体価格)
スマートパッケージデスク「Calin」専用チェア             30,000円(本体価格)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事