logo

◎ハイセンス、全豪オープンの公式スポンサーとアリーナの命名権を延長

ハイセンスグループ 2014年08月26日 14時52分
From 共同通信PRワイヤー

◎ハイセンス、全豪オープンの公式スポンサーとアリーナの命名権を延長

AsiaNet 57656
共同 JBN 0906 (2014.8.26)

【北京2014年8月26日PRN=共同 JBN】ハイセンス・オーストラリア(Hisense Australia)はハイセンスアリーナ(Hisense Arena)の命名権スポンサー契約を向こう3年間延長した、と発表した。また全豪オープンテニスの公式スポンサーとテレビ・冷蔵庫の公式サプライヤー契約を2017年まで延長する契約をTennis Australiaと結んだ。年ごとに繁栄するメルボルン・オリンピックパーク地区にあるハイセンスアリーナを利用した数多くのエンタテインメント、スポーツイベントが成功を収めている。数カ月以内にハイセンスアリーナはブランド名をファンの身近にアピールする一連の活動を発表する予定である。

Photo - リンク

ハイセンスとオーストラリアとの関係は過去8年の間、特別の展開を遂げ、現在ではオーストラリアの数百万の世帯ではハイセンスの製品が使用されており、超高解像度などの最新技術を駆使した製品に対する需要は大きく、市場占有率が拡大している。ハイセンスアリーナの命名権契約が最初に交わされた時、オーストラリアで知られてなかった企業を選択する決断が下された。ハイセンスはオーストラリア市場では新参者だったが、ブランドと製品に対する消費者の信頼が深まることで当時の決断が報われることになった。

ハイセンス・オーストラリアはその事業をメルボルン地区で開始したが、地元に対するコミットメントは数多くの利益となって帰ってきた。ビクトリア州でオーストラリアの大手ハイテク小売業界がリードした堅実な成長とともに、ハイセンス製品はこの国の小売業者の80%以上を通じて販売されている。

ハイセンス・オーストラリアのマーケティング責任者、アンドレ・イアヌッジ氏は「メルボルン・オリンピックパーク、Tennis Australia、それにハイセンスは世界レベルで成長を促進する最新のテクノロジーに支えられた質の高い消費者体験とサービスに焦点を当てている」と語った。

▽Hisense Australia Pty Ltdについて
ハイセンスは世界的なテレビ、冷蔵庫メーカーであり世界の130カ国以上で活動している。全世界で4000万人以上が毎年ハイセンス製品を購入して楽しんでいる。2006年にオーストラリアに進出して以来、ハイセンスはオーストラリアで最も急速に拡大したテレビ、家電ブランドの1つに成長した。全国で1000以上の有力小売店を通じて販売している。2006年に創業したHisense Australia Pty LtdはHisense Company Ltdの、オーストラリアに本社をおく子会社である。

ハイセンスのタブレット、テレビ、家電製品はBing Lee、JB Hi-Fi、Harvey Norman、The Good Guys、BSR、MYER、Radio Rentals それにRT Edwardsを含むオーストラリアの有力な全国的なエレクトロニクス小売業者で購入できる。

Twitter: www.twitter.com/Hisense_Aust
Facebook: www.facebook.com/HisenseAU
Instagram: www.instagram.com/HisenseAU

ソース:Hisense Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事