logo

サイバーセキュリティの脅威から企業のWebサイトを守るSaaS型サービス 「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクション」 提供開始

セキュリティ及び運用管理ソリューションの提供を主業務とする株式会社アズジェンは、横行するDDoS攻撃やWebサイト改ざん等の被害からWebサイトを守るためのクラウドサービス「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス」の提供を9月1日より開始します。

昨今の企業Webサイトは、DDoS攻撃やSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、DNSアタック、あるいはサイトコンテンツの改ざんや情報の詐取等、多様化かつ高度に複雑化したサイバーセキュリティの脅威に晒されています。また、攻撃の標的となった場合の影響は、自社の社会的信用の失墜を含めた企業活動への影響のみならず、図らずも顧客や取引先、あるいは全く無関係な他者への攻撃の「加担者」となってしまう可能性もあります。

そうしたサイバーセキュリティの脅威からWebサイトを守るソリューションとして、WAF(Web Application Firewall)が活用されています。しかしながら、攻撃の手法が日々進化し、複雑化している今日、その導入効果を最大化するには、最新のセキュリティ動向を鑑みた運用体制の維持が必要です。その点がサイバーセキュリティの専門家を持たない一般的な企業の悩みの種となっていました。

アズジェントが提供する「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス」は、WAFが持つ機能を、より企業が導入しやすいクラウド/SaaS型で提供します。本サービスにより、企業は大幅なシステム構成変更やサービス停止などを伴うことなくWAFの機能を手軽に導入することができます。

本サービスの根幹となるWAFの機能は、WAF市場のリーディングカンパニーとして高い評価を得ているIMPERVA社が提供するSaaS型クラウドWAFサービス「Incapsula」をベースにしています。Incapsulaのプラットフォームは常に世界のサイバーセキュリティ動向を踏まえて最適化された状態が維持されているため、利用者は複雑な設定を行うことなく導入の時点からすぐにその効果を発揮することができます。

そのサービスをベースに、アズジェントは導入支援、導入後の24時間365日のインシデント監視、ブラックリスト管理などの運用支援、月次レポートの作成、最新動向の提供など、あらゆるフェーズで利用される企業を支援します。

尚、サービス料金は月額98,000円から。初年度1.5億円の販売目標を見込みます。

このプレスリリースの付帯情報

Webサイトプロテクションサービス

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事