logo

“おすそわけ・プロジェクト”【第三弾】 世界初!小学生が描いた“バナナート”を集めて撮影した、 感動の食育バナナアニメーションが完成。

株式会社ユニフルーティー ジャパン 2014年08月25日 13時02分
From PR TIMES

チキータバナナ「ブランドサイト」にて2014年8月25日より公開スタート



チキータバナナで知られる株式会社 ユニフルーティー ジャパン(東京都江東区、代表取締役社長 小笹 洋司)は、バナナにより人と人との気持ちのシェアを促進する「おすそわけ・プロジェクト」の第三弾として、世界初※の「バナナートアニメーション」を8月25日から公開します。

本ムービーはバナナの日(8月7日)を記念して、横浜市内の小学生約100人を対象に、食育授業を兼ねたバナナートワークショップで撮影されました。『世界はみんなのシェアでまわっている。』をコンセプトに、バナナーティストのエンドケイプ氏の指導のもと、小学生たちが描いたバナナートを使用し、コマ撮りや回転盤など様々な技法で撮影、編集。世界初となるバナナートアニメーションとして、この度公開されます。

チキータバナナは、本ムービーを通じて生産国(フィリピン)と消費国(日本)との相互理解、『気持ちのシェア』をはじめとする様々な『シェア』を表現、世界中に発信していきます。

バナナート:「バナナ」×「アート」の造語。 ※:ユニフルーティージャパン PR事務局調べ

■WEBサイト名:チキータバナナ ブランドWEBサイト
■公開開始日 :2014年8月25日(月)
■URL:リンク

<撮影エピソード>
■バナナートで作る、「シェア・フルーツ」のメッセージを込めたアニメーション
今回用意したバナナは、約1500!小学生たちの協力によって描かれたバナナート作品は、教室や廊下に設置された特製レーンや回転盤などに装着し、コマ撮りなど様々な方法で撮影されることで、バナナートを使用した世界初のアニメーションとして完成しました。
生産者と消費者の相互理解のため、『バナナート』を使用し、わかりやすくエンターテイメント性あふれるアニメーションで伝えようとしました。

<アニメーションストーリー>
◆ストーリー概要◆
『この世界は、いろんな人たちのシェアでまわっている。』
自分が作る作物が、どこに運ばれて誰に届いているかを知らない。
自分の口に入る食物が、どこから来てどんな人が作ったのかを知らない。
作っている人はいるのに。食べている人はいるのに。でも、人々に育まれ、出荷され、家庭に届くバナナはそのすべてを知っている。

■小学校での撮影パート
エンドケイプ氏を講師に招き、小学生たちが食育授業やワークショップに楽しく取り組む様子や描いたバナナを特設レーンに設置し、撮影に協力する姿。また、十人十色の豊かな表情でバナナを頬張る小学生たちが描かれています。

■フィリピンでの撮影パート
映像の最後ではワークショップに参加してくれた日本の小学生たちへ、なんとフィリピンのバナナ農園の方々から、バナナートによるサプライズ・メッセージ映像が贈られました。
バナナートを通じて、フィリピンと日本の心の架け橋を生むことが出来ました。

▼バナナートとは
バナナの皮に押しピンで点描、その変色効果で絵を描くアート。


エンドケイプ氏 プロフィール


アーティスト・作詞家
バナナの皮をピンで刺し変色を利用して絵を描くバナナーティスト
としても活動し、国内だけでなく、海外からも取材を受ける程、
注目を集めている。
エンドケイプ | FITONE OFFICIAL WEB

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事