logo

情報コンセント対応型無線AP「AE1021/AE1021PE」販売開始のお知らせ

FXC株式会社 2014年08月22日 16時00分 [ FXC株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

マンション、ホテル、会議室等に最適な無線ネットワークソリューションをご提供

FXC株式会社では、2014年8月25日(月)より無線アクセスポイントの
製品群AccessEdgeシリーズに新製品「AE1021/AE1021PE」をライン
ナップに加え、販売を開始致します。



エンタープライズ向け総合ネットワーク機器メーカのFXC株式会社
【 本社:東京都台東区、代表取締役社長 谷輪重之 】では、情報
コンセント内に無線AP・有線LANポート・電話線ポート・電源接続
部等を一体化した無線アクセスポイント「AE1021/AE1021PE」の
販売を2014年8月25日(月)より開始致します。                                      

この情報コンセント対応型無線アクセスポイントは、本年6月に幕張
メッセで開催された、Interop Tokyo 2014「Best of show Award」
モバイル&ワイヤレス部門で、有力メディアの編集長・キーマンや
学術、ビジネス界の識者からなる選考審査において審査員特別賞を
受賞致しました。
審査員特別賞は、2014年に発表・発売予定のエントリーされた製品
の中から、専門家(審査員)の視点でその優秀性を高く評価された
製品に授与されるものです。

 


AE1021/AE1021PEは、
住宅・マンション・ホテル・オフィス・会議室・公共施設等の情報
コンセント内に埋込み、インテリア的にもすっきりとした、省スペ
ースで快適な無線LAN環境を実現する無線アクセスポイント。
本体前面部には、有線LANのRJ-45インタフェースと電話回線に接続
するRJ-11のインタフェースを装備、受電方法はVVFケーブルによる
AC電源タイプとPoE受電タイプの2種類を用意しており、それぞれの
設置環境に合わせてお選びいただくことが可能です。
【主な特長】
●最先端の設計
 情報コンセントサイズに無線アクセスポイント・有線LANポート・
 電話線ポート・電源接続部等を一体化した最先端の設計。
 無線は最大で150Mbpsをサポート。
●多彩なインタフェースを搭載
 RJ-45インタフェース及びRJ-11のインタフェースを搭載し、無線
 LAN環境だけでなく、有線LANによるネットワーク接続と固定電話
 の利用が可能。
●高速ギガビットイーサネットに対応
 有線LANの接続は、ギガビットイーサネット
 (1000BASE-T/100BASE-TX)対応で、高速大容量通信が可能です。
●柔軟な設置形態
 JIS規格のコンセントであればメーカを問わず設置可能。
 又、VVF受電・PoE受電に対応し、用途に合わせ機器を選択して
 設置可能。
●ルータ機能を搭載
 プロバイダー提供環境に応じて、
 RT(ルータ)モードとAP(アクセスポイント)モードの切替が可能。
 <2014年11月提供予定>
---------------------------------------------------------------------------------------------
■無線LANと有線LANとを相互にブリッジ接続を行う無線AP
■設定作業の少ない簡単設置の無線AP
■IEEE802.11b/g/n 準拠
■高速データ通信、最大150Mbps
■LANは10/100/1000Mbpsをサポート
■電話線のRJ-11を装備
■SSIDは、下記それぞれの暗号化をサポート
・SSID1 WPA/WPA2と共通Key
・SSID2 WEP(GAME機に使用)と共通Key
■AE1021はVVF Cable and Terminal φ1.6/φ2.0で給電できるAC100V
 仕様、AE1021PEはPoE(IEEE802.3at/af)給電装置から受電する仕様、
 環境に応じて、2つの電源タイプから選択可能
■QoS(WMM)をサポートし動画など映像情報に対応

◎標準価格:AE1021   ¥17,800 (税別)
      AE1021PE ¥17,800 (税別)
◎受注開始:2014年8月25日
◎出荷開始:2014年9月 2日

◎製品情報:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事