logo

ヒトクセ、リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」をクリック課金型アドネットワーク「Zucks Ad Network」の配信サーバーと連携

株式会社ヒトクセ 2014年08月21日 12時00分
From DreamNews

「Smart Canvas(スマートキャンバス)」を開発・運営する株式会社ヒトクセ(本社 : 東京都港区、代表取締役 : 宮崎 航)はリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」をクリック課金型アドネットワーク(※1)「Zucks Ad Network(ザックスアドネットワーク)」の配信サーバー(CDN(※2))との連携を2014年8月21日から開始しました。

【リッチメディア広告について】
リッチメディア広告は動画やアニメーションなど、静止画よりも豊富な表現を可能にし、広告効果の向上が期待されています。米国では市場が拡大しており、国内でも同様にリッチメディア広告に注目が集まっています。
現在、リッチメディア広告は、静止画広告と比較し、制作・配信費用が高価となるため、一部のブランディング広告(※3)を中心に利用されています。

【Smart Canvasについて】
動画広告やアニメーション広告など、リッチな表現をする広告の制作や配信、分析が可能となるプラットフォームで、DSP(※4)や「Zucks Ad Network」をはじめとしたアドネットワークなど、複数の広告配信サービスからリッチメディア広告を配信することができます。
「Smart Canvas」は、海外他社価格の1/3から1/10程度の低価格で、リッチメディア広告を配信可能なことから、ブランディング広告だけではなく、獲得系広告(※5)にもコストパフォーマンスを改善するためにご利用いただくことができます。

【Zucks Ad Networkについて】
「Zucks Ad Network」とは、月間100億インプレッション(※6)のスマートフォンに特化したクリック課金型のアドネットワークです。ウェブとアプリを横断したリターゲティング(※7)やオーディエンスターゲティング(※8)、動画や音声を利用した表現豊かなリッチアドの配信など豊富な配信メニューを提供しており、広告事業者は商品や目的に合わせた最適なプロモーションを行うことができます。

【株式会社Zucksについて】
URL :リンク
所在地 : 東京都渋谷区神泉町 8-16 渋谷ファーストプレイス 8階
代表者名 : 代表取締役 西園正志
事業内容 : スマートフォン向けアドネットワーク事業、スマートフォン向け成果報酬型広告事業、スマートフォン向けインターネットメディアの企画・運営、モバイル向けコンテンツ・検索連動型広告の導入支援

(※1) クリック課金型アドネットワーク : 複数の媒体に対し広告を配信するサービスで、配信された広告がクリックされる毎に課金されます。
(※2) CDN : Contents Delivery Network (コンテンツデリバリーネットワーク)Webコンテンツ配信のために最適化されたネットワークのことです。
(※3) ブランディング広告 : 主に認知を目的とした広告です。
(※4) DSP : Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告主が広告配信における作業を一括して管理できる広告配信プラットフォームです。
(※5) 獲得系広告 : アプリなど新規ユーザー獲得や商品購入などのコストパフォーマンスを高めるための広告です。
(※6) インプレッション : 広告の表示回数のことです。
(※7) リターゲティング : 広告主のサイトを訪問したユーザーの行動を追跡し、他サイトの広告枠上同じ広告主の広告を再表示し、再訪を促すことです。
(※8) オーディエンスターゲティング : 複数のサイトで行動履歴を利用し、行動が似たユーザーに対し、広告配信する手法です。

<会社概要>
株式会社ヒトクセ
代表取締役 : 宮崎 航
本社所在地 : 東京都港区4-8-1 シンシア六本木1202
URL : リンク

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ヒトクセ
E-mail :mail@hitokuse.com
Tel : 03-3403-0966
広報担当 : 濁沼(にごりぬま)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。