logo

中国ソーシャルメディア・分析セミナーを開催

株式会社ホットリンク 2014年08月20日 17時15分
From 共同通信PRワイヤー

2014年8月20日(水)

株式会社ホットリンク

ホットリンク、中国ソーシャルメディア・分析セミナーを開催
~中国市場で勝つためのソーシャル分析活用法~

【概 要】
株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区、証券コード:3680)は、8月27日(水)に、中国に進出する日本企業のビジネス展開を支援するためのセミナーを東京で開催します。
今回の取り組みは、ホットリンクの3つの成長戦略のうちの1つである「ソーシャル・ビッグデータ活用の、海外展開」施策の一環です。

【詳 細】
13億人が生活している中国。そしてその半数がすでにインターネットを利用し(※1)、中国独自のSNSにアクセスをしています。日本では企業がソーシャルメディア分析をする場合は、Twitter・blog・2ちゃんねるといったSNS媒体のデータを分析し、市場に提供する製品・サービスやTVCMの評価を調査することも一般的になってきていますが、中国本土でも同様にSNS媒体を利用した調査や効果測定が実施されるようになり、「新浪微博(シナウェイボー)」等の中国の承認するSNSサービスの分析は重要性が高まりつつあります。

中国において、ナショナルブランドの統合モニタリングサービスを手がける中国の普千(上海)商務諮詢有限公司(上海 董事総経理 宮田将士 以下普千) は、日系広告代理店、PR会社、ナショナルクライアントを中心に、中国市場で展開企業、ブランド、商品の広告、記事、口コミ情報の統合的モニタリングを行い、収集したデータをもとに、データ分析、レポート作成、マーケティング戦略、PR戦略、WEB戦略、コミュニケーション戦略コンサルティングサービス等を提供しています。

本セミナーでは、ホットリンクと普千が提供開始する「中国ソーシャルメディア分析サービス」のご紹介にあわせて、実際に中国市場のソーシャルメディア分析を行っている日本企業より、中国ビジネスにおけるソーシャルメディアデータの活用方法や成功事例についてご講演をいただきます。

是非、ご参加ください。

■セミナーのご案内・お申し込みはこちら
リンク

■こんな方におすすめです
・中国に進出している・進出予定の日本のグローバル企業
・中国国内のマーケティング調査に困っている企業
・中国に現地法人がなく、日本で中国の調査を行っている企業
・中国での各種マーケティング分析にお困りの企業

■セミナー概要
[開催日時]
2014年8月27日(水)14:00-16:00(受付開始13:30~ )

[プログラム]
・14:00-14:50 第一部
 中国市場におけるソーシャル分析の重要性とマーケティングへの活用について
 普千(上海)商務諮詢有限公司 董事総経理 宮田 将士 様
 概要:中国市場でも広がりつつあるソーシャル分析の現状とその重要性、更に分析結果の
 マーケティング戦略構築への活用方法等について、最新実例を挙げながら紹介します。

・15:00-15:50 第二部
 中国におけるソーシャルメディアのPRへの活用状況~実際の企業の事例から
 ベクトルチャイナ
 維酷公共関係諮問(上海)有限公司 営業マネージャー 木下研生 様

・15:50-16:00 質疑応答・終了
・16:00-17:00 個別相談会 ※任意参加

[開催会場]
株式会社オプト 大会議室
〒101-0054 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル5階

[定員] 20名

[受講料] 無料

[主催] 株式会社ホットリンク

[お問い合わせ]
株式会社ホットリンク
ソリューション事業部 TEL:03-5745-3902

※1 中国ネット人口が6億3200万人 リンク

■株式会社ホットリンクについて(リンク
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び風評をモニタリングする「e-mining」を、現在まで累計1600 社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、API を通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年 6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg 利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。
ホットリンクの成長戦略は、ソーシャル・ビッグデータ活用の、
1.マーケティング分野での浸透
2.多様な産業への展開
3.海外展開
の3つです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。