logo

与信管理の効率化を実現!「D&B Market Integrator3(設置型)」を8/20(水) 発売開始

株式会社東京商工リサーチ 2014年08月20日 14時53分
From 共同通信PRワイヤー

2014年(平成26年)8月20日

株式会社東京商工リサーチ リンク

与信管理業務の効率化&貸倒リスク最小化を実現!「D&B Market Integrator3(設置型)」 リンクを8/20(水) 発売開始
~世界最大の企業データベースを提供する 株式会社 東京商工リサーチ リンク

日本および世界の企業情報を提供しております日本最大級の企業情報提供会社である株式会社 東京商工リサーチ(本社:東京都千代田区大手町1-3-1 社長:菊池 昭一 以下TSR)は、この度、グローバルデータベースを素早く、手軽に管理・分析できるソリューションパッケージ「D&B Market Integrator3(設置型)」 リンクを8月20日(水)に発売いたします。

【D&B Market Integrator(マーケットインテグレーター)とは?】
「D&B Market Integrator」 リンクは、与信管理の重要な3要素である“債権情報”、“与信限度額”、“企業情報”を統合。与信管理の業務領域の大半をカバーする機能を備え、お客さまが企業データを分析するために構築していたシステムを短期間に低コストでご提供できるようにしたソリューションパッケージです。
「D&B Market Integrator」 リンクは、主にお客さまの用途に合わせ「クラウドサービス型(クラウド型)」、「自社サーバー設置型(設置型)」が選択可能で、今回「自社サーバー設置型(設置型)」をバージョンアップいたしました。

【D&B Market Integrator(マーケットインテグレーター)導入の効果】
「D&B Market Integrator」 リンクをご利用いただくことで、TSRが提供する世界最大級のグローバルデータを、システム開発なしで、すぐご利用いただけます。
また、実務面でも債権情報と企業情報を統合することで、階層的かつ柔軟なデータベースを構築し、リスクを自動処理で算出。さらに視覚的にもわかり易い構造となっており、通常、自社で与信管理システムを開発するよりも格安で、与信管理業務の効率化と精緻化が実現可能となります。

【D&B Market Integrator3(設置型)の主な特徴】
1.主な特徴
・評点、リスクスコアによる格付の自動付与
TSRの格付基準である“評点”と倒産リスク指標である“リスクスコア”の2軸で格付付与・債権残高を集計。

・与信限度額を自動算出
一般的に用いられる与信限度額ロジックで与信限度額を算出。

・債権全体の分布を視覚的に把握
現在保有する債権がリスクの度合いで色分けされており、全体の分布が視覚的に把握可能。

2.主な機能
【検索機能】検索(キーワード)、高度な検索
【データ参照機能】TSRデータの参照(企業情報3300byte、財務情報2700byte)、D&Bデータの参照(WorldBase、Decision Support、Financial Standing)、債権データの参照
【オンライン機能】オンラインデータ購入、オンラインDUNS付与
【データ移動機能】インポート、エクスポート
【自動算出機能】格付の付与、与信限度額の算出、与信管理レポート

3.動作環境
Microsoft Dynamics CRM 2013、Microsoft SQL Server 2012に対応しています。

4.価格
【設置型】初年度年間ライセンス \4,550,000/年間 4ユーザー(他、管理者用1ユーザー)
【クラウド型】初年度年間ライセンス \2,550,000/年間 4ユーザー(他、管理者用1ユーザー)
※上記のほかオンラインからデータを取得する場合、パケット料金が別途かかります。
※導入サポート、トレーニングなどにつきましては別途ご相談下さい。
■価格詳細はコチラをクリック 
リンク

■商品詳細はコチラをクリック
リンク

【ご興味のある方のお問い合わせに関して】
大変お手数でございますが、下記の手順でお問い合わせしていただけますようお願い申し上げます。
1.以下の「資料請求・お問い合わせ」URLをクリックしてください。
リンク
2.資料請求種別:下から2番目の「データ管理・分析」を選択
3.資料請求の種類:右上から2番目の「Market Integrator(パッケージ商品)」を選択
4.ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。

【担当部署】
[会社名]株式会社東京商工リサーチ
[部署名]カスタマー本部
[TEL]03-6910-3111
[Email]info@tsr-net.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事