logo

電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用化学品・材料の世界市場が高い成長予測 米ドルに成長

-世界市場規模は2020年に76億

フロスト&サリバンは8月19日、電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池に用いられる化学品・材料の世界市場が2020年までに高い成長が予測されるとの分析を発表した。

フロスト&サリバンが新たに発表した「電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用化学品および材料の世界市場分析」によると、EV*向けリチウムイオン電池に用いられる化学品および材料**の世界市場***は2020年にかけて高い成長が見込まれており、同市場規模は2013年の3億8190万米ドルから2020年に76億米ドルに到達する予測となっている。 リチウムイオンはその性能と安全性から、EV向けの最適なバッテリーとなっており、2020年以降には、リチウムイオン電池をしのぐ次世代のEV向け化学電池や素材の誕生も期待される。

* EVには、バッテリー式EV (BEV)、ハイブリッドEV(HEV)、プラグインハイブリッドEV(PHEV)、航続距離延長型EV (EREV: Extended Range Electric Vehicle) を含む
**正極活物質、負極活物質、電解質混合物、セパレータ、バインダが対象 
***北米、欧州およびアジア太平洋地域の3地域が対象

「電動パワートレインに向けた期待や法的拘束力を持つ新たな燃料基準、リチウムイオン電池技術の進化は、OEMによるパワートレインを活用した自動車製造をさらに促進するものとなる。これによって、EV向けリチウムイオン電池に用いられる化学品および材料の世界市場は、早いペースでの成長が予測される」と、フロスト&サリバンの化学・素材・食品・原料部門のコンサルティングアナリストであるカミロ・カスタネーダは述べる。「同市場での売上を拡大するには、市場参加者はリチウムイオンの化学品開発のスピードアップにつながるジョイントベンチャーの立ち上げや他企業の買収を実行し、低コストで高性能な材料を提供する方策が考えられる。」

「EVの世界市場においては、リチウムイオン電池の高いコストが目下の大きな課題であるため、リチウムイオン電池に使用される化学品や材料を安価で提供することが極めて重要である。ひとたびこれが達成され、リチウムイオン電池の製造が拡大されれば、ガソリンエンジン車とは比較にならないものの、高性能でより低価格のEVが開発可能となるだろう」と、カスタネーダは述べる。

リチウムイオンの化学品および素材メーカーは、EVに対する消費者の多様な認識についての対処も必要である。EVの環境を配慮した性能や革新性を評価する消費者がいる一方で、多くの人々が、充電やインフラ整備、走行距離などのデメリットによって不便であると認識している。

「EV向けのリチウムイオン電池用化学品・材料の開発を行っている大企業でも、同市場のマーケットポテンシャルを引き出すためには、広大な技術的知見を必要としている。EVの課題に対応するために技術面での機能強化に継続的に取り組むことが、同市場における成功の重要な要素である」と、カスタネードは述べる。

**********************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


本件に関するさらに詳しい情報は、下記までお問い合わせ下さい:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル
電話:03-4550-2215  FAX:03-4550-2205 
E-mail: anna.tsuji@frost.com

※「フロスト&サリバン インターナショナル」は、「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」に社名変更しました

日本語オフィシャルウェブサイトを開設しました:
www.frostjapan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事