logo

◎パーフェクトワールドが2014 ChinaJoyでの展示を成功裏に終了

北京完美時空網絡技術有限公司(パーフェクトワールド) 2014年08月19日 10時52分
From 共同通信PRワイヤー

◎パーフェクトワールドが2014 ChinaJoyでの展示を成功裏に終了

AsiaNet 57599
共同JBN 0891 (2014.8.19)

【北京2014年8月18日PRN=共同JBN】第12回ChinaJoyは7月31日から8月3日までShanghai New International Expoで開催された。優れたゲームデベロッパー、大手メディア組織、多数のプレーヤーが全世界から集まり、4日間のゲームイベントを楽しんだ。

前回のChinaJoyゲームショーの有力展示企業の1つである完美時空有限会社(パーフェクトワールド)は「HiFuture!」のテーマの下、多数のゲームをプレーヤーに提供した。この中には、人気絶頂のエンドユーザーゲームのDOTA2とLegend of the Condor Heroes ZERO、モバイルゲームのReturn of the Condor HeroesとForsaken World、ウェブゲームのGod of Destruction of Ice and Fire、コンソールゲームのNeverwinter Onlineがあり、他では経験のできない楽しみを世界中のプレーヤーに提供した。

パーフェクトワールドのシャオ・ホン最高経営責任者(CEO)は今年のChinaJoyに出席した際、ゲームセクターが教育、ヘルスケア、映画、テレビ、金融など他の分野と将来は融合すると語った。ゲームに対する考え方は、ゲームが生活の健全な人生観を提示するようになって進化した。パーフェクトワールドの今年のテーマ「HiFuture!」は、先進的な技術を盛り込んだ多数のデバイスを設置して、斬新なコンセプトを備えた新しい展示ホールの構築に重点的に取り組んだ。さらに、パーフェクトワールドはプレーヤーに新しいエンターテインメント経験を提供するためにクラシックなゲーム要素をホールに盛り込んだ。

ゲームのスライドショー、フォッグスクリーン・プロジェクション、ダンシング・ロボットなどを含む展示エリアの多くのセッティングは、見学者に全く新しい経験を提供した。

パーフェクトワールドはまた、プレーヤーがグループ写真を撮影する際に利用する人気のあるゲームシーンをシミュレートした面白い背景や、ゲーム機材と触れ合うゾーンを含むエリアも設置した。さらに、写真撮影用の壁紙、10年を回顧する壁紙、回転する手形などもセッティングとして追加され、すべてが見学者の好評を呼んだ。

体験ゾーンには待望の新規ゲームがいくつか展示されたため、このゾーンはN3ホール全体で最も人気があり、大きな人だかりができる場所となった。4日間の展示期間中に、デモ展示ゾーンは、プレーヤーが新しいゲームに希望したものを体験できるため世界中のプレーヤーが詰め掛けた。このゾーンで提供されたゲームは、新しいエンターテインメント体験を満喫することを望む幅広いプレーヤーを制約するものは一切なく、プレーヤーがゲームに示す情熱は尽きることがないことを示した。

パーフェクトワールドは7月31日から8月3日まで、最新の高度なゲームと関連製品を展示する一方、見学者に新しいエンターテインメント体験を提供した。世界中の期待に応えるため、同社は同社のグローバルな極上品戦略と興奮度を向上させたエンターテインメント体験にコミットするとともに、ゲーム体験を新しいセクターに押し広げて伝統産業とゲーム産業の融合を推進し、世界のどこにいようとも誰もがアクセスできるエンターテインメント体験を提供していく。

(Logo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク

ソース:Beijing Perfect World Network Technology Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。