logo

リアルタイムに事象を分析してアクションを自動化し、意思決定の時間を削減する「SAS(R) Event Stream Processing Engine」を国内で提供開始


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は、金融、製造、流通・サービス、通信、電力・ガスなどの幅広い業種における、ビッグデータのストリーミングをリアルタイムで分析して、意思決定の時間を劇的に削減する「SAS(R) Event Stream Processing Engine」を国内で提供開始しました。

SAS Event Stream Processing Engineは、複合ストリーミング処理ソフトウェアの一種で、ハイスピードかつレイテンシーを最小限にしたストリーミング処理と、実績あるSASのアナリティクスを組み合わせています。リアルタイムで発生したデータを即理解して、パターンの検出、イベントの評価、およびビジネスの状況を把握し、事前に定義したフローによってイベントに応じたアクションを継続的かつ自動的に実行します。これによって、リアルタイム性が要求される業務に幅広く適応可能です。

さらなる競争優位性を目指す組織では、日々の意思決定やビジネス・プロセスにアナリティクスを組み込み、リアルタイムに処理し監視する必要性が増しています。現在の技術では、過去に発生し蓄積されたデータをもとにアナリティクスを行っていますが、SAS Event Stream Processing Engineを活用することによって、高速に発生するビッグデータを、発生と同時に処理することで、リアルタイムな意思決定を実現します。

SAS Event Stream Processing Engineは、銀行、証券、保険などの金融関連の企業におけるリスク管理やコンプライアンスのためのリアルタイムのデータ分析に対応します。外部からのマーケット情報や社内のストリーム・データの継続的なデータ分析を、蓄積されたビッグデータと統合して処理できます。また、証券会社のトレーディング監視や不正検知から、製造業における機器の故障検知のためのセンサーデータの分析、高度な需要予測のためにスマートメーターが生成するデータのリアルタイム処理、大量のモバイルデバイスを対象にしたリアルタイム・マーケティング・オートメーションまで、さまざまな顧客ニーズに対応します。

主な特長:
・イベント・ストリーム処理によって継続的に発生するイベント毎にデータを分析できるため、これまで時間の経過により損失していたパターンの検出や価値を捕捉することが可能。
・リアルタイムな意思決定をするための洗練されたイベント・ストリーム分析を提供します。定義済みの高度なアルゴリズムを含む包括的かつ先進的な方法は、データ操作、クレンジング、および、イベント・ストリームの理解を可能にします。
・複雑なロジックやプロセッシング・ロジックを処理します。着信イベントを分割する機能は、より良いパフォーマンスを得るために、帯域幅を節約するだけでなく、複雑なイベントのために複数の処理経路を生成することができます。
・強力な記述言語と手続き型フローは、複雑なプロセッシング・ロジックを処理するためのより良い方法を提供します。
・マシンデータ/センサーデータを収集するPI System(OSISoft)やAxeda Machine Streams、JMSなどに対応しており、処理したストリーミング・データはHadoop、「SAS(R) LASR Analytic Server」(SASのインメモリ・アナリティクス・サーバー)やその他のデータベースに格納することができます。
・問題を発見し、すぐに是正措置をとることができます。独自のパターン・マッチング機能を使用すると、連続的なまたは時間的なイベントを定義することができます。
・イベントに含まれるテキスト情報を読み取り、抽出した言葉やフレーズの分類が可能です。これにより高頻度で発言されている言葉をリアルタイムに検出することができます。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事