logo

夏休み子ども見学デーに出展

JOGMEC 2014年08月19日 10時17分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、8月6日・7日の二日間、職場見学や政策教室等を通して経済産業省の活動について理解を深めていただくイベント、「夏休み子ども見学デー」(於、経済産業省)に、石油・海底鉱物資源・地熱に関する展示ブースを出展しました。

 本イベントは、「子ども霞が関見学デー」として、子どもたちが広く社会を知る機会の提供を目的に、文部科学省を中心に始まりました。今年は8月6日(水)・7日(木)の二日間、24府省庁等が職場見学や業務説明等を実施しました。JOGMECは昨年に引き続き、今年も石油・海底鉱物資源・地熱の3つの資源分野について体験型ブースを出展しました。   

■JOGMEC展示ブース概要
1.「石油の回収のしくみを知ろう」
石油回収デモンストレーション、石油コアサンプル展示等

2.「本物の海底資源にさわってみよう」
マンガン団塊タッチプール、ペーパークラフトの作成等

3.「君も地熱博士になろう!」
手回し発電機体験、地熱発電原理模型展示等

 二日間のイベントで3,221人にご来場いただき、JOGMECブースでは普段目にすることの出来ない様々な資源に触れることを通じてJOGMECの活動やエネルギー資源についての理解を深めていただきました。
JOGMECは、今後も資源エネルギーの重要性とJOGMECの役割を周知するため、こうしたイベントに積極的に参加してまいります。

■経済産業省 夏休み子ども見学デーHP
リンク
    
   

      
→ 詳細を読む
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事