logo

ゲーム業界向けWebセミナー開催のご案内

~SDL Passoloでゲームコンテンツのローカライズ環境を革新する~

SDLジャパンは、ゲーム業界およびゲームの翻訳業務に携わる方を対象に、ソフトウェアローカリゼーションツール「SDL Passolo」をご紹介するWebセミナーを開催します。

SDLジャパン株式会社(本社:英国メイデンヘッド、日本法人:東京目黒区、LSE:SDL以下、SDL)は、ゲーム業界およびゲームの翻訳業務に携わる方を対象に、ソフトウェアローカリゼーションツール「SDL Passolo」をご紹介するWebセミナーを開催します。

ゲームローカライズの現場では、エクセルでコンテンツを管理しながら翻訳作業を行っているケースがよく見られます。その一方で、制作過程において頻繁に原文の変更が発生するため、担当者は煩雑な修正管理とスケジュールのデッドライン管理に苦労をしています。

SDL Passoloはソフトウェアのグローバル化やライフサイクルの短縮により、品質を保持しながらスピーディーに効率よくローカライズし、アジャイルソフトウェア開発に対応する翻訳管理機能を持っています。本セミナーでは、SDL Passoloのデモを交えながら、これらの機能がエクセルベースのゲームコンテンツローカライズの要求にもマッチし、合理的な翻訳制作環境として有効である点についてご紹介します。

<本セミナーでご紹介するSDL Passolo 2011の主な機能>
・ Excelファイルを読込み、グロッサリーや/過去のプロジェクトからの翻訳文の再利用
・ テキスト文字数チェックやドット数等のQAチェック機能
・ 原文変更や追加、削除等が発生した場合にプロジェクトへ反映する機能
・ 複数のチームメンバーに翻訳作業を止めずにFTPサーバーを介して変更された原文の更新データを配布するアジャイルなローカライズプロセス
・ 時系列で翻訳変更履歴を管理する機能

<開催概要>
日時:2014年8月29日(金) 14:00~15:30
対象:ゲーム業界およびゲームの翻訳業務に携わる方、
Excelフォーマットでローカライズを進めている方
参加費:無料
お申込み:以下のページからお申し込みください。
リンク

<SDL Passoloについて>
SDL Passolo は、ユーザーインターフェイスの翻訳に特化したソフトウェアローカリゼーションツールであり、翻訳スピードを大幅に向上させます。 使いやすく、プログラミングの経験も必要ありません。 SDL Passoloは、スタンドアロンのアプリケーションとしてはもちろん、SDL TradosやSDL MultiTermといったその他のSDL製品に統合された環境でも、手動、自動を問わずローカリゼーションワークフローを大幅に最適化します。詳しくは、リンクをご参照ください。

<SDLについて>
SDL(LSE:SDL)は、企業が顧客とのきずなを深めるために、すべてのカスタマージャーニーにおいて顧客に最適なカスタマーエクスペリエンスを提供する支援をしています。SDLのWebコンテンツ管理、分析、ソーシャルインテリジェンス、キャンペーン管理、翻訳サービスは、データに基づくインサイトの活用によって顧客のニーズを包括的に把握し、適切なコンテンツとコミュニケーションを組み合わせ、言語、文化、チャネル、デバイスの垣根を越えて魅力的かつコンテクストに合ったカスタマーエクスペリエンスの提供を可能にします。SDLは、世界38か国に70か所オフィスを展開し、1,500社以上のグローバル企業のビジネスをサポートしています。グローバルトップブランド100社のうち72社がSDLを利用しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事