logo

Brocade、ANZ担当専務理事にGary Denmanを任命

Brocade 2014年08月14日 17時55分
From JCN Newswire

業界第一人者が、オーストララシア地域のソフトウェアネットワーキングの急成長を推進

Sydney, Australia, Aug 14, 2014 - ( JCN Newswire ) - Brocade (NASDAQ: BRCD)は、Gary Denmanをオーストラリアおよびニュージーランド(ANZ)担当専務理事に任命したことを、本日発表しました。Denmanの職務は、ANZ地域の同社の事業や市場参入戦略の指揮で、特に地域のソフトウェアネットワーキング市場の成長加速に重点を置きます。彼はオーストラリアのシドニーを拠点に活動する予定で、直属の上司はアジア太平洋地域(APAC)担当VPのAdam Juddとなります。

Denmanには、20年以上にわたり、エンタプライズ技術と販売を率いてきた経験があり、それをBrocadeで活かしていきます。彼は最近まで、ポリコム社ANZ代表取締役を務め、ユニファイドコミュニケーション市場で同社の地域内での成長を牽引しました。ポリコムに入社した2012年より前には、18年以上、マイクロソフト社に勤務し、英国、オーストラリアおよびマレーシアで管理職を務め、成長機会と顧客機会の開発のため、大人数のチームを率いる責任者でした。

「ANZ地域は、アジア太平洋地域で次世代高速ネットワークがもっとも進歩している市場で、地域全体でSDN (Software-Defined Networking)とネットワーク機能仮想化(NFV)の重視を強めているBrocadeにとって、戦略的な重点市場であり続けています。」と、Brocadeアジア太平洋地域担当VPのAdam Juddは述べました。「Garyには、商業、政府関連、およびサービスプロバイダセクターでお客様第一の組織を作り上げ、強力にビジネス成長を進めてきた実績があります。Garyは、ANZでの成長加速に欠かせない役割を果たすでしょう。我々は、ソフトウェアネットワーキング市場で起きている流れを捉えることで、彼がお客様とパートナーに多大な価値をもたらすと確信しています。」

「BrocadeがSDNとNFVのイノベーション開発で主導的立場を固め、ネットワーキングの現状を打開するために行っている努力は、印象的で比類ないものです。」と、Gary Denmanは述べました。「このように歴史的な時に、現行インフラに容易に統合できるオープンネットワーキング技術を使って、お客様とパートナーが変化を捉え、機会を最大化する支援を行うため、Brocadeに入社することを私は光栄に思います。」

Brocadeについて

Brocade(c) (NASDAQ: BRCD)ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com リンク )

ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、VCS、VDX、Vyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、The Effortless NetworkおよびThe On-Demand Data Centerは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、他社の商標の場合があります。

(c) 2014 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

BROCADE MEDIA CONTACT
Brocadeアジア太平洋地域コーポレート広報
Wendy Lang
電話:+65 6317 2464
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Einsteinz Communications
Cathryn van der Walt
電話:+61 2 8905 0995
cathryn@einsteinz.com.au

概要:Brocade

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。