logo

◎Pembina Pipeline Corporationが好調な2014年第2四半期決算を発表

Pembina Pipeline Corporation 2014年08月11日 18時15分
From 共同通信PRワイヤー

◎Pembina Pipeline Corporationが好調な2014年第2四半期決算を発表

AsiaNet 57546
共同 JBN 0868 (2014.8.11)

【カルガリー(カナダ・アルバータ州)2014年8月9日PRN=共同JBN】
*すべての財務指標は断り書きがなければ、カナダドルである。このニュースリリースには、Pembina Pipeline Corporation(以後「Pembina」ないしは「同社」と表記)の経験および同社の歴史的トレンドの知見に照らした現在の予想、見積もり、予測、想定に基づく同社の将来予測に関する記述および情報が含まれている。実際の結果は、この将来予測に関する記述によって表明ないしは指摘されたものとは実質的に異なる場合がある。詳細についてはここに添付した「Forward-Looking Statements & Information」と2014年6月30日までの期間向けの同社Management's Discussion & Analysis(MD&A)を参照。このニュースリリースはここで確認されているように、一般会計原則(GAAP)に定義されていない財務指標に言及している。GAAPで定義されていない指標に関する詳細はここで詳述している「Non-GAAP and Additional GAAP Measures」と、ウェブサイトwww.sedar.comで閲覧可能なMD&Aを参照。

Pembina Pipeline Corporation(以後「Pembina」ないしは「同社」と表記)(TSX: PPL; NYSE: PBA)は9日、2014年第2四半期に好調な財務および営業実績を達成したと発表した。

▽財務概観

($ millions, except where noted)       3 Months Ended       6 Months Ended
                                           June 30               June 30
                                        2014     2013        2014       2013
Revenue                                1,606     1,175       3,365     2,424
Net revenue(1)                           360       295         807       610
Operating margin(1)                      269       208         619       448
Gross profit                             214       177         516       381
Earnings                                  77        93         224       184
Earnings per common share - basic
and diluted (dollars)                   0.21      0.30        0.65      0.61
EBITDA(1)                                 235       185         551       396
Cash flow from operating activities       155       151         416       383
Cash flow from operating activities
per common share - basic
(dollars)(1)                             0.48      0.49        1.30     1.27
Adjusted cash flow from operating
activities(1)                              191       150        455       352
Adjusted cash flow from operating
activities per common share -
basic (dollars)(1)                         0.59       0.49      1.42     1.16
Common share dividends declared            140        125        274      246
Preferred share dividends declared           7                   13
Dividends per common share (dollars)        0.43      0.41       0.85     0.81
Capital expenditures                       298        223        585      360


(1)「Non-GAAP and Additional GAAP Measures」を参照

Pembinaのミック・ディルガー社長兼最高経営責任者(CEO)は「2014年第2四半期、Pembinaは好調な財務実績を達成するとともに、新規投資計画に追加の4億6000万ドルを5月に確保し、配当を3.6%増額した。当社の調整済みキャッシュフローは、現行の事業活動と、当社のConventional Pipelines業務部門のPhase I拡大計画の完了およびSaturn I施設の開始によって増えている。当四半期に発表された当社のRedwaterサイトの3番目の分留装置が操業を開始すれば、現在の当社施設での分留能力は3倍となる」と語った。

ディルガー社長はさらに「大半の指標で記録的な業績を記録した当四半期の財務実績と現在までの建設計画での肯定的な結果に加え、安全に関しても当社が順調な結果をもたらしたことを大変うれしく思う。Redwater II建設計画で10万時間の無事故工数を記録し、2014年前半でPembinaは障害でも記録可能な損失時間が全くなく、両方とも驚くべき成果である」と語った。

売上高は2014年第2四半期に、前年同期の12億ドルから37%増の16億ドルを記録、2013年前期と比べても39%増えた。純利益は2013年同期の2億9500万ドルに対し、3億6000万ドルと22%増えた。今回の増益はPembinaのMidstream事業部門の好調な業務に起因しており、売上高増加と好調な価格設定に加え、Saturn I施設、原油・コンデンセート・液化天然ガス(NGL)のConventional Pipeline事業拡大(Phase I Expansions)の新規資本投資がもたらした収入の結果である。2014年の年初来の純利益は前年同期の6億1000万ドルに対して8億700万ドルだった。前年同期に比べて増加したのは2014年第2四半期の大きな収益と純利益に寄与した同じ要因に起因している。

2014年第2四半期の事業費は9100万ドルで、整合性を保つ支出タイミングの理由から2013年第2四半期と同じだった。2014年6月30日までの6カ月間で、事業費は前年同期の1億6800万ドルに対して1億8600万ドルだった。2014年上半期の事業費が増えたのは主に、サービス、特に同社のConventional Pipelines事業部門のPhase I拡大と同社のGas Services事業部門のSaturn I施設の新規資産のたまものである。

2014年第2四半期の営業利益は2億6900万ドルで、2億800万ドルだった前年同期よりも29%増えた。2014年前期の営業利益は前年同期の4億4800万ドルに対し6億1900万ドルだった。この増加は主に、上記で説明した収益、純収入、営業支出に影響した同じ要因に起因する。

2014年第2四半期の減価償却費および償却は、2013年同期の3200万ドルに比べて5100万ドルに増えた。この増額は主に、同年前期に比べて2014年第2四半期の非主力の輸送資産の1300万ドルの減損とPembina資産ベースの増加に起因する。事業に含まれる2014年6月30日までの減価償却および償却は、前述と同じ理由で2013年上半期の7400万ドルに対して1億300万ドルとなった。

収益および営業利益が増加したのは、2014年第2四半期の2億1400万ドルの粗利益と同年前期の5億1600万ドルの粗利益が寄与した。前年同期の粗利益はそれぞれ1億7700万ドルと3億8100万ドルだった。これはそれぞれ21%と35%の増額を示している。

2014年6月30日までの第2四半期と上半期において、Pembinaはそれぞれ3300万ドルと6800万ドルの一般経費および経営経費(企業減価償却費および償却費を除く)を支出した。前年同期ではそれぞれ2300万ドルと5500万ドルだった。この増加は主に、2013年第2四半期および同年上半期に比べPembinaが成長したことに伴う新規雇員とコンサルタントの追加と、同社株価が上がったことから生じた短期および株式報償金支出の増加に起因している。株価が1ドル変化すると、Pembinaの株式ベース報奨金支出は年間約100万ドル変化するとみられている。

2014年第2四半期の純財務費用は、2013年同期の2500万ドルに対して5000万ドルだった。2014年上半期の純財務費用は前年同期の7600万ドルに対し1億1100万ドルだった。純財務費用が増加したのは主に、2014年第2四半期および上半期のPembinaの普通株価が上昇した結果、同社の転換社債の転換費用の再評価に関連する潜在的損失が増加したことと、2014年4月4日の6億ドルの無担保優先中期債権発行に関連する配当支出が増えたことに起因している。

2014年第2四半期の所得税は、当期税1500万ドルと繰り延べ税3600万ドルを含め5100万ドルだった。2013年同期の当期税と繰り延べ税は、それぞれ900万ドルと2300万ドルだった。当第2四半期の当期税は、2013年の特定の税プールを全面的に活用したため増えた。繰り延べ収益の税支出は、資産と債務の会計および課税基準の差額のために上昇した。2014年6月30日までの6カ月間の所得税支出は当期税4900万ドルと繰り延べ税5800万ドルを含め、1億700万ドルだった。前期の該当四半期税は1300万ドル、繰り延べ税は4900万ドルだった。

Pembinaは2014年第2四半期、2億3500万ドルのEBITDAを挙げた。前年同期は1億8500万ドルだった。また2014年上半期のEBITDAは、前期の3億9600万ドルに対し5億5100万ドルだった。この増加は主に、前述の新規の資産、拡張、サービスからの収益を含め、Pembinaの事業における事業活動が向上した結果に起因している。

2014年第2四半期の同社の収益は、7700万ドル(1普通株当たり0.21ドル)に減少した。事業収益が増加したにもかかわらず収益が減少したのは、所得税支出と純財務費用が増えたことに加え、前述したように2014年6月30日までの第2四半期の非主力輸送関連資産の減損に伴う減価償却が増加したことに起因している。2014年前期の収益は、2億2400万ドル(1普通株当たり0.65ドル)だった。前年同期は1億8400万ドルだった。前年同期比で増えたのは主に、2014年前期の事業収益が前年同期と比べて好調だったことが理由である。

2014年第2四半期の事業活動のキャッシュフローは前年同期の1億5100万ドル(1普通株当たり0.49ドル)に対し、1億5500万ドル(1普通株当たり0.48ドル)だった。この増加は主に、事業活動の向上に加え、2013年同期よりもキャッシュ以外の運転資金が減少したことが起因した。2014年6月30日までのキャッシュフローは、4億1600万ドル(1普通株当たり1.30ドル)だった。前年同期は、3億8300万ドル(1普通株当たり1.27ドル)だった。この増加は主に、事業活動の業績向上と2013年の微増に比べて2014年のキャッシュ以外の運転資金の縮小に起因している。

2014年第2四半期の事業活動の調整済みキャッシュフローは、1億9100万ドル(1普通株当たり0.59ドル)だった。2013年第2四半期は、1億5000万ドル(1普通株当たり0.49ドル)だった。2014年6月30日までの事業活動の調整済みキャッシュフローは4億5500万ドル(1普通株当たり1.42ドル)だった。前年同期は、3億5200万ドル(1普通株当たり1.16ドル)だった。2014年第2四半期および同年前期の増加は主に、当期税、株式ベースの支払い支出、申告済みの優先株配当が増加したにもかかわらず事業活動のキャッシュフローが増加したことにある。

▽営業実績
                
                                       3 Months Ended        6 Months Ended
                                           June 30               June 30
(mbpd, except where noted)(1)            2014    2013         2014     2013
Conventional Pipelines throughput         573    484           563      489
Oil Sands & Heavy Oil contracted
capacity                                 880     870          880      870
Gas Services average volume
processed (mboe/d) net to
Pembina(2)                                87      48           88       49
Midstream NGL sales volume                105      94          119      108
Total volume                            1,645    1,496       1,650    1,516

(1)mbpdは日量1000バレル
(2)6:1レシオで100万立方フィート/日(MMcf/d)から原油換算1000バレル/日に転換処理されるガスサービス平均量

                              3 Months Ended
                                   June 30
                                  2014                           2013
($ millions)  Net         Operating          Net           Operating
                Revenue(1)       Margin(1)        Revenue(1)      Margin(1)
Conventional
Pipelines              122         77              101            65
Oil Sands &
Heavy Oil               48         33               51            33
Gas Services             39         26               28            17
Midstream               151        131              114            92
Corporate                             2              1             1
Total                    360        269             295           208

                                  6 Months Ended
                                     June 30
                                2014                       2013
($ millions)         Net      Operating           Net      Operating   
                  Revenue(1)  Margin(1)        Revenue(1)   Margin(1)  
                              
Conventional
Pipelines           239         154               197             126
Oil Sands
& Heavy Oil         100          67                94             64
Gas Services          81          55                56             36
Midstream            387         340               262             220
Corporate                          3                 1              2
Total                 807        619               610            448


(1) 「Non-GAAP and Additional GAAP Measures」を参照

*Conventional Pipelineにおける2014年第2四半期と上半期の財務および営業業績は、Phase I Expansionが2013年12月にサービスを開始したことが主な理由となって、前年同期に比べ向上した。両期の向上した収益は、主としてパイプライン完全性、環境および安全上の問題、生産量増大とPhase I Expansionに関連する営業経費の増大によって部分的には相殺された。Phase I ExpansionはPeace Pipelineの原油およびコンデンセートの生産量が40 mbpd、Peace PipelineとNorthern SystemのNGL(液体天然ガス)生産量が52 mbpd増加した。

*Oil Sands & Heavy Oil部門の第2四半期の実績は、事業費を通じたフロー低下が原因で純益減となったにもかかわらず前年比と変わらず。同部門の前年同期との比較で2014年上半期の純益増と営業利益率が増加したことは、主として2014年同期にNipisi Pipelineの輸送量が増加したことによる。これは2013年第2四半期にサービスを開始したシステムで新規のポンプステーションが完成したためである。

*2014年第2四半期と上半期のGas Services部門の財務および営業業績は前年同期に比べて向上したが、これは主に2013年10月にサービスを開始した新規の200 MMcf/d Saturn I施設に加え、輸送量増加と同社のシャローカットおよびディープカット施設、Musreauでの処理費と回収作業の増大につながる施設の信頼性が向上したためである。

*Midstream事業部門で2014年上半期と第1四半期の業績が前年同期よりも向上したのは、主として平年の冬季気温よりも寒い時期が長引き販売量の増大をもたらしたこと、さらにはサービスごとの個別支払いの貯蔵空洞収入増、サービス提供強化に起因している。

▽成長プロジェクトのアップデート
Pembinaは2014年5月12日、新たな投資計画に4億6000万ドルの追加資本を確保した。これは投資計画には既存のRedwater分留・貯蔵コンプレックスの55mbpdのプロパン・プラス・分留装置(RFS III)が含まれる。

複数の生産者との長期的なテイク・オア・ペイ契約で支えられているRFS IIIは、Pembina Redwaterコンプレックスでの3番目の分留装置であり、同社の1基目、2基目の分留装置(RFS IおよびRFS II)で完成した設計とエンジニアリングを活かしている。Pembinaは第2四半期後、RFS IIIの残る大部分の容量を契約した。

*Pembinaの分留施設は、RFS IIIを加えて総量210mbpdとなり、同社のRedwaterコンプレックスはカナダで最大の分留施設となる。Pembinaがそのような設備拡充を支持する商業的支援が得られれば、RFS IIIの一部の構成要素は拡充されて、サイトは将来脱エタン・タワーを付属するよう設計される。Pembinaは規制当局と環境上の承認が得られれば、RFS IIIは2017年第3四半期に運転開始を予定している。

RFS IIIに関連して、Pembinaはまた、約6000万ドルの推定コストでアルバータ州中南部のウィルスデングリーン(Willesden Green)地区に2つの新しいパイプライン・ラテラルを建設する計画である。このプロジェクトは長期的なテイク・オア・ペイ契約で支えられており、約56キロメートルの高圧蒸気(HVP)パイプラインと16キロメートルの低圧蒸気(LVP)パイプラインと関連インフラストラクチャーの建設を必要としている。HVPパイプラインはPembina のBrazeau Pipelineを接続し搬出地点からフォートサスカチュワン地域にエタン・プラスNGLを輸送する能力がある。LVPパイプラインはPembinaのドレートンバレー(Drayton Valley)に結ばれ、エドモントン市場にコンデンセートに輸送する。Pembina は2015年半ばに両ラテラルのサービス開始を期待している。エタン・プラス用ラテラルの結果、PembinaのRedwaterコンプレックスでの分留に対する長期契約の下で10mpdの容量が追加される。

2014年第2四半期中、Pembinaは成長イニシアチブを進めるために以下のように2億9800万ドルを支出した:

*同社Conventional Pipelines部門では、Phase IIの原油、コンデンセート、NGL拡大(Phase III Expansion)の作業が継続した。Pembinaは原油とコンデンンセート部分について、プロジェクトは2014年末に機械的に完成し、2015年初めには作動すると予測している。Pembinaは規制上の認可を得て、プロジェクトのNGL部分は2015年半ばにサービス開始を予測している。

*同社は発表済みのアルバータ州シモネット(Simonette)とフォックスクリーク(Fox Creek)間のパイプライン拡張が2014年8月6日にサービスを開始した。

*同社がすでに発表したPhase IIIのパイプライン拡張(Phase III Expansion)に関する利害関係者との協議が続けられ、Pembinaは2014年第3四半期に同プロジェクトに対する規制上の申請提出を期待している。Pembinaはこの拡張が2016年末から2017年半ばの間にサービスを開始することを見込む。同社は次の数カ月にかけて、顧客からさらなる搬送コミットメントを確保する作業を続ける一方、プロジェクトの展望を精査する。Pembina は第2四半期末後、長期契約の下でさらに約20mbpdの容量のコミットメントを確保した。Pembinaとの何らかの追加コミットメントは、長納期機器の発注で始まり、Phase III Expansionの設計能力の強化を支えることになる。

*同社はまた、発表済みのアルバータ州エドソン(Edson)にあるインフラストラクチャーの拡大計画を進めている。同社はエドソンとフォックスクリーク/ウィンドフォール接合地点間に新しいNGLパイプラインと既存のパイプラインの2つのパイプライン建設、エドソン付近のNGLおよびコンデンセート向けトラックターミナル建設を完了するため、約1億ドルの支出を見込んでいる。この推計資金は2013年11月に発表されたパイプライン取得に関連する約2300万ドルを含む。Pembinaは新しいNGLパイプラインが約50mbpdの能力になると見込んでいる。約13mbpdの能力を持つ既存のパイプラインは、専用のコンデンセート利用に向けられる。Pembinaは規制上の承認を得て、2016年初めに新しいNGLパイプラインパイプラインのサービスを始め、その他パイプラインを専用コンデンセートのサービスに移行、2016年末にはトラックターミナルを運用したいとしている。これらパイプラインとトラックターミナルの総体能力は、アルバータ州のフォックスクリークからエドモントンへの同社Phase III Expansion部門における能力をアクセスする。

*PembinaはResthaven施設で現在、運転前の活動を進めており、今日までにサイト建設の90%が完了している。同社は2014年第3四半期末まで同施設と関連するパイプラインのサービス開始を予定している。

*PembinaのMidstream事業は2014年6月16日にアルバータ州シンシア(Cynthia)の新しいトラックターミナルの全面サービスに持ち込むことを期待している。

*すでに発表した4億1500万ドルRFS IIプロジェクト(Redwaterサイトの2番目の73mbpdエタン・プラス・分留施設)で、Pembinaは2014年第2四半期中に施設建設を引き続き進めた。長納期機器購入は実質的に完了し、すべての主要な品目は2014年第3四半期末までにサイトに納入される見込みである。機械契約者は2014年4月始めにサイトに集められ、鉄骨構造とパイプが現在設置中である。プロジェクトは予定通り進み、2015年第4四半期末に実行開始が予定されている。

▽財務活動
Pembinaは2014年4月4日、中期無担保優先社債6億ドルの公募を完了した。この社債は年間固定金利4.81%で、年2回償還、満期2044年3月25日である。同社は社債公募からの一部現金を2014年4月7日に7500万ドルの無担保優先社債および同年6月16日に1億7500万ドルの無担保優先社債(シリーズA)の返済に使った。Pembinaは残金の一部はファンドキャピタル・プロジェクトと一般事業目的に支出する意向である。

▽2014年第2四半期の電話会議およびウェブキャスト
Pembinaは2014年8月11日(月曜日)米中部時間午前8時(東部時間午前10時)に関心のある投資家、アナリスト、ブローカー、メディアを対象に2014年第2四半期に関連する決算の詳細を話し合う電話会議を開催する。電話会議のダイヤルイン番号はカナダ、米国では647-427-7450あるいは888-231-8191である。電話会議の録音は2014年8月18日まで、東部時間午後11時59分からリプレーで聴取できる。リプレーへのアクセス番号は416-849-0833あるいは855-859-2056で、パスワードは41639054。

電話会議の実況ウェブキャストは、Pembinaのウェブサイト(www.pembina.com )の  Investor Centre, Presentation & Eventsあるいは自身のウェブブラウザーに(リンク )を入力してアクセスすることができる。電話会議直後から最低90日間  はオーディオアーカイブがサイトに掲載される。

▽Pembinaについて
カナダのカルガリーに本社を置くPembina Pipeline Corporationは有力な輸送、中流サービスのプロバイダーで、60年にわたって北米のエネルギー業界にサービスしている。Pembinaはカナダ西部で生産される通常および合成の原油、重油・オイルサンド製品、コンデンセート(希釈)、液化天然ガスを含む多様な液体炭化水素を輸送するパイプラインを所有、運営している。同社はまたガス収集・処理施設、石油・天然ガス液のインフラ、ロジスティクス事業も所有、運営している。施設はカナダ西部およびカナダ東部と米国の天然ガス液市場に戦略的に配置されており、Pembinaはその事業全般にわたる全面的な中流、マーケティング・サービスも提供している。その統合資産、商業事業によってPembinaは炭化水素バリューチェーンとともにエネルギー分野が必要とするサービスを提供することができる。

▽「Non-GAAP and Additional GAAP Measures」について
Pembinaはこのニュースリリースで、純収益、営業利益、利払い前・税引き前・減価償却前利益(EBITDA)、営業活動による調整キャッシュフロー、1株当たりの営業活動による調整キャッシュフローなどの用語を使っている。一般会計原則に準拠しない(Non-GAAP)、あるいは付加的な会計原則(Additional GAAP)の金融数字は一般会計原則(GAAP)が規定する基準的な意味を持たず、従って他社が提出する同様の数字、Non-GAAPやAdditional GAAP金融数字を明確に定義、適格化し、近似のGAAP数字と調和させなければならないという証券規則と比較するのは難しい。特に示さない限り、これらのNon-GAAP、Additional GAAP数字は時期を問わず常に計算、開示されている。特別調整項目は一定期間に限って関連する可能性がある。Non-GAAP、Additional GAAP数字の目的は投資家やアナリストに有用な追加情報を提供するものであり、従って、この数字は孤立したものとみられるべきではなく、IFRSに準拠して用意された業績代替の数字として使われてはならない。ほかの問題はNon-GAAP数字とAdditional GAAP数字を別々に計算できる。投資家はこれらの数字が純利益、営業活動によるキャッシュフロー、Pembinaの業績の指標としてGAAPに基づいて算出されたその他の決算数字にとって代わるものと理解してはならない。GAAP 公認数字との突き合わせなどNon-GAAP、Additional GAAP数字に関する詳しい情報はSEDAR(www.sedar.com )から入手できる財務・経営分析(MD&A)を参照。

詳しい情報は以下を参照。
Investor Relations
Scott Burrows, Vice President, Capital Markets
+1-403-231-3156
1-855-880-7404
e-mail: investor-relations@pembina.com
www.pembina.com

ソース:Pembina Pipeline Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。