logo

業界初サブスクリプション事業特化型請求管理システム! 決済連携により請求から消込、催促まで完全自動化! 継続請求管理ロボット『経理のミカタ』

株式会社Cloud Payment 2014年08月08日 15時43分
From PR TIMES



 決済連動型クラウドサービスの提供を行っている株式会社Cloud Payment(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下Cloud Payment リンク)の子会社、株式会社Subscriptionは、継続請求に特化した請求管理システム「請求管理ロボット経理のミカタ」を8月8日(金)に本格リリース致します。

 本サービスでは請求書の作成だけではなく、定期的な請求書の発行/送付、Cloud Paymentの決済プラットフォームとの連携により完全自動で消込、催促通知を行うことが可能です。
 本サービスの利用により手作業で行っていた請求業務を自動化/システム化することが出来、利用企業の経理部門でのコストの削減可能になります。
[画像1: リンク ]


【継続請求管理ロボット経理のミカタ サービス概要】
 請求書を送る先,請求書の内容を入力するだけで、後は完全自動で請求書発行,送付迄行うことが可能です。設定をすれば、毎月や毎年など設定した期間ごとに請求書を発行,送付致します。

 請求後はCloud Payment決済プラットフォームと連動しているため消込業務も全て完全自動で行います。振込期日を過ぎて入金が無かった場合は自動で催促メールを送付することも可能です。
 請求、消込結果に関しては全てダッシュボードのサマリーグラフで反映されて、一目で現在のキャッシュフローの確認ができ、ダッシュボード上にやらなければならないタスクが表記されます。また、本サービスはSFAやCRM、会計ソフトとの連携も可能で外部との連携が容易にすることが出来ます。

■継続請求管理ロボット経理のミカタのメリット
・請求業務を完全自動で行いますので、今までかかっていた人的コストの削減が出来ます。
・タスク通知機能があるため、請求書送付忘れ等ミスの削減が出来ます。
・請求,回収,未収金額がダッシュボードにて一目で分かるので、キャッシュフローの見える化ができます。

■利用事業者ターゲット
SaaS・ASPなどのBtoB、BtoC向けサブスクリプション型ウェブサービス事業者様から、インターネット業界以外でも不動産・士業のような継続的に請求が発生する事業者様などまで、あらゆる継続型ビジネスを提供している事業者様に非常に有益な請求管理システムなります。

■開発の経緯と目的
 近年SFAやCRM,会計ソフト等社内管理に関して社内IT化が進んでいく中、請求業務に関してはエクセル等の手作業で管理し、請求業務に多くの人を費やしている企業がまだ多いのが現状です。
 特に毎月,毎年など定期的に課金が発生するサブスクリプション事業を提供されている企業にとっては請求業務が大きな負担となってきます。
 しかし、請求管理システムを自社で管理システムを開発するのには膨大な費用が発生してしまうため
中小企業やスタートアップの企業には簡単に導入することが出来ません。
 そこで、Cloud Paymentではサブスクリプション事業に特化した毎月大量に発生する面倒な請求業務を完全自動化、尚且つ導入しやすい価格帯でのサービス提供を考え、この度「継続請求管理ロボット経理のミカタ」の開発を行いました。
 本サービス導入によって企業は今まで行っていた面倒な請求業務に人を費やすことが無くなりコスト削減ができ、請求業務の見える化によりキャッシュフローが一目でわかり経営の改善が可能になります。

■料金について
請求先毎の従量課金制
[画像2: リンク ]

■お問い合わせURL
リンク

【会社概要】
株式会社Cloud Payment
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立 :2000年10月
資本金:121,000,000円
代表 :代表取締役 清久 健也
URL :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事