logo

劇団スカッシュ、オランダのテレビ番組にYouTuber日本代表として動画作品を提供

BREAKER 2014年08月08日 12時00分
From PR TIMES

ブレイカーに所属するYouTubeクリエイターユニット「劇団スカッシュ」が、オランダ公共放送に日本人クリエイターとして唯一動画作品を提供することが決定しました。



動画コンテンツを独自にプロデュースし配信する次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレン・スワーツ、以下「ブレイカー」)に所属するYouTubeクリエイターユニット「劇団スカッシュ」が、オランダ公共放送で8月22日に放送される、世界中の第一線のYouTuberたちとコラボレートした番組に、日本人クリエイターとして唯一動画作品を提供することが決定しました。

劇団スカッシュはYouTubeでのドラマ動画でカルト的な人気を獲得している4人組クリエイターユニットです。視聴者を引き込む巧みなストーリー展開に定評があり、2011年の「YouTube NextUp」や「YouTube Video Awards Japan」を受賞しています。

今回劇団スカッシュの動画作品が放送されるのは、オランダの気鋭の制作プロダクションNewBe TVが企画・制作した番組「De Donuts」です。地元オランダをはじめアメリカ、イギリス、ニュージーランド、ベネズエラなど世界各国のトップYouTuberによる優れたオリジナル動画を紹介する番組で、日本代表に選ばれた劇団スカッシュからは、けん玉を題材にしたユニークなショートフィルム「New Use of Kendama」の採用が決定しました。
「De Donuts」は、オランダの主要な公共放送局であるVPROで8月22日(金)21時15分(現地時間)に放送され、同局のオフィシャルYouTubeチャンネル(リンク) でも英語字幕版が同時公開されます。

ブレイカーは、国境やメディアプラットフォームを超えた独自のネットワークにより、日本のみならず海外の視聴者をも魅了するYouTubeクリエイターのグローバルな活動を支援しています。

◆劇団スカッシュ プロフィール
大塚竜也、前川健二、大塚祐也、中田大地の4名からなる劇団。公演などの活動に加えYouTubeにドラマ動画を公開し、卓越したストーリー性と制作クオリティの高さで人気を得る。「YouTube NextUp 2011」、「YouTube Video Awards Japan 2011」特撮・実写部門大賞を受賞。YouTube Space Tokyoオープニング企画として制作した動画作品群「Stalking Vampire~隙間男~」は、シリーズ累計再生700万回以上の大ヒットを記録した。オフィシャルYouTubeチャンネルは現在10万人を超える登録者を集め、合計再生数5,700万回を獲得している。
【YouTube】リンク
【ウェブサイト】リンク
【Twitter】 @gekidan_SQUASH (リンク)

◆ブレイカーについて(公式ウェブサイト リンク
ブレイカーは、日本初の次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーです。独自のネットワークとテクノロジーにより、個人クリエイター、アーティスト、ブランド、メディア企業、そして、日本と世界の垣根を超えて、動画とソーシャルメディアを中心としたエンターテインメント戦略を包括的にプロデュースしています。このことが世界中から注目され、Designed for Revolution、ドリームインキューベータ、Siemer Ventures、500 Start Ups、On The Lineなど、国内だけでなく世界中から出資されています。ブレイカーはMTV Japan 元Vice Presidentのアレン・スワーツと、 Designed for RevolutionのCo-founder ジョン・ポスマンによって2013年に創設されました。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。