logo

~今年もホット飲料のラインアップを充実~  「キリン 午後の紅茶」「キリン 生茶」ブランドからホット専用商品発売

キリンビバレッジ株式会社 2014年08月07日 14時57分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 佐藤章)は、「キリン 午後の紅茶」ブランド、「キリン 生茶」ブランドから寒い季節にぴったりのホット専用商品を9月2日(火)より全国で発売します。

「キリン 午後の紅茶」ブランド、「キリン 生茶」ブランドのホット専用商品は、ホット商品らしいパッケージとコールド商品とは異なる味わいでご好評いただいています。今年も寒い季節にぴったりのホット飲料のラインアップを充実させ、お客様の幅広いニーズに応えていきます。

●「キリン 午後の紅茶」ブランド
・「あたたかい紅茶でほっと一息」をコンセプトに、お客様が求めるホットならではの理想のおいしさを追求し、茶葉にこだわり個性が楽しめるラインアップを揃えました。
・好評の「レモンティー」、「ミルクティー」の味覚はそのままに、「ストレートティー」は、ディンブラ茶葉ならではの華やかな香りが楽しめる、甘さや後味がすっきりした飲みやすい味わいにリニューアルしました。
・「おいしい無糖」は、ダージリン茶葉に加えて新たにディンブラ茶葉を採用し、香り立ちがよく、心地よい渋みが感じられる味わいに仕上げました。パッケージは、より直感的に温かさが伝わるようにデザインや色味を変更し、「午後の紅茶」ブランドで「あたたかい」の文字を統一しました。

●「キリン 生茶」ブランド
・生茶葉抽出物※1を、昨年発売した「キリン 生茶 あたたかい生茶」の2倍使用することで、ホットでも生茶葉のあまみと爽やかな香りが楽しめます。さらに昨年同様、「上煎茎茶 雁が音※2」を加えることで、「生茶」独自の青々とした爽やかな香りとお茶のあまみ・旨みを実現しました。
※1 熱や乾燥の工程に入る前の「生の茶葉」から抽出した、香りや旨味がたっぷりの抽出物
※2 緑茶葉の茎の部分を使ったお茶を茎茶といい、上質な茎茶を「雁が音」と呼ぶ。爽やかな香りとまろやかなあまみ・旨みが特長
・パッケージは、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の商品ライセンス部門であるコンシューマ・プロダクツ(ゼネラルマネージャー 中澤一雄)とのライセンス契約により、ディズニーキャラクター(ミッキーマウスとミニーマウス)のデザインを採用しました。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。