logo

FRONTIER、Kelperコア採用「Quadro K」シリーズ搭載デスクトップパソコン新発売

インバースネット株式会社 2014年08月06日 10時00分
From PR TIMES

~ CAD・デジタルコンテンツ制作を強力にサポート ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2014年8月5日(火)より、CAD、デジタルコンテンツ制作をはじめ、ビジュアライゼーションアプリケーションを強力にサポートするNVIDIA(R) Quadro(R) Kシリーズを搭載したデスクトップパソコンの販売を開始いたします。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、CAD、デジタルコンテンツ制作をはじめ、ビジュアライゼーションアプリケーションを強力にサポートするKeplerアーキテクチャ採用のハイエンドグラフィック「NVIDIA(R) Quadro K2000(2048MB)」を標準搭載したデスクトップパソコンで、インテル(R)H87マザーボードをベースのマイクロタワーGXシリーズと、インテル(R)H81マザーボードをベースのMXシリーズのマイクロタワー2機種をご用意いたしました。
GXシリーズは、OSにはWindows(R) 7 Professional 64bit版[正規版] Service Pack 1 (SP1) 適用済み/ Windows(R) 8.1 Pro 64bit [正規版]の何れかを搭載し、第4世代「Haswell Refresh(開発コードネーム)」のインテル(R) Core(TM) i5-4460 プロセッサー(3.20GHz/6MB)、大容量の32GBメモリ、高速起動のSamsung SSD (840 EVO シリーズ)、1TB HDDを搭載し、MXシリーズには、第4世代「Haswell Refresh(開発コードネーム)」のインテル(R) Core(TM) i5-4460 プロセッサー(3.20GHz/6MB)、16GBメモリ、1TB HDDを搭載しています。
また、予算や用途に応じてお選びいただけるように各種カスタマイズメニューもご用意しております。


■製品の特長

<最新のKepler(TM)アーキテクチャGPUを搭載>
NVIDIA(R) Quadro(R) K2000は、最新のKeplerアーキテクチャを採用したGPUを搭載。OpenGL(TM)対応のアプリケーション向けに最適化されたNVIDIA(R) Quadro(R) K2000は、インタラクティブ性を犠牲にすることなく、より複雑なコンテンツを扱うことが可能になり、制作現場において素晴らしいグラフィックスパフォーマンスを発揮します。

<3DCGや3DCADクリエイターに最適>
NVIDIA(R) Quadro K2000は、3DCG及び3DCADを専門としたクリエイティブユーザーに最適です。アプリケーションソフトウェアとの統合されたドライバにより、余計なシステムクラッシュ等を防ぎ、クリエイティブアプリケーションの安定性をより強固にします。

<マルチディスプレイ表示を強力にサポート>
複数画面を1つの広大なデスクトップ画面として扱うことが可能です。最大で4画面(※1)を1つのデスクトップ画面のように使用できます。
これらはNVIDIAコントロールパネルから簡単に設定することができ、マルチディスプレイでの使用環境を強力にサポートします。

<最大4画面出力(※1)及びQFHD超高解像度出力に対応>
3系統のディスプレイ出力端子を標準で搭載し、1系統のDVIと2系統のDisplayPortを組み合わせた3画面の同時出力が可能です。また最新規格であるDisplayPort 1.2をフルサポートし、最大QHFD(3840×2160px:60Hz)の超高解像度(※1)出力に対応。
DisplayPort 1.2のマルチストリーム機能によるディスプレイのデイジーチェーン接続にて最大4画面(※1)の出力に対応します。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2014年8月5日(火)より販売を開始しています。

▼Quadro搭載モデルはこちらから
リンク


※1 弊社での動作確認は3画面出力およびフルHD出力までとなっております。


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 関戸 光雄(代表取締役)
■事業内容: 自社製パーソナルコンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品: 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。