logo

むつ小川原国家石油備蓄基地における流出油防除訓練の実施について

JOGMEC 2014年08月05日 15時39分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)が国から委託を受けて管理しているむつ小川原国家石油備蓄基地(青森県下北郡六ヶ所村、以下「むつ小川原基地」)作業船管理場において、7月31日、平成26年度むつ小川原港流出油防除訓練が実施されました。


 本訓練は、八戸海上保安部、北部上北広域事務組合消防本部、六ヶ所村他、全20機関により合同で実施され、人員約150名の参加により、むつ小川原港内の作業船管理場及びその周辺において、「むつ小川原港の一点係留ブイバースに着標態勢中の大型タンカーに小型貨物船が衝突し、タンカーが破損、大量の原油が海上に流出した」との想定のもと、下記の項目にわたり行いました。

1.情報伝達、総合訓練調整本部の設置、各種船艇、資機材、人員等の動員
2.流出油の防除活動(オイルフェンス展張、油回収船による流出油回収、漂着油の除去作業等)
3.事故船舶で発生した火災の消火活動
4.負傷乗組員の救助・搬送、他
      
 
 訓練当日は朝から快晴に恵まれ、予定通り、事故発生の情報伝達、総合訓練調整本部の設置等を経て、八戸海上保安部の巡視船「まべち」、巡視艇「むつぎく」の他、むつ基地所属の第一たかほこ丸(作業船)、第二たかほこ丸(オイルフェンス展張船)、地元漁協船舶等が港内に出動してオイルフェンス展張、油回収作業等を行いました。また陸上では、岸壁に漂着した油を除去するため、六ヶ所村消防団ジェットシューター隊が出動し、最後に一斉放水による消火活動、負傷した乗組員の救助・搬送活動を行い、無事訓練を終了しました。
     
   

   
→ 詳細を読む
リンク
  
  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事