logo

センサ出荷数20億個を突破したフリースケール、 産業市場に新加速度センサを発表

産業市場の厳格な要件を満たすよう設計された新しい高帯域幅加速度センサ

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、センサの累計出荷数が20億個を突破したことと共に、産業用のモータや機器の高い周波数の動作や振動を検知する新しい出力の応答周波数が高い3軸アナログ加速度センサを発表しました。フリースケールは、長年にわたり車載センサ部門で確立してきた実績を基盤に、幅広いセンサ・ポートフォリオで市場から強い支持を得ており、成長著しい産業市場や医療市場においてもフリースケール製デバイスの普及が進んでいます。フリースケール製センサは、過去5年の間、毎年150種を超えるセンサ・アプリケーションに採用されています。

フリースケールの新しい加速度センサ「FXLN83xxQ」は、フリースケールが産業向けへのセンサ製品の応用を積極的に取り組んでいることを実証するものです。新製品は、スマートフォンやヘルスケア・モニタなど、一般的な民生製品で利用されている精度の低いセンサでは見逃されてしまう加速度情報を捕らえるよう設計されており、インテリジェントなアルゴリズムを通じて高精度の障害予測を実現し、次世代の予測的メンテナンスや状態監視アプリケーションを実現します。

フリースケールの副社長兼センサ・ソリューション・ディビジョン担当ジェネラル・マネージャであるババク・タヘリは、次のように述べています。「センサ・データの情報をうまく活用することで、効率性を高めるとともに、産業市場および医療市場において魅力的な新ビジネス・モデルを推進することができます。フリースケールのシステム・チームとアプリケーション・チームは、お客様との密接な協業を通じて、広範におよぶセンサ・ポートフォリオと多種多様なマイクロコントローラを組み合わせ、新しいアプリケーションと新しいビジネス・チャンスに対応するよう努めてきました。その結果誕生したソリューションは、センサ・データの収集と活用を促進し、次世代の産業アプリケーションおよび医療アプリケーションにふさわしい解析能力とインテリジェンスを実現します。」

小型の3mm×3mmパッケージで提供される新しいFXLN83xxQ加速度センサは、クラス最高の高帯域幅(2.7kHz)を持つ出力性能を備えており、業界でいまだ数少ない-40~+105℃の温度範囲で動作する3軸センサの1つです。アナログ出力を備え、多様なADC内蔵マイクロコントローラに適合します。また、FXLN83xxQは、比類のない低消費電力性能によりバッテリ駆動型アプリケーションにも対応し、高速はんだ接合検査向けの露出リードもサポートしています。さらに、フリースケールの長期製品供給プログラム(Product Longevity Program)の対象となっており、製品リリースから最低10年間の供給体制となります。

FXLN83xxQの主な特長は、次のとおりです。
・ 1.71~3.6Vの供給電圧
・ ±2~16gまで選択可能な加速度レンジ
・ 高帯域幅:最大2.7kHzに対応
・ 小型サイズ(QFNパッケージ 3mm×3mm×1.05mm, 0.65mmピッチ)、はんだ検査向けの露出リードをサポート
・ 低電圧マイクロコントローラと連携するアナログ並列出力により、システム電力を最適化

市場調査会社IHSによると、世界の産業用電子機器向け半導体の市場規模は、2012年に298億ドル(USD)だったものが2013年には9パーセント増大して324億ドルに達しました。2014年も堅調な成長を続けており、最終的にはさらに9パーセント増大して354億ドルに達するものと予想されています。

優れた堅牢性と信頼性を備えた性能
フリースケールのセンサ製品は、拡張温度範囲での動作など、産業市場の極めて重要な要件を満たします。各製品は、厳格なプロセス制御に従って設計、製造され、産業市場の厳格な信頼性基準を満たすよう、業界標準の手法を用いて適格性が診断されます。FXLN83xxQ加速度センサは、フリースケールの長期製品供給プログラム(Product Longevity Program)の対象となっており、製品リリースから最低10年間または15年間の供給体制となります。諸条件の詳細、ならびに対象製品のリストについては、www.freescale.com/productlongevityのWebサイトをご覧ください。

製品開発サポート
新デバイスには、評価キット「DEMOFXLN83xxQ」や、簡単に追加導入できる4つのブレークアウト・ボード(BRKOUT-FXLN8361Q、BRKOUT-FXLN8362Q、BRKOUT-FXLN8371Q、BRKOUT-FXLN8372Q)が用意されています。また、フリースケールでは、迅速かつ容易なソフトウェア開発を実現するXtrinsicインテリジェント・センサ・フレームワークも提供しています。

価格と供給
FXLN83xxQ加速度センサは、現在出荷中です。1000個購入時の1個あたりの参考価格は、1.20~1.70ドル(USD)です。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、リンクをご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。ARMおよびCortex はARM Ltd.またはその子会社の商標または登録商標です。
(C)2014フリースケール・セミコンダクタ・インク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事