logo

好調な「KIRIN Hard Cidre (キリン ハードシードル)」から330mlびんを新発売

キリンビール(株) 2014年08月04日 15時16分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)は甘さ控えめ、爽快でキレのある飲み心地の新シードル※1「KIRIN Hard Cidre(キリン ハードシードル)」から、新たに330mlびんを9月上旬以降、首都圏の料飲店※2で販売します。また好評につき、今年の目標取扱い店舗数を樽・びん合わせて当初の2倍である4,000店に上方修正します。
※1 りんごを発酵させてつくる醸造酒。発泡性のものが主流。
※2 東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨の料飲店。

 近年お客様の嗜好の多様化により、「ビールのように爽快で、乾杯もでき、食事にも合うお酒」「ワインやRTD※3のように果実味があって飲みやすいお酒」が求められており、これまでにない新しいコンセプトのお酒に対するニーズや期待感が高まっています。
※3 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料

「キリン ハードシードル」は甘さ控えめ、爽快でキレのあるハードなおいしさが特長で、乾杯や食事中のお酒として幅広いシーンでお楽しみいただける味覚になっています。当社調べによると、一杯目からビールの代わりに注文するお客様が多く、“ポストビール”として支持をいただいていることが分かっています。
昨年首都圏の一部飲料店※4で展開したところ、サーバーから注がれるフレッシュなおいしさが評判となり、お客様から好評いただいたため、今年3月以降は、全国の主要都市のバル、ビアパブ、ダイニングバーを中心とした飲食店に拡大し、7月時点で取扱い店舗は1,000店を突破しました。
※4 東京(都心部ほか一部地域)や横浜・川崎の繁華街、商業施設などにある、バル・パブ・ダイニングバー業態。

今回、好調な「キリン ハードシードル」から新たに330mlびんを発売し、料飲店において年内で約2,000店での取り扱いを目指し、多くのお客様に訴求していきます。また、“ポストビール”として新カテゴリーを創造するとともに、RTD市場の総需要拡大を図っていきます。




1.商品名 「KIRIN Hard Cidre(キリン ハードシードル)」
2.発売地域 首都圏の料飲店 
3.発売日 2014年9月上旬以降順次展開
4.店舗数  約2,000店 (樽、びん合わせて約4,000店)
5.容量/容器 330mlびん
6. 価格   オープン価格
7.商品コンセプト ビール感覚で飲める、爽快でハードなおいしさのスタイリッシュな新シードル
8.アルコール度数 5%
9. 製造工場 横浜工場

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事