logo

コラム「社会保険の電子申請、なぜこんなに利用率が低いのか」

人気の人事給与(ペイロール)アウトソーシングサービス「S-PAYCIAL」コラム

鈴与シンワートは社会保険労務士でITストラテジスト。SRO労働法務コンサルティング 副所長の野田先生のコラム「社会保険の電子申請、なぜこんなに利用率が低いのか」を公開しました。

###
 本当に利用率が低いのです・・。社会保険・労働保険関係の電子申請の利用実績をご存じですか?なんと僅か4%程度です。しかもこの数字はマイナーな手続きを除いた、反復的・継続的に利用する主要な手続きの平均値です。
 最も電子申請が利用されている手続は「健康保険・厚生年金被保険者資格取得届」の6.4%。ちょうど今が提出時期の算定基礎届は4.5%です。雇用保険はさらに利用率が悪く、「雇用保険被保険者資格取得届」が3.2%しかありません(でも、これがもっと利用率の高い手続です・・)。
 「あれ?もっと利用が進んでいるのでは?」
 「オンライン利用率は40%を超えていると新聞で見たけど?」
などと思う方もおられるかと思います。政府は行政手続のオンライン化を推進しており、近年徐々にその利用率が高まってきています。実際、行政手続全体のオンライン利用率は平成24年度の統計では41.2%に達しました。しかし、社会保険・労働保険の分野ではたった4.2%というのが現状なのです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

用語解説

■■人事給与(ペイロール)アウトソーシングサービス「S-PAYCIAL」
「S-PAYCIAL(エスペイシャル)」は、月例給与、賞与、年末調整、住民税管理、社会保険支援など一連の給与業務に関してWEBアプリケーションを利用したサービス提供を行います。「業務運用」と「システムインテグレーション」を組み合わせた、新しいコンセプトのハイブリッド型アウトソーシングサービスです。
お客様とアウトソーサーが共通のWEBプラットフォームを利用することで従来型サービスに比べ、スピーディーな情報共有と高度な人材情報分析を実現します。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。