logo

20代~50代のビジネスマン400人に聞く、エナジードリンク調査

株式会社メディア・シェイカーズ 2014年07月31日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014.7.31

株式会社メディア・シェイカーズ M1・F1総研(R) 

20代~50代のビジネスマン400人に聞く、エナジードリンク調査
エナジードリンク飲用時間は「朝」がトップ
エナジードリンク飲用頻度は約半数が「増加」傾向に
購入場所は「職場近くのコンビニ」が約6割

カフェインやアルギニンなどを含み、エネルギー補給を謳う炭酸入りの「エナジードリンク」。新規参入が相次ぎ、市場規模は約400億円とも言われ、急激に拡大しています。数年前の登場時には、若い男性を中心に人気を集めてきたエナジードリンクですが、今年に入って女性向けやビジネスマン向けの商品も登場し、エナジードリンクブームが到来しているようです。
フリーマガジン「R25」を発行する株式会社メディア・シェイカーズのM1・F1総研(R)は、このエナジードリンクに注目し、20代~50代の男性ビジネスマン1万人を対象にエナジードリンクの飲用経験を聞き、その中から月1回以上エナジードリンクを飲用する400名を対象に、エナジードリンクの飲用実態やブランド認知について調べました。


(1)ビジネスマンが「朝」飲むドリンク
●エナジードリンクは「朝・午前中」に飲まれる傾向
●「元気・活力」「気合」「やる気」がほしいとき
●職場近くのコンビニで購入、飲用頻度は増加傾向
1万人のビジネスマンの61.9%がエナジードリンクの経験アリ/エナジードリンクの飲用時間は「朝」(34.8%)がトップ/疲れて飲むのではなく、「元気・活力を出したい」ときに飲む/約6割が職場近くのコンビニでエナジードリンクを購入

(2)仕事に意欲的な30代・40代
●ビジネスマンがやる気を高めたいのは「始業前」
●仕事に意欲的なのは、実は30代・40代
●ワークライフバランスの理想は、仕事とプライベートが「5:5」
30代・40代の7割が「始業前」にやる気を高めたい/30代・40代の7割が「仕事には起動力が大事」/30代の93.0%が「効率的に働きたい」/30代の77.0%が「仕事を通じて成長したい」/40代の72.0%が「時間は有効に使いたい」

(3)エナジードリンク 2014夏の陣
●業界のパイオニア「レッドブル」に挑む新興勢力
●各社エナジードリンクのイメージ
認知率1位は「レッドブル」、2位は「リゲイン エナジードリンク」、3位は「モンスターエナジー」/元気になれそうな「レッドブル」/若者向けの「レッドブル」、「モンスターエナジー」/即効性がありそう、働く人向けの「リゲイン エナジードリンク」


※上記は調査結果の抜粋です。詳細は添付のPDFにてご確認ください。


【調査実施概要】
◆調査手法:インターネット調査◆調査機関:マクロミル
◆調査地域:一都三県◆実施日時:2014年7月12日(土)~15日(火)
◆調査対象:月1回以上エナジードリンクを飲む20代~50代の男性ビジネスマン 400名(各年代100名ずつ)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。